フォト

鑑定依頼はこちらから

Twitter

おすすめリンク

クリック募金


おすすめリンク2

無料ブログはココログ

« 気持ちを新たに10月 | トップページ | 手のひらのお月見 »

2006年10月 6日 (金)

占い師失格

09s_1よく降りますね。

雨は、ひとを内省的にさせます。雨は、靴下をびしょびしょにさせます。雨は、「ったく、いい加減にやんでくれよ」とグチらせます。わたしは、よく、雨の道路や電車から降りる際に滑ります。「おっとっとっと」と、おシャレして澄ました顔で思い切りズっこけている人がいたら、それはわたしかもしれません。雨は、思い出をつれてきます。

雨の日は…、あたたかいもの、あたたかいこころが嬉しいです。今晩のメニューはなんでしょう。

…先日、「いろんな占いの中で、算命学がいいと思うところは何ですか」と聞かれました。

「とらえ方が、おおらかなところ」と、答えました。

また、「手相の面白いところはどこですか」と、生徒さんとよく話します。

「みんな違うし、時間とともに変わっていくところ」と、たいてい答えます。

では、易やタロットカードの好きな理由は何ですか、と、自分に尋ねてみると

「開くまで答えが、わたしにもわからないところ」。

…ある雨の日。渋谷で以前勤めていた占い店に、ふらりとみえたお客様。別れた彼のことをカードでみてほしいと。

「彼は、わたしのことをどう思っていたのでしょうか」。

もう別れちゃったんだから、わたしは、占うのがいやなのです。

一生懸命別れたんだから、もう、いいじゃないですか。

「彼に、愛情はあったのでしょうか」。

…ゴクリ。何か強い感情が、わたしの中にわき上がりそうになるのを無視します。

後戻りするつもりはない。だけど、知りたいのだと。

さくさくさく…とカードを切って、しとしとしとと雨が空気を湿らせていて、ふつふつふつと二人のまわりに見えないドームが盛り上がって覆われる、そんな感じ。

さくさくさく…

わたしはときどき、占い師失格になります。

開いたカードに、大きな愛情のしるしを見つけた途端、ジワリと胸が熱くなりました。彼女に告げて目を合わせると、彼女の目も、潤んでいました。

「よかった」と、それだけ言って、うなずいて、彼女は帰っていきました。

その場限りの関係性の中に、友人の相談を聞いているのとはまた違う胸の痛さが、ときどきあります。そのことが好きなのか苦しいのかわからなくなる。わたしは、ときどき、占い師失格なのです。

いつもありがとう☆占い人気ブログランキング☆

« 気持ちを新たに10月 | トップページ | 手のひらのお月見 »

うらないごと 全般」カテゴリの記事

コメント

ハリ丸さん、
ありがとうございます。
横浜の○さん?だれだろう^^



バルカンさん、
今日(昨日)は洗濯日和でしたね。わたしもこれでもかっ!というぐらい洗濯しましたが、わんぱくっ子のいるバルカンさんちの洗濯量はハンパじゃないだろうなぁ。お疲れ様です!!

>終わってしまったからもう彼には聞けない。

そうなんですね。
「直接聞けばいいのでは」と一瞬思ったわたしはトーヘンボク!です。

…それに、たとえ聞いても、彼にも、わからないかもしれない。

じぶんの気持ちも、過ぎてみると、わからなくなること、多いですもんね。

「わたしは彼のことすきなんでしょうか」って聞かれることもあるから・・・



のんこさん、

目がいっちゃっている…って^^;
コラコラ

一見コワそうな(失礼)のんこさんが、実は情深いということが、そういう方たちには見抜かれているようですね!



あゆ☆みchan!

スパッとしているのはあゆ☆みちゃんでしょう^^

ハロウィンタロットで占ってほしいですよ。

しかし、

>時間の色を変えてくれる

って、詩的ですねぇ、表現が。自分のことはさておき、言葉にうっとり~


「時間の色」について夢想していてまた電車乗り過ごしそうです♪

私も何回、恵美花先生に元彼の事をカードで見てもらった事か。。。笑


恵美花先生のタロットは
時間の色を変えてくれる所が好きです
灰色だったものが黒か白に変わっていく。

カード一枚でも色々な意味があるのに答えを曖昧にしないでスパッと言葉をくれる所が好きです

私のところには、目がいっちゃっているお客様は来ますが、「彼に、愛情はあったのでしょうか」などと聞くお客様は来ない。それは、やっぱり先生が答えるべき質問だったのでしょうね♪

雨・雨・雨・・・
私は洗濯物が困ります( - ゛-)

そのふらりと来た女性の気持ち・・・
よ~く分かります。
終わった事だけど、聞きたい。
終わってしまったからもう彼には聞けない。
終わってしまったけど、せめてその時は愛があったと思いたい・・・
ものすごく分かります。
私も同じ事を思いました。
本当にあの時は愛があったのだろうか・・・と。
それだけは信じたい気持ち。

占い師失格なんて事ないです!!
その彼女は恵美花さんの占いで救われたのだから・・・
そこから前に進めたのだから・・・。
(o^-^o)

占い師は占いマシーンであるべきじゃない。占い師である以前に一人の人間であるべきだと思う。
emi-kaさんにもそういうところがあるから魅力があるし、いい顧客もつくんだと思う。
「私って感情が入っちゃうからタロットって苦手」といってテレ笑いしてた横浜のOさん、
あの人を思い出した。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154191/12174147

この記事へのトラックバック一覧です: 占い師失格:

« 気持ちを新たに10月 | トップページ | 手のひらのお月見 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

占いのおはなし(過去記事)