フォト

鑑定依頼はこちらから

Twitter

おすすめリンク

クリック募金


おすすめリンク2

無料ブログはココログ

« 好きということ | トップページ | 王は孤独なるもの »

2005年12月15日 (木)

ジェラシー

Bath_candlea_medium_1 そうは言っても(先日の続き)、好きな相手の言動は、ヒジョーに気になるものです。嫉妬という心は、脳のどのあたりから生じてくるのでしょう。なんのために? ねぇ。

手相から、嫉妬心の強弱ははかれます。主要線でいくつかあげると・・・

まず、感情線(小指の下から人さし指方向へ伸びる線)が長い人。人さし指の付け根の丘(木星丘)へ深く入り込んでいる人です。愛情が濃すぎるのです。相手を自分の管理化におきたいというエネルギーが発揮されます。

また、感情線に乱れがあると、心もちぢに乱れやすいものです。

それから、運命線(手首やその他下方向から中指へ向かって上昇する線)の濃い人。自分中心的に生きる人です。よくも悪くも自分が主役ですから、相手の勝手に寛容とはいえません。

結婚線の濃く長い人もヤキます。パートナーとの絆感覚が強いため、相性のいい恋愛や結婚であれば最高なのですが、悪く出ると、60才、70才になっても嫉妬心に悩まされることがあります。

あとは、知能線(親指と人差し指の間から出て手のひらを横切って伸びる線)。下方に長く知能線が伸びている人です。想像力の豊かさが災いして、相手はいつもはあーなのに今日はこーだからきっとそーに違いない…と、考えなくていいところまで想像して苦しんでしまいがちです。

手相でも算命学でも同じなのですが、つくづく思うことは、「ほどほどが一番しあわせなんだなぁ」ということ。中庸で生きるということです。愛情が濃すぎても、また薄すぎるようでもうまくいかない、不満がでる。ほどほどが、自分も相手も幸せです。

愛情に限ったことではありませんが。

「ほどほどで満足する」というのは、けれど、なかなか難しいことなのですよね。

また、生まれながらに、ほどほどでは生きられない、偏った宿命を持って生まれる人もいます。そういう人は、極端な話、天に昇るか地に這うか、どちらかしかないのです。どちらを選んでも苦しみはあります。

ですが、人は、そういう激しい生き方に憧れてしまうものなんですね。

「運命線が濃く出ていればすばらしい」と、単純には私は思わなくなってきました。どういう相、宿命を持った人が、どういう生き方をしているかが、問題なのだと思います。

ちょっとジェラシーと話がズレちゃいましたね。今、深夜です。

« 好きということ | トップページ | 王は孤独なるもの »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154191/7627641

この記事へのトラックバック一覧です: ジェラシー:

« 好きということ | トップページ | 王は孤独なるもの »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

占いのおはなし(過去記事)