フォト

鑑定依頼はこちらから

Twitter

おすすめリンク

クリック募金


おすすめリンク2

無料ブログはココログ

2017年9月21日 (木)

ヒト。ナマモノ。

1709182先日見に行ったギャラリー櫟「長寿を言祝ぐ書展」の写真です。

中でも、93歳山内章子さんと、99歳六子さんが並んだコーナーが圧巻でした(゚ー゚)

お二人とも生活全般お一人でなさっていて、六子さんは百に届かんというお年にもかかわらずひとり暮らし。驚くほかはございません。

多趣味で、よく動きよく楽しむという姿勢がお二人の共通点のようです。

山内さんが、当教室の修了生というご縁で、この展覧会に足を運ぶようになって八年。今年、山内さんは、長年、寝床の中で時間をかけて行なっているという指や耳に刺激を与える朝の習慣を歌にされていました。

ホームで暮らす90代の方たちの思い思いの言葉にも気付きがありました。「秋と言えば…」というコメント付きで、「松茸」と大きく書かれた字がツボにはまり、見入りました。力みのない自然体な感じがよいなぁ。おなかもすいてくるなぁ。

どのような環境にいても、(衣食住の備えは必要ですが)、むやみに憂えることなく、流れに沿って生きればよいのだと教えられます。先を生きる人たちは先生なのです。反面教師と言う言葉もございますが(^_^;) 見るほうも見られるほうも、先生という意識が大切かと。書展では、毎年、元気を分けていただいて帰ってきます。

1709201…まもなく秋分の日、夜の時間が長くなり、季節が移っていきますね。

秋分の日には太陽が真西に沈み、東洋思想では、西は肉体の終わる場所をさしますので、西方浄土に住むという亡くなった人たちをしのぶ日でもあります。

昨日一昨日と、東京駅へ行く機会があり、改めて赤レンガ造りのルネサンス様式の駅舎を眺めて、今は亡き人を思い出しました。

長谷川章さん。

東京駅歴史探見 古写真と資料で綴る東京駅90年の歩み」という本を2003年に出されています。(長谷川章・三宅俊彦・山口雅人著 JTB発行)

長谷川章さんは難病で四年前に亡くなられましたが、本は今も評判がよいようです。大正3年に完成した東京駅について、それ以前の歴史から工事まで時間のかかった経緯、開業以降の歩みまで、当時の鉄道状況や関東大震災時の様子など紙面からあふれんばかりの写真資料と文字量で、眺めているだけで何かヒューマンタッチといいましょうか、ヒトの熱さが感じられてくる本です。

1709203長谷川さんは、わたしが若い頃、旅行情報誌等のライターをして苦労していたとき(^-^; お世話になった編集プロダクションの社長さんです。

社長といっても、独立したてで女性編集者の相棒一人という小さな会社で、長谷川さん自身も、いばったところがまるでなく温かな人でした。

わたしが占い稼業に転じてからご無沙汰してしまい、ふとしたことから早すぎる死を知って驚き、…人って勝手なものですね、それまで忘れていたというのに、悲しくてたまらなくなり。

それからあちこち調べて、長谷川さんがかつて鉄道雑誌の編集長として鉄道ファンの間で知られた人であることを初めて知り、携わられた本を幾つか買い求めました。

思い出せば、彼は、温厚な人ながらどこか大胆さを感じさせるところがあり、大手を相手にしてもひるまず、また人情味があり、当時、不安定感もあったライターであるわたしに目をかけてくださったように思います。少しお兄さんぐらいだと思っていましたが、実際は一回り以上年上だったことも亡くなられてから知りました。

今、出版社や編集プロダクションの方たちと、別な立場で関わるようになって、長谷川さんのように、小さな会社の立場から堂々とものを言ったり面白いものを作ろうと自発的に動いたりする人は少数派なのかな、という気持ちがあります。上から目線で恐縮です。

1709215
長谷川さんは、熱い人だったのだな。煙草を吸い過ぎだったのかもしれないけれど。

当時のわたしにもっと余裕があって、もっと色々お話をうかがえていたら、もっと面白いことが知れて学びになったことだろうに。寺の息子に生まれながら、鉄道雑誌を創刊し、職業を転々として結局本作りに落ち着いたいきさつや、台湾人の奥様とのなれそめなど、たくさん聞きたかった。と、わたしにしては珍しく過去を悔います。死ぬって何ですか。死ぬって、もう話が聞けないこと。

けれども、長谷川さんが亡くなられたから、わたしは、長谷川さんについて改めて知ることになり、そうして長谷川さんのことをもう二度と忘れないのですね。死って、不思議です。

最初から忘れていないことがあります。親しい方が亡くなられて、長谷川さんご夫婦と一緒に葬儀に参列したときのことです。

帰りに電車で、喪服の三人、ボーっとしていて。

わたしも"KY"なんでしょうね、週刊誌の中づり広告で、お偉いさんスキャンダルの下世話な見出しを目にして、ふと口にしてしまった、

「女体盛りって… なんなんでしょうね」という問いに、

長谷川さんは、鷹揚にボソッと、

「…生ものなのにねぇ」。

そう答えられた口調というか音調というか、うまく説明できないですけど、忘れられないのです(゚ー゚)

1709202人間、何が脳裏に焼き付くかわからないものですね。それで、女体盛りの話題が出ると、長谷川さんの言葉と表情をいつも思い出していました。そんなことで覚えていて! 長谷川さん、ごめんなさいm(__)m、これからもずっと覚えていますよ。

家族、友だち、変わり者の上司、早くに亡くなった人たちのふと口にした言葉や表情を、ずっと覚えているわたしとして、わたしは長生きしている意味があると考えているわけです。死者を友として今支えられていることが、わたしなりの「前向きさ」と、とらえているわけです。長々書きました、夜長の日々間近ということでご勘弁(゚ー゚) 「東京駅歴史探見」チェックしてみてください(^.^)



  よろしかったら1クリック☆ありがとう!

゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
手相の見方教えます
東京 横浜 東横線 自由が丘駅から5分

自由が丘 手相運命学教室・仙習院
手相と算命学が得意な仙乙恵美花のHP

自由が丘 手相鑑定講座 木曜昼クラス 第1~3木曜  13時~ 10/5開講
自由が丘 手相鑑定講座 月曜夜クラス 第1・第3月曜 19時~ 10/2開講
よみうりカルチャー恵比寿 第1・3金曜13時~ 10/6 新規開講
゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

2017年9月 7日 (木)

なんでもない大切な日々。

1309093二十四節気の白露を過ぎて、今日から己酉(つちのと・とり)月、秋本番へ(゚ー゚)

まもなく九月九日は「重陽の節句」。

桃の節句や端午の節句に比べて影が薄い気がしますが、商業戦略的に菊が地味すぎたのでしょうか? 団子も食べないし(^-^;、昔は五節句の中でも重要視され、行事も盛んにおこなわれていたそうです。

重陽は、9・9と、強力な陽数「九」が重なって最強なのです。

数字の「9」は、日本だと「苦」を連想して、不吉感を抱く人もいるかもしれませんが、東洋運命学的には、非常に強い数です。わたしは、何かで「999」といったゾロメに遭遇すると「ラッキー♪」と感じます。

数字の1~10の中では、10が頂点なわけですけど、「満つれば欠くる」という考え方からすると、「10」には危険が潜むゆえに、陽の極まっている最高の数は「9」となって重要視されたわけです。

古代中国で来客を最も丁寧に迎える時の礼「九頓首」、「九献」が、日本へ伝わり「三拝九拝」や、結婚式の「三三九度の盃」にもなったそうです。自由が丘の近くに、「九品仏浄真寺」という、九体の阿弥陀如来像を安置した寺がありますが、それらも仏教で神聖化された数「九」に関係した思想に基づいています。

と、それはそれとして、

重陽の節句には、菊科の花を飾って楽しんだり、栗など秋の味覚で一杯、九献?もよいですネ。団子を食べてもいいんですよ(^.^)

日々の無事と長寿を祈念するこの日は、北の建国記念日でもあるそうで。きな臭すぎて安心できない今日この頃ですけど、

この世に生を受けた意味、多くの命を左右する立場にあることの誇りを、諸国のリーダーに思い出していただきたいと切に思います。


さて、去る8月も、わたしにしては多くのお客様をお迎えしました。8、9年前に来られた方々の再訪や、そうした方々のご家族、お孫さんなどが自宅購入の相談にみえたりして…。年月の経過と絶え間ない人の営みについてジワリとすることが多かったです。

また、わたくしの母校出身の方もみえました。たまに、「実は同じ大学なんです」と、来られます。だいたい決まって、鑑定の最後になっておっしゃるので、そこでちょっと素に戻ってしまって気恥ずかしいというか、何度体験しても、どうも慣れません(^_^;)

でも、うれしいです。どんなことでもいいのですが、どこかで、なにか、時間や空間が、わずかでも交差しているご縁というのは。

恥を申せば、せっかく入った学校なのに、さみしさや衝動から中退して駆け落ちしようとして挫折。相手の及び腰にがっくりした、という昔話もあるわけですがm(__)m 卒業しておいてよかったのでしょう。

同窓のお客様が訪ねてくれる今となっては、当時、不安でブレーキ踏んでくれたお相手に感謝しています(^.^) だいたい、わたしは慎重なのに、大事な時は必ずアクセル(゚ー゚) 今はそういう元気ありませんけど、払わなくていい授業料いっぱい払って大人になりましたから、その分、今は人のためにブレーキ踏んだり調節したり時にはエンジンかけるの手伝ったりしているのかな、と、考えることもあります。 

慎重だけど外れたくなる。わたしの矛盾する気質は、掌にも出ています。左右の手相が違うのです。

1709071_2そう、先日、手相勉強会の時に、「もともとの性格である『左手の線がよく変わるのはなぜ』と、お客さんに聞かれた時、どう答えればよいか」という質問が出たのですが、

両手とも、「今」です。左手(というより利き手ではないほうの手)は、「過去」ではないです。

もともとの気質を表す「利き手でないほうの手」は、本能的な自分であり、ナマな自分。若い時や、気を抜いた時や、とっさの時、家族や身近な人に対して出てくる性格。そういう、素の気質だって、変わりますね。また、愛情面での問題点や、健康のウィークポイントなどは、利き手でない方の手を要チェックです。

例えば、ある60代の受講生の手相は、左手がロマンチストで自由にわが道をいきたい性格、右手は実直で母として家庭人として踏み外さないことをよしとする性格を表していました。年齢や環境によって、どちらかの自分を抑えたり出したがったりしてきていることをよく表しているなぁと感じました。

なお、左手、右手の見方には、流派によりとらえ方の違いがありますので、これが絶対に正解などとわたしは申しませんが、左右を比べてみると、その人がよくわかるということは、経験から実感しています。

…今日も無事終了しつつあり。皆さまお疲れさま。



  よろしかったら1クリック☆ありがとう!

゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
手相の見方教えます
東京 横浜 東横線 自由が丘駅から5分

自由が丘 手相運命学教室・仙習院
手相と算命学が得意な仙乙恵美花のHP

自由が丘 手相鑑定講座 木曜昼クラス 第1~3木曜  13時~ 10/5開講
自由が丘 手相鑑定講座 月曜夜クラス 第1・第3月曜 19時~ 10/2開講
よみうりカルチャー恵比寿 第1・3金曜13時/横浜 第2・4月曜19時 開講中
゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

2017年8月25日 (金)

多面的に見る面白さ。

1309062占い業を続けるほどに、なぜか、常識的に、普通の人らしくなってきたヒトオです。ばかに暑いですね。大雨のところもあるようですが、お元気ですか。

占い好きかと問われたら、世の占い好きと比べたらさほどでもないと答えるかもしれません、わたくし(゚ー゚)

占い、運命学、スピリチュアルな方向性だけで何か決めることはありません。手綱は常にわれにあり。たとえ方位が悪かろうと、行きたいところには行きますけれども、わたしには貴重な「ご相談相手」として頼りにしています(^.^) 新しいことのスタート時期や慎重にすべき時期、油断してトラブルが起こってしまったとき、転居や命名時も必ず「もしもし」と、お尋ねします。でも熱が出たら今の運勢など占わずに病院へ行きます。

占いは、お付き合いの仕方をわきまえていれば、流れ動く自分の感情よりはあてにできる、冷静なご相談相手かと。そこんところを、占い依存の人や、逆に「占い好き=バカ」みたいな思考の人に説明するのが難しいです。ですので説明しませんが(面倒なことをスルーする貫索星的(^.^) 

1609103わたしの場合は、手相から、占いの世界に入ったのですが、

自分や家族や他人の性質や運勢傾向を、「多面的に見られる」ということがわかってから、この道へ深く入り込んだと思います。

わからないことを色々わかってみたいという想いが昔も今も強めなので。哀しい出来事は最小限でと願いますが、甘いも苦いも色々知って味わってこその一生、と思っているわけです。

わたしの話はさておき、

Kinki Kidsの堂本光一さんと堂本剛さんのコンビネーションを算命学でみてみましょう。

デビュー20周年、多くの人から愛され続けているデュオ。プライベートでは一緒に行動しないという話や、剛さんが突発性難聴になってからのお二人の言動などに関心が向いて、星を出してみました。

堂本光一さん、1979年1月1日(戊午年・甲子月・戊辰日)生まれ、38歳、戌亥天中殺グループ。

精神性や人との付き合い方を表す陽占の星を見ると、

東にクールな「玉堂星」があり、すまして見えますが、北と西に「貫索星」を二つも持つ頑固者。南にシロクロはっきり「車騎星」があり、本質を表す中央星が自意識強く堅実な「司禄星」なので、控えめに見えても自分好きで自分の役割をきびきびと続けていく人。

十二大従星が「天将星」、「天報星」、「天南星」の順で、誇り高く、頭も体も動くと速く、いくつになっても一途さは変わらず。

堂本剛さん、1979年4月10日(己未年・戊辰月・丁未日)生まれ寅卯天中殺グループ。

光一さんとの共通点は、晩年(西の星)が「貫索星」「天南星」の組み合わせで、自分スタイルを貫き、いくつになってもエネルギッシュなところ。

北に少年のような自然体「鳳閣星」、南に少女の感性「調舒星」を持ち、伝達本能が強く、中央星が自由でクリエイティブな「龍高星」。好き嫌いのはっきりした個性派で、東の独立運「貫索星」とあいまって、ソロ行動向きの配置になっています。

十二大従星は「天南星」、「天堂星」、「天南星」の順で、一途な気の強さと傷つきやすさと、一方で、人に譲って一歩引くような分別を備えた配置。

陽占の星で見ると、お二人は、本質が異なる頑固者で、相方といつも一緒フレンドリーという気質ではないのです。けれども、その一方で、

リクツではない、その人のナマな部分をあらわす陰占をみると、「戊辰」という同じ干支を、それぞれが日干支と月干支に持っていて、信頼感の生まれる関係になっています。

このような同じ組み合わせの干支の関係を「律音(りっちん)」と呼び、人と人とのご縁の有無をみる時に使う「共通干支」という約束事の一つです。

信頼度の高い順から、①日干支と月干支に持ちあう、②日干支と年干支に持ちあう、③月干支と年干支に持ちあう、と、なっております(^.^) 場所がずれているのがポイントです。

職場の人や兄弟、友人、夫婦間で、律音を持ちあっていると、なんとなくご縁を感じ、裏切りにくい、仲が続きやすくなります。

たとえつきあいの途絶える時期があっても、再会すれば、自然とまた親しめるところがあるのです。


人は多面的。人と人の相性も多面的なもの。

占いで相性を見るというのは、AさんとBさんの相性の良さは100%とか60%とか単純に言うものではなく、

フィーリング的には相性がいい、現実行動面で相性がいい、体の相性がいい、いざ一大事という時に相性がいい、平和な状態の時に相性がいい、仕事さえ一緒にしなければ同居するだけなら相性がいい、といったふうに、どの観点から見るかで良し悪しが違ってくるものです。

ちょっと複雑で説明しづらくてメディア受け?しないだろうところですが、本当に占いや運命学に入り込んでいる人は、そういう部分に魅せられているのではないかな、と想像します。

1309095…多面的に見られるということについて、手相の例もあげてみましょう。一週間分ぐらい書いときます(^_^;)

例えば、手のひらの知能線が下降して「ロマンチストで精神的」な性格を表していても、一方で、手の形に幅があり全体的に四角ばっている人なら、「実直で地に足付けて生きようとする」面もあると見るわけです。

本来は、知能線がロマンチストタイプの人は、経理などおカタイ仕事は向いてないと、手相の本等には書いてありますが、実際は、そういうタイプの人であっても、手の形が四角ばっていれば、経理や資産運用の仕事でも活躍します。ただし、マイペースで動ける環境が大事。

また、例えば、

手のひらの線の特徴が「大胆で、独立心がある」性格を表していても、一方で、が長くて、五本指を隙間なく揃えて出すような人は、「慎重で、お金の管理など几帳面」な面もあると見ます。

ヒトは複雑ないきものです。矛盾した性質をあわせ持っていることは珍しくありません。そういう多面性を、相術(手相・人相等)や命術(占星術)は照らし出します。

だから、一部分のみを見て「〇〇の星がないからあなたは作家になれない」と妙に断言するような占いは、あてにならないと、わたしはとらえています。

また、例えば、

指紋にも多様な種類があり、その呼び名は流派等により異なりますが、大きく分けると、丸い渦巻き状になっているもの(渦状紋・渦巻紋)、左右どちらかに流れるもの(蹄状紋または、流れる方向によって順流紋、逆流紋と区別)、渦や中心がなく、山なりの横縞模様になっているもの(弓流紋・山流紋)の三種類になります。

それ以外にも、流れが2つ抱き合わせのようになっているもの(抱流紋)や、アルファベットのS字のように流れるもの(勾流紋)、山なり紋と流れ紋が混ざったような指紋など多々あります。

Yumisimon特に、左図のように、山なり横縞の弓流紋(妖怪の目みたいになっちゃった右図のような変形バージョンも含む)、日本人には少ないとされています。

どの指に弓流紋が出ているかによっても意味があるのですが、いずれにしても、この弓流紋の指紋を一つでも持っていると、ちょいとクセのある性質(゚ー゚) 視野狭めの面がありますが、自分の世界や身近な人を大事にし、興味のある研究や趣味に一途に打ち込んで才能を発揮する人がいます。

手のひらの線だけで見ると、割と標準的で、個性が特に強い相と見えない場合であっても、一方で、指紋にこのような特殊性があると、その特殊性は、実際にその人の行動パターンに表れています。

…こういったところが、統計的な占いは、実際に見て確かめるほどに面白いものだなとわたしには感じられます。

もちろん、タロットもまた、

たとえ「これはなんじゃ」?!というような結果が出ても、「どうして今これが出るんでしょ」と、意味を説明しながらお客様と一緒に考えたりm(__)mしているうちに、

道筋がまとまってくることが少なくなく、面白いんですよね。そのようにして、わたしの解釈の幅も広げさせてもらっています。

しゃにむに進んだ時期を過ぎ、かねてよりあった占いの限界への猜疑心?を超えて、占いの面白さがまたわかってきた、という段階なのかもしれません、わたしは。普通に、もう少し行ってみようと思っています。



  よろしかったら1クリック☆ありがとう!

゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
手相の見方教えます
東京 横浜 東横線 自由が丘駅から5分

自由が丘 手相運命学教室・仙習院
手相と算命学が得意な仙乙恵美花のHP

自由が丘 手相鑑定講座 木曜昼クラス 第1~3木曜  13時~ 10/5開講
自由が丘 手相鑑定講座 月曜夜クラス 第1・第3月曜 19時~ 10/2開講
よみうりカルチャー恵比寿 第1・3金曜13時/横浜 第2・4月曜19時 開講中
゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

«花の季節、ヒトの時間。

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

占いのおはなし(過去記事)