フォト

鑑定依頼はこちらから

Twitter

おすすめリンク

クリック募金


おすすめリンク2

無料ブログはココログ

« 愛がなけりゃ | トップページ | 脱名文のススメ? »

2006年3月14日 (火)

多面体でみる

060312_133433_M

本サイトのウィークリー・メッセージの更新、これからです。占いは済んでいるのですが、書くのが遅れがち。がんばらなくちゃ^^

今週は易のカードを使ったのですが、東洋のカードでも西洋のカードでも、扱っていると、同じ感覚がしみてきます。

何がと言うとそれは、…と、もったいつけるほどのことでもないのですが、凶運のカードの裏には明るいカードも潜んでいるなぁ、ということ。

カードの扱い方は占い師によって違いがありますが、最初の5、6枚は開かず別に取り分けてから、次のカードを開いて意味を問うというのがオーソドックス。

もちろん、オープンしたカードが重要なわけだけれど。「剣の10」とか、易なら「水山蹇」といった不運のカードが出て、つい「あちゃ~」と声をあげそうになっても、裏に隠れた数枚を調べてみると、「魔術師」や「スター」や「カップの1」や、易なら「火地晋」とか「風山漸」といった、希望の持てるカードが混ざっている。また、ケンカや駆け引きを表すカードも混じっている。

「ほんとに、そうだよな」って、思うんです。

一見、八方ふさがりの絶体絶命と思える状況だって、そのまま絶対に変わらないということは言い切れない。逆に、どんな幸福だって、永遠の保証はありませんよね。また、ふだんの生活というものは、うまくいかないことがあったり、また希望を持てることがあったり、痴話げんかもあったり、いろんな要素が入り混じって、流れていっている。

今、目に見える現象の一面だけを見て、失望していませんか。

隠れたカードを裏返すチャンスを、みずから放棄していませんか。

・・・このところ、私までかなしくなるような相談に接することが多いせいか、願うような気持ちで、カードを切りませながら、そんなことを考えたのでした。

視野をひろくもってください。今はそれが無理でも、たとえば三ヶ月後にはできるかもしれないのです。

いつもありがとう☆占いブログランキング☆

« 愛がなけりゃ | トップページ | 脱名文のススメ? »

うらないごと 全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154191/9081289

この記事へのトラックバック一覧です: 多面体でみる:

« 愛がなけりゃ | トップページ | 脱名文のススメ? »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

占いのおはなし(過去記事)