フォト

鑑定依頼はこちらから

Twitter

おすすめリンク

クリック募金


おすすめリンク2

無料ブログはココログ

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006年7月30日 (日)

30代の気迫と疲れ

S14_2お客様の男女比は・・・圧倒的に女性が多いです。紹介・予約制にしてから、女性9.5に対して男性0.5といったところ。以前チェーンの占い館に出ていた頃は、女性7に対して男性3ぐらいだったでしょうか。

今は、渋谷のブティックで定期鑑定をしているので、女性が多くなっていることもありますが、もともと、男性で気軽に占い師に相談するという人は多くはないでしょう。 男子の沽券に関わる?

年齢層は20代~70代まで幅広いですが、多いのは30代。仕事、結婚、出産について真剣に考えざるを得ない年代。

ところが、メール鑑定となると、男女比が逆転します。男性のほうが多いのです。

男性からの相談内容は、ほとんど仕事、進路に関するもの。そして、鑑定内容を信頼してもらえると、次から相性や結婚、家族のことについても相談を受ける、という感じです。用心深いのでしょう。

今日は、メール鑑定をしたお客様が、対面鑑定に来てくれました。やはり、直接の会話だと、細かいニュアンスが伝えられていいなぁと思います。できれば、手相も、もちろん見たいのです。

「占いは信じない」と言う男性も多く、男性はそれぐらいでいいかもと思っておりますが、心のモヤモヤが続くようなら、気軽に相談してみてください。

年齢は、男性も、やはり30代中心です。

30代は、まだまだ選択肢の幅があり、それでいて、後がないという気にもなる、選択を迫られる年代なんですね。

どのようにも選択できる、少々スリリングだけれど、人生に最も向き合える年代だと思えます。まずは元気を出して。

いつもありがとう☆占い人気ブログランキング☆

2006年7月27日 (木)

やさしい夜のような土星環

Angelb_300暑い一日が終わって、みなが寝静まり。やさしい夜のひととき。

冷たい水を流しっぱなしにして足と腕を洗い流して、それから、譲ってもらったホワイトセージを部屋に焚きしめたら、リラックスしました。

セージって、使ったことがなかったけれど、強い香りの割に、すがすがしい感覚ですね。

セージの煙にかざして、しばらくいたわってなかったカードとルーンを「お疲れさま」と、浄化しました。

それから、最近、色褪せて見えるローズクォーツのポイントも、浄化しました。

そうして、石を眺めていたら、こころがシーンとしてきました。今、気にかかることについて、邪念なく、シンプルに考えてみることができた。

孤独に浄化される。ということを、思いました。(あるいは、セージの威力でしょうか?)

ときに、孤独は、やさしい、と、感じることがあります。

孤独を扱いかねてもてあますと、おかしな事件をおこしてしまうのよ。

人間は、大変面倒くさい。ときどきは、孤独という煙で、わたしも浄化されたいな。

全部、浄化されるなんてことはないのだから。だから、魂がくすみきらない頻度で。

あなたも、ちっとは、浄化されちゃえばいいのに。

・・・なんてね。 そんなオカシナことを考えてしまう人(わたし)の手のひらには、「土星環というワッカがあるのですよ」なんていう話を、昨日はしていたのです。

お色気線と呼ばれる「金星帯(金星環)」のもてはやされ方に比べたら、ぐっと地味で日陰な存在、土星環。同性愛者にも見られる相とか。(わたしはとりあえず異性愛ですけれども。)

金星帯は、人差し指と中指の間と、小指と薬指の間を結ぶ、半円状の線。完全な半円になっておらず、間が空白になっている人のほうが多いです。(そのぐらいのほうが、雰囲気いいお色気です。人気稼業にはほしい線。)

土星環は、それよりも、小さな半円。人差し指と中指の間と、薬指と中指の間を結んでいます。そう、中指に小さなネックレスをかけてあげたような形です^^

土星丘(中指の付け根)が持っている「自分中心の世界に没頭する」エネルギーを、運ぶ線。

だから、土星環の持ち主は、ちょいと人から理解できない探求世界を持っている。明るく見えても、どこか陰の部分を秘めている人が多いのです。

陰というのは、ある人にとっては、不気味かもしれない。でも、ある人にとっては、夜の闇のように、ひきこまれる、やさしい寝室のようなものかも。

手前味噌で、なんですが、わたし、この土星環が割とすきなんです。

算命学の星で言ったら、「調舒星」のような感じ?」と、ある人から指摘されて、なるほど、そうかも、と思いました。孤独と不満、芸術性の星「調舒星」と、土星環は、共通する部分が、あるかもしれません。

・・・不思議と、今、手相を教えている生徒さんたちが土星環を持っているので、それで、教えるのが愉しいのかなぁ・・?

土星環って、最近の手相の本などでは、余り重要視されていないようです。お金や出会い運に、メリットなさそうな線ですもんね。かえって、あると、「変人」の可能性が(笑。 「よく見ればアル」程度なら大丈夫です)。

わたしにとっては、いとしさを覚える線なのですが・・・。

あなたは、中指の下に、ネックレスついてますか^^? 

なければ、とりあえず、変人の勲章はないってことです。よかったですネ^^

・・・と、書いている間に、空が白んできてしまいました。「やさしさも時間制限アリ!」と、現代のシビアな夜は、さっさと勤務を終えようとしています。土星環エネルギー発揮もほどほどに、そろそろ眠ります。土星環も、眠れ。

めざめて、今日も、平穏な一日でありますように。

いつもありがとう☆占い人気ブログランキング☆

2006年7月26日 (水)

無知なことを知っている。

Tulip03_300_2はや水曜。わたしの本サイトのウィークリー・メッセージを遅ればせながら更新しました。貴重な読者の方(←常々強調)と、手相と易に興味のある方は、ご覧下さい。

昨日の手相教室では、DVD(で新選組!)を見ていたときに垣間見た、俳優の山本太郎さんの手相を題材にさせてもらいました。

DVDだと、一時停止できてよいですね。感情線が上昇しておらず、知能線に付くほど接近。思い込んだら、まわりの思惑関係なしに行動する強さが感じられる手相でした。ただ、見かけよりは用心深いですね。知能線は下降して長く、自分の価値観や信念にこだわるので、頑固で融通が利かないと思われやすいのでは。しかし、そうであっても、運命線は、手首の中央より小指サイド寄りから伸びており、人から好かれる、支持される人気運をよく表していました。

小指サイド寄りから伸びる運命線の持ち主って、知らない人の中に自然と溶け込むことができて、かわいがられて、お得な手相だなぁと、常々思ってます。

将来を示す各指の付け根の線は、光の加減で見えなかったのですが、それぞれの丘がよく発達していて、エネルギーの豊かさを物語っていました。

・・・少し現実逃避して映画やドラマを見て くつろごう~と思っていても、手相が見えてしまうと(あ、教材に使えるかも!と)、一気に現実に引き戻されます^^;

授業料をいただいている分、情報を提供せねば・・・^^;

・・・人に手相を教えることの最大の楽しみは、生徒さんから、学べることです。

「こういう手相の人に、あなたならなんと言ってあげますか」と、聞いたときの答えに、驚いたり感心したりすることが、たびたびです。

その人の経験や人間性も知れて面白いですし、画一的になりがちな自分の鑑定に、警鐘を鳴らしてくれたり刺激を与えてくれたり。

・・・実は、わたし、人の手相を見出して、数百人も超えた頃に、スランプみたいな状態に陥りました。

いつも同じようなことばかり、バカのひとつ覚えみたいに言ってしまう自分がいやになったのです。その場その場はなんとかなっていくし、お客様もある程度満足してくれるのだけれど、自分の中で成長していくものを感じられなくなってしまった。流れ作業みたいな鑑定に、嫌気がさしてしまった。

わたしは、大変、欲張りなんでしょうね。労力に見合った成長というメリットがないと、満足できないのでしょう。

人に手相を教えるようになって、スランプを脱したように思えます。教えるために知識があいまいでは恥ずかしい。基本を学びなおし、わからない点に悩みました。そして、先に書いたように、生徒さんの声に学ぶことが大変大きかった。生徒の言う言葉が、すごく面白かったのです。

また、同時期に、手相以外の占いの勉強を幾つか並行して学んだことも、よかったようです。多面的な見方ができるようになったのと、勉強好き、謎好き?の、よい先生達と出会えたことで、モチベーションが高まった。

・・・先生とのめぐり合いは、重要です。

わたしが、かつて手相を習った人に、なぜ付いて行こうと決めたかというと、その人がこう言っていたからです。ただ、その一点なのです。

私は、自分が無知なことを知っている。だから一生勉強していきたい」と。

中国の思想家の言葉なのですが、それを信条とするその人を、すばらしいと思いました。虚勢を張る人にろくな人はいないと知っていたから。

その人は、こうも言いました。

「たいした会社じゃないけどね。まぁがんばって」と。

大変好感を持ちました。

・・・時は人を変えます。その人が、今も、同じ姿勢でいるのかは、遠く離れた現在、わたしは知りません。ただ、その人を忘れても、わたしは、その言葉を忘れることはありません。その言葉をプレゼントしてもらったことについて感謝をしています。

・・・話がズレました。

学生時代は、「教師」という職業に信頼感を持てず、頑固に教職をとらなかったわたしですが、こんなに教えるということが自分にメリットがあるのなら、素直に、教職をとっておくんだったかなぁ~と、今になってほんの少し惜しく思うぐらいです。(現実はそんなに甘くないゾという教師方々のご意見さておき)。

何かに執着がないと、生きてて面白くないですよ。わたしにとっては、それは、(積極的に)「教えてもらう」ということなんだと思います。

教えているようでいて、実は教えてもらっていることをわたしは知っています。

よいことも、いやなことも、世界のからくりを、あなたが教えてくれている。今も。

いつもありがとう☆占い人気ブログランキング☆

2006年7月23日 (日)

血と骨。

W_roseboxb_256昨夜は、かわゆい占い師仲間に誘われて、人形町にある桜鍋のおいしいお店「大和」に行ってきました。馬刺しが絶品、涙がこぼれました(←かなりホントです)

占い師は2人だけで、あとの3人はカタギ?の方々でしたが、おいしいもの好き+ちょいと変わり者?!という共通項があったような・・・

ですので、おいしく、なごやかな時間を過ごせました。

私は、普段は、積極的には、自分が占い師であることを言いません。なんとなく、くつろげなくなったり、相手によっては、関係性が変わってしまったり、ということも考えられるので。

ですが、昨夜集まったのは、占い好きさん達だったので、自然と、話は、手相や星や前世の話になって、楽しかったです。

初対面の方達もいたのですが、同じ場所に集まるというのは、縁あってのことです。

星を調べると、守護神を持っていたり、共通の星(食いしん坊の星☆や、感性鋭い星、がんこな星…)を持っていたり、天中殺の相性がよかったり…。

出会いというのは、偶然のようでいて、やはり、流れにそったものなのだなぁと思えました。

・・・よい出会いも、たとえ、かなしみで終わった出会いであっても、すべてに意味があり、今に続く流れです。

そして、今から未来も創られる。

おいしい食べ物(と、できればわたしは少々のアルコール…)から未来も創られる^^

・・・運命学的にみて、未来というのは、精神的満足と深く関わっている場所です。

絶望するとは、未来をなくすこと。

未来をなくしたとき、人は、食べ物を拒絶します。

・・・おいしい食事の時間をとりたいものです。普段せわしない人でも、週に何度かはゆっくりと。

・・・おいしく食べられる友人は有難いものです。食卓を囲むと、不思議と、長くつきあえる人と、そうでない人とが、感じ分けられるものです。

・・・それはそれとして、「大和」、大変おいしかったので、馬肉好きの方^^;は、ご一緒しませんか?

元気でますよ。

いつもありがとう☆占い人気ブログ・ランキング☆

2006年7月21日 (金)

すきすきだいすき悪口?

Grassballa_300_2雨の演奏会、終わりませんねぇ。

雨の悪口のひとつやふたつも言いたくなるところですが、空に言ったって仕方ないですね。

悪口… 言葉を持った人間が棄てられないもの。会社のいやな上司や近所の人や友人の悪口、何人かで集まって言わずにいられない時、ありますね。

でも、いやなことをいろいろ言ったあと、すっきりします? 

愚痴でも言わないとやっていられない時もあるから、それはいいのですが、そうでなく、自分のほうが相手より優れていることを自慢したくて悪口、陰口を言う場合があります、それが危険。

それ、運気を必ず下げています。

わたしの知る、マイペースで穏やかな生活を維持している人達が、他人の悪口を言うのをほとんど聞いたことがありません。自分のやりたいことをきちんと持ち実践している人は、陰口を言いません。生活レベルは関係ないのです。

また、占い業界に長くいれば、清く正しい人ばかりでなく、驚いて言葉も出ないような言動をする人にも多々出会うわけですが、わたしが見るところ、きちんと運命学の勉強をしている人は、表立っては人の悪口を言いません。

言いたい気持ちがあるんだけどーーーー^^;

言わない。

言わないように努力しているのが、その人を見ていてわかる時があります。

マイナスの気をとりいれないということもあるし、運命学の教えを実際にいかして自分の運気を上げコントロールしていこうという気持ちがあるからだと思います。

無用な葛藤、争いごとを避け、健やかに運気を上げていく、ということを、少なからず意識している人は、行動が変わってきます。

こんなことを書いているわたしも、人を非難したくて耐えられないことはあります。

そういうとき、どうするか?

・・・・・その場から逃げます。(笑)

逃げられない場合は、「なるべく逃げています」。

ずるい? ですが、逃げるのも智恵ですし、勇気がいる場合もありますよ。

どうしても耐えられない場合は、「一度大きく発散して、後は忘れます」。

本当に気の置けない人にだけ発散させてもらっています(関係者にアリガトウ…^^)

社会や制度、公のものへの意見はきっちりといいたいわけですが、陰での個人攻撃には自分への不満のはけ口のようなものが入り込んでいると思われます。

不満をどれだけ吐いても運気はあがらない。

現実逃避、悩みは仕方ないけれど、ダレカを攻撃したって、自分の運気は上がらないのです。誰もあなたを見直してなどくれないのです。

そんな簡単なことを、実感できるとできないでは、ずいぶん違いが出てくるようです。

不満を向上心につなげられたとき、運気は変わってきます。やはり、勇気のいることです。

どんよりデーに説教臭かったですか? まわりの方々を見ていて実感させられてきたことなのです。

そうそう、口が悪いのと、悪口を言うのは、違いますからネ。議論が口論のようになるのも、悪口とは違います。

いつもありがとう☆占い人気ブログ・ランキング☆

2006年7月18日 (火)

音、音、音。ラッキー?

Operaa_400よく降りますね。

昨夜は、雨の中、やや遠方のコンサートホールまで、浴衣で出かけてみました。浴衣と草履で電車や街にいるのは、想像していたよりもずっと気分がよかったです。人の目も気にならなかったし、やみつきになりそう。

会場の行き帰りに雨がボツンボツンボツンと落とす音と、スカパラダイスオーケストラの弾け渡る音響に包まれて、幸福なひと時を過ごせました。

夏は、ライブと、お祭りだ!

…なんて、人間離れした有様で?!体を揺すっているお客さん達を見ながら、思いました。聴衆のハッピーな様子につられて、わたしも、後半はかなり、揺すってました^^; 久しぶりの感覚。誘ってくれた若い友人に感謝、です。

最近あった、いやなこと、全部、忘れてしまっていました。

家に帰って深夜、不快な電話があったのですが、それも、「もういいや。気持ちだけは揺すられないようにしよう」と冷静に考えられるぐらいの、プラスの気に満たされていました。

それほど、ずいぶん、浮かれて帰ってきたのでしょうね。…家の前で財布を落としたことに全く気づかないで、就寝。

そして早朝6時半。ピンポンピンポンピンポンピンポ-ン!と狂気的に鳴るドアベルに、ギョ!! 変質者に違いない。無視。深夜、早朝の電話、訪問は経験上、ロクなことがありません。無視。それでもピンポンはなりやまず。ピンポンピンポン!「ひとおさん!」ピンポーン!!!

おそれおののいて出てみると…、大家さんでした。

「あなた、財布を落としたでしょ!」

あぁ、変質者に狙われたと思ったら、なんてラッキーなわたしなんでしょう。涙が、こぼれました(←嘘ですよ)。

今日も雨。

湿っぽいお部屋で、水浸しになったわずかなお札、種々カード類(クレジットカード、会員証、診察券)、健康保険証、免許証、献血手帳、割引券、回数券、お守り…を、一枚一枚そっとはがしながら、そっと並べながら、そっと乾かしながら、、、

油断大敵」と、つぶやきました。

でも・・・

早稲田・穴八幡の「一陽来復」のお札は、ラミネートされたまま元気なお姿^^

何も、なくさないでよかった。

わたしは、ツキに見放されていないよねぇ、と、思えました。それは、身近な人や友人や大家さん!やお客様や、いろんな人のおかげなのだと思わなければ。そして、少しは、わたしも、がんばっているからだよネ、と思ったり(自画自賛はほどほどに?)

この夏は、もう一度ぐらいライブに、できたら野外ライブに行きたいなぁ、と、思っています(お誘い下さい^^)。雨音よ、アンコールはほどほどに。まぶしい響きを、待っています。

いつもありがとう☆占いブログ・ランキング☆

2006年7月14日 (金)

覚悟を決めてみる?

Box_b_heart02実際に生まれた日と、戸籍上の生年月日が違う人がいます。50、60歳以上の方に多いですね。早生まれの関係など、親心?や、家庭の事情などにより、お役所に届け出た日が違うわけです。一日違いもあれば、ひと月違う人もいます。生まれ年が違う人もいるでしょうね。

そういう人の場合、誕生日で占うときは、どちらで見るか。

もちろん、わたしは、両方の命式(宿命の図式)を用意します。それから、お会いして、お顔を見て、お話をとことん聞いて、話される様子などから、その人を感じます。その感じから、実際の生年月日と、戸籍上の生年月日のどちらの宿命が稼動しているかを判断します。

必ずどちらかに決めます。決めた後は、稼動していると判断した生年月日に基づいて鑑定していきます。もう片方も参考にはしますが、ほとんど使いません。

そうでないと、わけがわからなくなってしまうからです。

実際に生まれた日の性質・宿命が稼動している人のほうが多いのですが、いわば偽りの誕生日の宿命が稼動している人もいます。偽りの誕生日でも、好んで長く使い続けているうちに、その誕生日の気が備わってくるのでしょう。

「血液型A型だけど、いやだからO型として生きていく」というのとは、ちょっと違う話です。

もともと自分に関係した縁のある宿命から、「選ぶ」という話。

それに関連して言えば、たとえ同じ誕生日に生まれて、命式は同じでも、仕事メインで生きている人と、家庭メインで生きている人の性質や宿命の現われ方は違います

命式は、様々な星と星との組み合わせでできあがっていますから、どの部分をいかした生き方をするか本人が決定することで、稼動する星は変わってくるのです。

選べる、というのが、よいと思いませんか?

すべて占いに導かれたい人には、向かないかもしれませんが。

・・・選ぶ、ということは、選ばない部分を犠牲にする、という意味でもあります。

けれど、そのぐらいの覚悟がなかったら、人生なんて切り開けないと思うんです。

そういう観点から、わたしは、東洋の占星術、算命学のとらえ方がとても好き。

選ぶにあたっては、自分の星の構成をよく知らないことには、はじまりません。

よい部分も、困った部分も、かなしい部分も、凡庸な部分も、もちろん才能も! 自分の星を受け入れてあげることから、スタートする。これが、簡単そうでいて、結構、難しい。

難しいけれど、運命学のいちばんの肝ではないか、面白い部分ではないかと思っています。わたしがハマってしまったゆえんです^^

・・・それにしても、今日も、大変、もわぁ~っと、暑かったですね。気づけば連休。英気を養ってください。お仕事の方は、どうか体調を崩されませんように…。甘えられる人には甘えてください。

いつもありがとう☆占いブログランキング☆

2006年7月13日 (木)

気持ちなら、上昇していいから

Tsubu02_400dお久しぶり。ニフティのブログのメンテナンスのため更新をお休みしていました。これでブログ更新時の重たさが改善されたのならよいと思います。

ただ、ニフティのココログは悪くはないのですが、携帯電話から閲覧できないことなど多少の不満点があり、秋ぐらいまではこのままでと思いつつ、引越しも検討中です。

それにしても、今日も…蒸し暑かったですねぇ。涼しいお部屋にいられるだけで天国気分。 電車内や街中で、髪を束ねたスタイルの女性が急に増えた気がいたしました。 ええ、わたくしも、暑さに耐えられず、また、浴衣デビューに備えるべく、今日から髪をアップにして張り切って?おります。

髪型やメークでも、運気は変わるものです。

わたしが、手相を習いたての頃、担当の年配の先生から、よく言われたものです。

「ヒトオくん!前髪をあげなさい。女性が額を隠すのは運気が下がる。眼鏡もよくないよ。」

毎度毎度、言われて、気にはなるのですが、でもね、結局、今でも眼鏡は愛用していますし、前髪も垂らしたままです。

こういうの、運勢的にはどうよ? などと思わないこともないのですが、前髪をあげるとバランスが悪くなってしまうし、コンタクトは体質に合わないので。それに…、眼鏡というモノが、好きなのですね。

人相学については詳しくありませんが、不本意なことを、運勢を上げるためだけにやるのはどうかしら?と、思うほうです。人相だけでなく、たとえ吉方位だとしても、行きたくないと感じる方向へは動きたくない。…運勢を上げたいからやりたい!という気持ちが高まれば別ですが。

そのかわり、例えば信頼している美容師さんから「こうすれば素敵ですよ」と言われたり、センスのいい方から「こんなアクセサリーも似合いますよ」と言われれば、「そうかなぁ~~~(ギモン- -;)」と思いながらも、素直に試してみるほうです。実際に、それで似合って、なかなか素敵と自分で感じられれば、気持ちがぱぁっと明るくなります。人と会うのも楽しくなったり・・・

同様に、占い師仲間から「○○日に○○をするとよいそうだ」と聞いて、それが、面白そう~!元気でるカモと感じ、マイナス要素がないことを確認したら、とりあえずノッてみます(笑)

また、書かないほうがいいことを書いてるかしら?

・・・そういう、気持ちの上昇度を、大事に思っているのです。

運勢、時期、名前、方位など、情報をお伝えする仕事をし、自分も要所要所で占断を利用しているわけですが、重んじるのは、気持ちの上昇度です。

・・・暗くなる占いはだめですよ。

いえ、お好きな方はよいのですが。わたしは、だめと考えるほうです。

ついでに・・ 暗くなる友だちはだめですよ。

性格が暗いとか明るいとかとは別のことです。ヨイショしてくれる友だちがいいということとも違います。

占いの勉強を重ねるほどに、かえって、わたしは、そういう思いが強くなってきています。

いつもありがとう☆占いブログランキング☆

2006年7月10日 (月)

愛するか憎むか?体力が問題だ

Box_w_moebius_2すっきりしない空模様。体の中まで湿ってきそう。からだを適度に動かして、体内乾燥したいですね。雨が大きな被害をもたらしませんように・・・

昨日、古いモノを処分しようと片付けていたら、「日めくりデキゴト史365」(北嶋廣敏著)という本に目がとまりました。発行されたのが昭和63年と古いのですが、暦は古びないからなぁ~と、ページを開いてみました。(これをやっているから、なかなか片付かない…)

7月9日は、ロシアのエカテリーナ2世が、愛人達をそそのかし、夫のピョートル3世を帝位からひきずりおろしたクーデターの日だとか(1762年のお話です)。

なんでも、ピョートル3世は性的未熟者のため、エカテリーナ2世が作った愛人は200人とも300人とも言われています(さ、さんびゃくにん…)。肉体的欲求が余りに違いすぎては、やはり夫婦円満というわけにはいかないのでしょう。その点、手相では、親指の下、生命線に囲まれた丘の面積、膨らみをチェック、です。同じような膨らみなら、(夜のお話だけでなく、行動全般において)二人三脚が容易です。

夫は夫として飾っておいて、割り切って楽しむという選択肢もあったと思うのですが、エカテリーナ2世という人は、愛憎(欲望)の強い人だったのでしょうね。欲望激しい人には、(個人的好き嫌いは別にして)強い生命力が感じられます・・。

「女というものは愛するか、さもなくば憎むしか しないものだ」なんていう、サイラス(どのサイラスか不明)の名言が、付け加えられていました。どうでしょう? 

ちなみに、今日7月10日は、フランスの詩人、ランボーとヴェルレーヌ(2人とも男性)の恋愛に破局が訪れた日(1873年)。別れ話をもちかけたランボーに、ヴェルレーヌが発砲。ランボーは死にませんでしたけど、以来、2人が会うことはなかったとか。

古今東西、激しい生命力が生む激しい愛憎劇が、暦に刻まれてきているわけですが・・・、昨今は、この手のお話よりも、凄惨、冷酷な事件ばかりが目に付きますね。そして打算的な関係、婚姻なども…。ドラマや映画の純愛モノがヒットするのは、ちまたに愛が足りないせいでしょうか。

愛するにも憎むにも大変なエネルギーがいるわけです。「手っ取り早く」はできません。私たちのエネルギー、何かに吸い取られているのかもしれませんね。

いつもありがとう☆占いブログランキング☆

2006年7月 8日 (土)

かわいいひと。

Glass_blocka_400_1昨日も暑かったですね。大量の汗をかきかき、一日終了。夜空を見上げると、ぼんやりと月が。厚ぼったい雲の衣に包まれて、存在をささやかに主張していました。雲のあちらで、織姫さん、彦星さんは無事出会えたでしょうか。

昨日は、渋谷のショップ isola BELLAでスカパーの番組の収録でした。注目のスポットを、売り出し中のアーティストが紹介するというコーナーらしいです。

midnightPumpkinの女性ボーカルwakanaさんの手相を鑑定しました。はっきりした二重知能線の持ち主。大胆さと思慮深さをあわせもった、才知あるかわいい方でした。

運命線の変化も明確で、探究心をそそられました。大勢のギャラリーに囲まれた鑑定のため、ツッコミ足りなかった点もあり残念ですが、ユニークな手相とキャラクターに出会えて嬉しかったです。

夜は、かわいい人と……授業…。それにしても、今、私のまわりには、かわいい人(なぜか女子)が多い、と、つくづく。ハイレベルの「かわいい女性保有率」を誇っております。誰に、誇っていいのかわからないですが。

かわいいというのは、のっぺりした美形とかではなく、やはり、内面のかわいさ。私にとっての、かわいさとは、清濁せめぎあっている葛藤の中から発光してくる光、のようなもの、に感じられます。だから、ちょっと複雑なかわいさ。

私は、そんな複雑なかわいい人たちの生きる様に見とれているのが、ただ、好きなのかもしれません。生きているだけで、あなたは美しいと思う。だから、ときどき、言葉の足りない占い師になってしまうかも。…それで金とるなって? ごめんねー。(精進します)

いつもありがとう☆占いブログランキング☆

2006年7月 6日 (木)

こんな日があっても。ネ

Water_candleb_215なにやらきな臭いニュースありましたね。大海原の中にポツンと浮かんでいる頼りな~い島国だってこと、ときどき、意識させられます。

昨日はとんだ日でありました。出張仕事に行ったら、どうも食あたり…。嘔吐がおさまらずトイレ借りっぱなしで(失礼)お仕事にならず、帰途非常用にビニル袋を持たされて(失礼失礼。そして気のつく親切な方に感謝^^;)早々に退去してきたのでした。そういえば、午前中に食べたビーフンがやばかったかもぉ・・・ また書かなければよいことを書いております。

このところ、身内のゴタゴタに気をとられていて、自分の体調管理そっちのけだったこと、反省。気づけば、お腹の調子を整えたり免疫力を高めるハーブも切れたままでした。

食べ物の傷みやすい季節です、、、。みなさまも、お気をつけ下さい^^(テレ笑)

わたし、左手の生命線に切れ目があるのです。ちょうど今ぐらいの年齢の箇所。抵抗力や体力が弱まるサインです。怪我、病気をしやすい時。わたしの場合は補助線があって救われており、右手の線はきれいなのですが、それでも、注意する必要があることには変わりありません。灯台下暗し…か、つい忘れがち。

心が平穏でも、からだが崩れると、そのままでいられなくなってしまう。

自分が元気でないと、人の心配どころじゃなくなってしまう。

人の心配ができないと、ますます元気がなくなってしまう。

でも、元気すぎても、元気じゃない人の心はわからないもの。

バランスが大切、ですね。

安静にして落ち着いた静かな夜に、人恋しそうな電話が1本、心配なメールが1通。

触れ幅が大きい人は、大変です。あがく。人をまきこんで。あるいは、まきこみきれなくて。でも、なんとなく、言葉は悪いかもしれないけど(気に触ったら許してね、メールのあなた)、そんな人にこそ、生きることの意味を見せつけられます。一生、そういうこと考えていくのかも。…食あたりから話が大きくなりすぎだっ(失礼)

今日は渋谷isola BELLAの鑑定日。13時~。ビニル袋は持たずにまいります^^;

いつもありがとう☆占いブログランキング☆

2006年7月 4日 (火)

星に願いを。

Penpen01e_500_3暑いですね。中田英寿選手、現役引退宣言。思い切りましたね。少々思い切りすぎでは、とも思うのですが、新たな旅路に期待します。そしたらいよいよ結婚かな。(短絡的?)

だってね、仕事が伸び悩むときは家庭やプライベート充実、家庭がうまくいかないときは仕事や友だちづきあいに満足を求めるようにするのが、自然です。

中田選手の話はさておき、うまくいかないところにこだわっていじくり回すと、運気が上がりません。

うまく回るところから稼動させていって、全体の運気を上げていくのが理想的。うまく回るところ、伸び悩みそうなところ、トラブりそうなところは、算命学により見当が付けられます。 私にとっての占いは、たんにアテものではなく、貴重なツール。上手に使おうとすれば、実に役に立ってくれます。むやみに振り回しても、敵は倒せないのです。(敵?^^;)

ただ、わかっちゃいるけど、簡単ではありませんね。

うまくいかないことに、ひとはこだわるものだから。

うまくいかないことを、どうしても自分の思い通りにしたいとこだわった瞬間に、苦悩の種が蒔かれてしまう。 苦悩の種が撒かれると、苦しみで心がいっぱいになり、現実的に効果のある行動をとることが困難になってしまう。かなしいのです。

苦しみは、すごいエネルギーにはなるのだけれど、苦悩の種の撒かれる前の状態に戻す役目は果たしてくれない。

・・・とりとめなく、今日も書いているのですが、あなたが、七夕の短冊に書くとしたら、今の願いは何でしょう。

わたしといえば、今年前半が過ぎてきて、ほぼ占い通りに^^、いやな思いや体調不良などはあるわけですが、その分、片付くものが片付いて、今まで気づかなかったことに気づいたり、いい出会いがあったり、プレゼントもたくさんもらえている年だなぁと感じています。周囲の勇気ある人、前向きな人、面白い人、明日のためにもがいている人たち、そして運命学のおかげかもしれません。下半期も、転んでもただで起きず。前へと進みたい。

短冊には、努力次第で実現可能な夢を書きます。

本サイトのウィークリー・メッセージ、更新してあります。興味のある方は、ご覧下さいね。今日は手相教室の後、浴衣の着付けを習うのが愉しみです。のちのち着物で暮らしたいので、ささやかな第一歩? これも、実現可能なかわいい夢デショ。

いつもありがとう☆占いブログランキング☆

2006年7月 1日 (土)

柴咲コウさんの引力本能

Applea_small今さらですが、やっと見ました、「メゾン・ド・ヒミコ」。さほど複雑でないストーリーが、ここまで魅せてくれるのは、撮影やセリフなど細部へのこだわりと、魅力的な出演者のせい? 

オダギリジョーさん目当てで見たわけですけれど^^、堪能しましたけれど^^、西島秀俊さんもいつもながらよかったですけど^^…、サオリ役の柴咲コウさんに、わたし、改めて開眼いたしました。ブス役や(全然ブスになってないけど…)クセのある役をすると、その俳優さんの力量がわかりますね。

柴咲コウさんのお誕生日は1981年8月5日。辛酉年、乙未月、乙卯日生まれの25歳。21歳から30年間、変剋律という名の特別な期間に入っています。大運天冲殺同様、ブレや迷いは大きいけれど、人によっては制限ナシの成功運気。人やお金を引き付ける引力本能の「土性」が回っていい循環。 21歳は、ちょうど、映画「GO」などで注目されだした頃。2001年は、東方(仕事の場)が活性化し、勢いの出た年でもありました。

守りの「木性」の多い柴咲さん。つべこべ言わずに?体を動かし、仕事をして「金性」を発揮することで、バランスがとれ世間に評価されていきます。葛藤多く、波瀾を含んだ宿命ですが、常に改革の精神を持って新しい役柄にチャレンジ。子丑天中殺の底力で大女優になられることでしょう。頑固で気が強く、それでいて憎まれない愛らしさを持った得な人・・・。

俳優さんを見ているだけでも満足できる映画は、いい映画なんじゃないかなと思います。うまく作ろうとかそういうことよりも、スタッフの愛が(ときに偏愛でも^^;)伝わってくるような映画が好きです。

いつもありがとう☆占いブログランキング☆

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

占いのおはなし(過去記事)