フォト

鑑定依頼はこちらから

Twitter

おすすめリンク

クリック募金


おすすめリンク2

無料ブログはココログ

« カタイ種皮に守られた生命の水11月 | トップページ | 胎動する1月生まれさん。そしてまた春へ »

2006年2月 1日 (水)

雨の日ばかりも続かない12月は既に春のは・じ・ま・り?

heart_miniD今日(既に昨日)の東京はシトシト雨で、髪の毛があっち向いたりこっち向いたりモシャモシャで、ほのかに風邪ひきそう!な予兆はあれど、でも、いい日でした。

率直に、ひとと話すことができると、私はしあわせだなぁと感じます。

それほど、普段はできていないってこと??という疑問はおいといて。しあわせの尺度はひとそれぞれ。

12月生まれさんまでやってきました。12月、「子(ね)」の月には冷たい水性がたっぷり。いちばん!寒いとき。

いちばん寒いとなれば、二番はないわけで。あとは、あたたかくなるだけなのです。リクツでは。いえ運命学的には。

だから、易の十二月卦は「地雷復」。11月の陰の極まりから、はや陽の気が生じてきています。冬至を境に、日脚は伸び、そうは全然見えなくても、目に見えない地下深くでは、春への準備が始まっているということ。

陰ばかりの奥底に芽生えた、1点の陽の気は、伸びていきたい。 だから、12月生まれは、よく働くひと、自己顕示欲強いひと、見栄っ張りなひと(失礼!)。物腰ソフトであっても、なかにはカッとしやすいひとも(失礼失礼!) ですが、たいてい無邪気なひと、正直なひと。

そして、「子」月は、方角にすると、北方、「坎(かん)宮」にあたります。 「坎宮」は、困難・苦労の意も含みますので、細かいことを心配する小心さもあり。それがプラスに転じれば、もともと働き者ですから、几帳面に、着実に、仕事を成しとげていくひととなり。経済観念鋭いひとも多いのです。

・・・っと、日付が変わってしまいました。「子」の時刻は、午後11時から午前1時。充分な睡眠が明日への元気と美肌!を準備しますね。 今、0時26分。私もたまにはたっぷり準備しないと…ハーブティーを飲んで。オヤスミナサイ。 

ランキングに参加してます。まだまだ読んでいただけるなら投票よろしくご意見もよろしくネ☆占いブログランキング☆ zzz.......

« カタイ種皮に守られた生命の水11月 | トップページ | 胎動する1月生まれさん。そしてまた春へ »

うらないごと 全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154191/8443427

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の日ばかりも続かない12月は既に春のは・じ・ま・り?:

« カタイ種皮に守られた生命の水11月 | トップページ | 胎動する1月生まれさん。そしてまた春へ »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

占いのおはなし(過去記事)