フォト

鑑定依頼はこちらから

Twitter

おすすめリンク

クリック募金


おすすめリンク2

無料ブログはココログ

« だけど泣きたいときには | トップページ | 占いの結果が悪かったら? »

2005年12月 2日 (金)

トラウマ完結せよとの命アリ

heart_miniE師走に入りましたね。東洋占星術的には12月7日からを12月としていますが。

1月生まれは自信を持って行動したいとき。4月、8月生まれも意欲が出てくるでしょう。6月、7月生まれの人は、思い通りにいかないことがあってもこだわらずにかわせばよし。3月生まれは争いごと注意です。気のあせる時期ですが、体調管理に気をつけて2005年をしめくくっていきましょうね。

さて、トラウマ話の続きですが、気がつくと、私は「どうしてこんな目にあうんだ」と考えることがなくなっていたのです。

血縁や友人に死者が多く出たことも、「どうして」と苦しむ原因のひとつでしたが、運命学を学ぶようになってから、人の縁や運気の流れ、この世での役割といった考え方に目が向くようになり、心は落ち着きました。

また、それ以上に、「信じる」ということの明るさを思い出させてくれた人の存在があります。

疑っていれば、相手も、そういう行為をとりやすくなります。信じていれば、相手はその信頼を裏切るということをしにくいものです。きれいごとすぎますか?

私が20代初めにおつきあいした男性は、よい人とは言えませんが、思い返してみると、私も「信じて」いたわけではなかった。年上の方だったので、依存して、何をするにも決定を委ねていた部分がありました。依存は、信じることとは違います。2人の関係性の中で、私の存在をだんだん小さくしたのは、私の主体性のなさも原因だったと今は思います。

若い私は、大人の彼に私をどうにかしてほしいと思っていたのかもしれない。自分のことしか、実は考えていなかったのかも。彼を見ていなかった。

つらいことがなければ、「どうして」という思いから運命学に親しむこともなかっただろうし、今は、ある程度は(←強調)感謝しています。

信じるということは、相手を受け入れること。盲信とは別です。信じていようと思える人、そして私を信じてくれる人が今いることを、すごく幸運に思っています。

そうはいっても、信じる相手との相性はやっぱり大事ですヨ。気になる方は、ご相談くださいネ。

« だけど泣きたいときには | トップページ | 占いの結果が悪かったら? »

つれづれ+占い」カテゴリの記事

コメント

告白めいたことはあんまりイメージよくないんじゃ…とのありがた~いご指摘がありましたので、ほどほどにしましょかね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トラウマ完結せよとの命アリ:

« だけど泣きたいときには | トップページ | 占いの結果が悪かったら? »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

占いのおはなし(過去記事)