フォト

鑑定依頼はこちらから

Twitter

おすすめリンク

クリック募金


おすすめリンク2

無料ブログはココログ

« 占い師のスカートの中は・・・ | トップページ | 浅草は牛すじで »

2005年12月 7日 (水)

浅草花やしきの思い出

31mbbb 救急車で運ばれたのは、浅草の遊園地「花やしき」に出ていた時でした。

花やしきは、ちいちゃいながら歴史の古い遊園地。狭い園内を、あちこちぶつかりそうに駆け抜けるジェットコースターが、怖くて愉快で好きです。絶叫系が苦手な人も、あれはギリギリ乗れるのでは。

今は、占い店の場所が1階に移りましたが、昔は、小山の上にポツンと、占い小屋が立っていました。可憐なお花が咲く中を、ちびっ子タクシーに乗って得意げに手を振る子供達を見ながら、お仕事をして、ときどき、おおきな空を眺めていました。季節の移り変わり、時間の流れを、肌で実感できる場所でした。

花やしきは、修行期間といえる一年を過ごした場所で、思い出深いです。

さまざまな職種、階級?、年代の人が集まる土地柄。デパートの中では到底出会えないようなお客様に接することができたのが、得がたい経験。そして、一組の仲のいい不倫カップルの顔を、なぜだかいまだに私は忘れることができません。

最初は2人でにぎやかに鑑定して、それから、女の子が1人残ってナイショの鑑定をしました。男の人が外で笑って待っているこちら側で、さっきまで笑顔だった女の子は、涙をぽろぽろとこぼしました。

私は、占い師として失格かもしれませんが、この男性を、性格も悪そうでない好印象の男性を、この時、大変憎く思いました。

でも、男性にしても、笑っているよりほかなかったかもしれず。

今では、もっと驚くような人間関係を相談されることも増え、スレすぎちゃった感もなきにしもあらず…なのですが、それでも、なぜか、この日の、女の子の涙を、私は忘れることができないのです。

« 占い師のスカートの中は・・・ | トップページ | 浅草は牛すじで »

つれづれ+占い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浅草花やしきの思い出:

« 占い師のスカートの中は・・・ | トップページ | 浅草は牛すじで »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

占いのおはなし(過去記事)