フォト

鑑定依頼はこちらから

Twitter

おすすめリンク

クリック募金


おすすめリンク2

無料ブログはココログ

« 愛するということ | トップページ | 愛のエネルギーを運ぶのは感情線 »

2006年2月14日 (火)

またも愛?

rune帰りの電車で、ふと顔をあげると、隣の女性の目が潤んでいました。

早々と花粉症??

ただならぬ水分量です。いまにも、目の縁から涙がこぼれてきそうなほど。

バレンタインデーではあるし、そこは私の妄想力が稼動してあれこれシチュエーションを考えているうちに、彼女は途中の駅で降りていきました。

かなしいことがあったのなら、かなしいな。でも、潤んだ瞳はとても美しいものだな、と、見入ってしまいました。

こころが震えるということは、悪いことではないのです。

昨日、ここで「愛について」なんてことを書いてから、自分を省みてしまいました。どれだけ愛についてわかっているというのか・・・。

そんなときには、ルーンに聞いてみます。25個の石にしるされた古代のアルファベットです。

ポーチに入れていつも持ち歩いている石の中から、ふっと指先へくっついてくるような感触の石を、そっとひきあげます。

「ペオース」

これは、ダイスカップを表す石で、「信じるサイの目にかけてみよ」といった意味があります。

それとともに、「愛」の意味合いを含んでいるのです。グッドタイミングだからスキ^^ 手元にあるテキストのページをめくってみると・・・

「私たちの魂が愛の目を通して見ていないうちは、本当には見ていないのです

「賞賛の言葉に、受け入れる行為に、愛は存在します。そして「許す」ことの意味がわかったら、それもまた愛です」

「悩んでいたり、おびえていたり、解決を引きのばしているのなら、「本来のあなたを取り戻し愛を受け入れなさい」とルーンは助言します。 愛の存在を示す証拠にだけ目を向けてください。 うまくいかないことがあっても、絶望しなければならない理由はないのです」(「ルーンの書」(VOICE刊))

気持ちは、落ち着きました。(単純?)

しあわせすぎても、ふしあわせすぎても、占い師という職業はだめなのだと私は思っています。こころを中庸にならすための、ルーンは私の守り神。

愛の目を通して、世界をほんとうに見てみたいものだと思います(^^;)



このブログを作ってよかったなぁと思うのは、「愛について」なんて書けるコトです。正面きって普段は口にできない話題ですから・・・

それから・・・バレンタインデーもさることながら、私をルーンの世界に導いてくれた運命学の先輩に、感謝の念を改めて覚えた今日でした。



ランキングに参加しています。おかしなことを書くかもしれませんが愉しかったら投票よろしく。ご意見も☆占いブログランキング☆

« 愛するということ | トップページ | 愛のエネルギーを運ぶのは感情線 »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: またも愛?:

« 愛するということ | トップページ | 愛のエネルギーを運ぶのは感情線 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

占いのおはなし(過去記事)