フォト

鑑定依頼はこちらから

Twitter

おすすめリンク

クリック募金


おすすめリンク2

無料ブログはココログ

« おでかけしてました | トップページ | しとしと雨の降るなかを、 »

2006年4月10日 (月)

大網、love

Glass_blocka_400先日、占い師の後輩(一応、先輩後輩があるらしい;)と話していて、占い師になりたての頃のこと、また思い出しました。

日帰り仕事で一番遠かった鑑定所は、千葉の大網です。まだ、お客様を3,000人も見ていなかった頃。スーパーの一角で、土・日だけの営業でしたが、私の住んでいるところから電車で往復6時間かかりました。

早朝から、おにぎりと水筒を持って、遠足気分でありました。

どうして、水筒まで持っていくかと言うと、飲み物代を節約するためと、市販の飲み物だと味が強くてたくさん飲めないからです。喋ると、喉が大変渇くのです。

節約するのはどうしてかと言うと、鑑定の仕事は普通、交通費は自分持ちですから、6時間もかかる場所だと交通費がバカになりません。

そして、お客様がわさわさと来てくださればまぁいいのですが、いなかですので(大網地区の方、失礼!)そうは来ません。その頃は、手相だけ1,000円というスタイルで、のんびり、のどかにやっておりましたし。

赤字です^^;

ですが、他に仕事を掛け持ちしていましたし、まだ占い業界についてよくわかっていなかったですから、鑑定の仕事とはこんなものなのかなぁと思っておりました。

その頃は、二部式の和服を着てやっておりました。いわゆるコスプレ。会場に着いたら着物に着替えて、鑑定師に変身! 地域のお客様とざっくばらんにおつきあい。テナントの方たちとも(暇なので)あれこれとお話をします。それでも、新人ですから、ミスがあっては大変と、鑑定はもちろんですが、開店の支度や後始末、入金やクライアントとのやりとりなど絶えず緊張しておりました。

私の所属していた会社は、いわば占い師の派遣会社のようなところ。どこへでも、たいてい、一人で行きます。ミスがあっては困るので、3時間かかろうと、必ず事前に下見に行きました。ですので、本当に・・・ 赤字でした^^; そんなものだと思っていました。でも、ずっとこのままでは困るだろうとも思っていました(正直)。

今は、占いブームのおかげもあって、黙って座っていてもお客様の来てくれる店も多いのです。ありがたいことですね。

ですが、赤字でも、愉しかったときがあったのです。鑑定が。勉強が。大網が。??

ええ、「大網」は、大変のどかなところで、わたくしの故郷の風景に似ていました。3時間かけて行き着くと、懐かしい場所へ帰ってきたような気がしました。帰る頃にはあたりは真っ暗で、その暗さに、胸がキュンといたしました。特に多い日でも、20,000円そこそこの売り上げだったでしょうか。半分は会社へ収めますので取り分10,000円。交通費、弁当代などを引くと・・・・ 笑 何のために行っているのだか^^;

どれだけ、そういう時が続いたことか・・・。別の仕事の徹夜明けで、大宮の鑑定所へかけつけるということもありました。ダイエー大宮の鑑定所も、大変印象に残る場所です・・・ 占いだけで生活できるようになったのは、会社をやめる前、ほんの1、2年ばかりのこと。今は、おかげさまで独り立ちできました。

貴重な経験をさせてもらったと、そのことを、会社に感謝しています。組織に所属していると、不満は大変に出てくるものですが、何か得るものも、考えてみればあるはずです。占いの会社だけに限ったことではないと思います。

それではなぜ組織を出てしまったのか? どうして、チェーン店的な集客も容易な安定感ある店舗で仕事をしないのか? うーん。それはいずれまたの機会にネ・・・

いつもありがとう☆占いブログランキング☆

« おでかけしてました | トップページ | しとしと雨の降るなかを、 »

うらないごと 全般」カテゴリの記事

コメント

大あみつながり?あみさん、こんばんは。

好きなことだと苦にならないっていうのがありますね。

あみさんは、好きなことが幅広いのが素晴らしいなと思っています。

好きなことを仕事にするリスクと組織で
安定収入を得ることの
どちらも意味がありますよね。まだまだ
私も好きなことで食べてるとは言いにくい
けど、続ける熱意はあるので頑張ろうと思いました。
今日のえみか先生の日記で少し
初心にかえることができました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大網、love:

« おでかけしてました | トップページ | しとしと雨の降るなかを、 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

占いのおはなし(過去記事)