フォト

鑑定依頼はこちらから

Twitter

おすすめリンク

クリック募金


おすすめリンク2

無料ブログはココログ

« 格闘、ふたたび | トップページ | QRコード »

2006年5月 8日 (月)

「素直になれなくて」

015

そんなタイトルの洋楽が、かつてはやっておりました。若い頃の私のテーマソングだったかも^^;

雨の月曜日ですね。連休中に夜型になったリズムを改善すべく、意識して体を動かしました。

こころを必要以上に揺さぶらないで落ち着いているためには、体を揺さぶる?ことが効果あるんですよ。

連休中も、嘆き通しの人に接しました。かなしいのです。お相手も悪いのだけれど。…思い通りにならないことに、人は固執してしまいますね。自分を振り返っても、そうです。

 どんなに好きなものも

 手に入ると

 手に入ったというそのことで

 ほんの少しうんざりするな

                          (谷川俊太郎 My Favorite Things)

一方では、この詩のような感情も、珍しくないというのに。人間は、複雑ないきものです。

本サイトのメッセージにも少し書きましたが、「~し過ぎ」は、だめです。状況が改善されません。嘆き過ぎ、哀しみ過ぎ、恨み過ぎ、責め過ぎ、求め過ぎ、我慢し過ぎ…

最初は無理に感じても、落ち込みがちな人は、明るい気を取り入れてほしいのです。

笑える映画や落語を見たり聞いたり、気持ちが弾む音楽を流したり、きれいな色の洋服を着たり、緑の多い明るい場所へ出かけたり、幸せになろうと思うことです。まわりの助けも大切です。

頭を余り使わないでください。落ち込んでいると、いやなこと、不安なことばかり考えて陰へ陰へと突き進んでしまいますから。適度に体を動かすことです。声を出すことです。

それから、運気を上げてくれる人と接するように。

思い通りにならない元凶の人は、運気を下げてしまう人です。その人を変えようと頑張ってはいけません。

暗い陰の気に染まっているときは、明るい人と話す気になかなかなれないものですが、会って電話して話してみてください。「そう言えば、あの人といた時は気持ちが晴れていた、楽しかった」と思い出せる人が、一人や二人はいるはずです。

そういう人は、きっと、あなたの運気を上げる救命星を持っています。

最初は億劫でも、行動することで、流れが変わります。

陰につけこむ陰の気を持った人に、ひきずりこまれてしまわないようにしてほしいのです。

もちろん、明るい人、運のいい人とだけとつきあえ、ということではないのです。それもまた味気ないと私は思います。

人と接していて、この人は、なかなか救われないだろうと感じるのは、「私の苦しみは誰にもわからない」という態度の方。

そういう方に限って、何かに救いを求めているものですが、みずから壁を作ることで、救いは遠ざかっています。

人の心は、わからなくて当然です。他人なんですから。

素直な心で、話をするようにしてください。

いつもありがとう☆占いブログランキング☆

« 格闘、ふたたび | トップページ | QRコード »

うらないごと 全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154191/9962934

この記事へのトラックバック一覧です: 「素直になれなくて」:

« 格闘、ふたたび | トップページ | QRコード »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

占いのおはなし(過去記事)