フォト

鑑定依頼はこちらから

Twitter

おすすめリンク

クリック募金


おすすめリンク2

無料ブログはココログ

« 開かれた窓 | トップページ | 続・新庄さん »

2006年11月 3日 (金)

われは生まれながらの変人ぞ☆新庄剛志さん

W_roseboxa_256_2気持ちいい天気の連休スタート。わたしは新しいお客様との出会いに感謝。

悩みがなくなって占いが必要でなくなるのが一番いいことなので、「またどうぞ」と強く言えない仕事ですが、新しい人に出会って、その人のこれからを付かず離れず見ていくというのが、わたしの好きなことではあります。

そして秋が来て、独立一周年。これからのことを色々考えます。目先のことでは、メール鑑定のやり方。これまでは、かなり労力をかけて、生まれ日による宿命の「命式」を細かく書いて解説していたのですが、占いに慣れないお客様には、いまひとつ理解しにくいところがあるようです。

専門的なことをわかりやすく説いてこそプロ。そこで考えを少し改め、お伝えする命式は最低限にして(もちろん自分では詳細に算出)、そのかわりに、お一人お一人にお手紙を書くようなスタイルで、文章化するようにしました。文章できちんと伝われば、詳細な命式による根拠を示さなくても、かえって納得してくださるようです。こういうことも、試行錯誤で進めています。意見や感想があれば伝えて下さい。必要ならば、従来の完全な命式もお送りします。

・・・

では、命式を伝える練習してみましょ。

興味のある人がいたら、普段でも細かく命式を出して検証しているのですが、最近、出したもので興味深かったのは、日本ハムの新庄剛志さん。突然の引退宣言から、日本ハムの44年ぶり日本一まで、ドラマチックに野球界を盛り上げていましたね。

派手な目立ちたがりやなイメージから、血液型はB型で(ごめんB型の人)破天荒な辰巳天中殺かなぁ、なんて最初は想像していたのですが、調べてみるとブッブー!外れ!一見、地味な印象もある子丑天中殺のA型でした。

1972年1月28日生まれの34歳

「一見地味」と書きましたが、ハメを外すとなったら途方もないのも「子丑天中殺グループの人達。(居酒屋さんでひときわ賑やかなのは子丑と、あと寅卯の女性です^^;)未来に生きるタイプなので、基本的にめげません。転んでも、常に前方に救いを求めて、たくましく生きていきます。若い頃よりも、キャリアを積んで、自分の後輩、部下、年下の仲間が出来てくる頃から実力を発揮します。

それから、新庄さんは、「生月宿命中殺という、生まれながらに「変人」のお墨付きをもらった人です。(安倍総理や小泉元総理も同様。今は変人の活躍する時代なんですね^^)

社会常識から外れたユニークな発想、感性の持ち主ですから、普通の組織にはおさまりきれません。とんだはみ出しモノになるか、時代のヒーローになるかどちらかです。

皆様の中に、「生月宿命中殺」の人がいたり、子どもさんがそうだったら、「普通に生きよう」「普通に育てよう」なんて思わないことです^^ 

そして、新庄さんの星を見ると、自分をズバリあらわす胸の星は「石門星」で、自然と仲間を作り、リーダーシップを発揮する人。上とも下とも誰とでも対等意識ですから、若いときには「ナマイキ」なやつと思われがち。年下、後輩にはよく世話を焼き「偉そうだけどフレンドリー」なので人気があります。

周囲を意識しないではいられない人です。特に、中殺現象というのが加わって、仲間作りを意識する余り、自分の本音と違うことを言ったりやったりすることもあります。あるいは、余りに度が過ぎて集団を追い出される危うさも、あわせ持っています。

ですが、不思議と、彼が人から好かれるのは、「天印星」という赤ちゃん星のせいです。なんとなくかわいい、憎めない、放っておけないという気持ちにさせます。

それでいて、「天将星」という帝王の星もドカンと持っているのです。自分が一番、プライドの高い星です。こういうタイプの方は、ほめられたり注目されたりするほど、限度なく頑張ります。赤ちゃんで王様なんですから・・・・ 放っておかれたら、いいとこないでしょ^^

禄存星」という魅力の星も、一番目立つところに持っています。魅力的に見せたいし、自然とそう見える。また、誰にでも親切で、必要とされれば頑張って相手に尽くすのです。

彼のまわりにも、また、魅力的で、気のいい仲間が集まってきます。魅力的な異性も集まってきます^^; ですから、奥さまは、赤ちゃんで王様でモテモテの夫を、手のひらに載せているような寛容さとか母性本能がないと、とてもやっていけないとお察しします。

外からは華やかに見える新庄さんは、家庭では古風な面を見せているはずです。「玉堂星」という、伝統的で保守的な星があるからです。もともと、頭の回転が早く賢い人ですが(学校の成績とかは関係ないのです)、結婚すると、ますます知恵がつき、社会に認められやすくなります。

ただし、家庭はホットとは言いがたいのです。新庄さんは、奥さんに対して、家をしっかり守る「目立たなくても強い妻」を最終的に求めます。また、結婚すると、妻と母の間にじわじわっと溝が出来やすい。母親を大事にする彼だけに、奥さんにとっては、ここが問題です。嫁姑は程度の差はあれ葛藤のある関係ですが、この家では、新庄さんは最終的にはお母さんに情をかけますから。しかし、いざ勝負となると妻が強いのでちょいと波乱を含んでいます。

お相手の大河内志保さんとは21歳の頃からの仲なんですね。結婚は2000年28歳。

急速に結びつきやすい相性で、お互いに優しい面にひかれあったと思います。新庄さんが怪我をした時に仲良くなったそうなので、子丑天中殺の不運を、午未天冲殺の大河内さんが止めてあげたということになります。

急速に結びつく関係の人達が結婚すると、片方が急速に成功することがあります。その時に、相手の成功を自分のこととして喜べるか、あるいは「自分ばっかり目だって」とひがんでしまうかで、このタイプの結婚の将来は決まります。

大河内さんは、ソフトな見かけよりも、かなりの頑固者のようです。その頑固さで新庄選手を支えているものか、放任しているか^^;定かではありませんが、一部ゴシップで「離婚秒読み」なんて記事を見ると、ちょっとだけ心配になります。

大河内さんは、若い頃の職場結婚的な出会いが宿命通り。結婚は一回運。離婚再婚しても、新庄さん以上の人に出会える可能性は薄い。だから、マイペースな妻を貫いていたほうがいいんですよー、新庄選手の奥さんは誰にでも務まるわけではありません、と、他人事ながら思います。

そして、新庄選手のことに戻ると、彼は、芸術性、感受性の強い星調舒星」を2つも持っています。完璧さを求め、完璧に出来ないと思うと失望してしまう弱さ。阪神時代の引退宣言&撤回宣言も、うなずけます。「天印星」が中殺されて、ふっと無気力になってしまう面も持っています。

そうはいっても、今回の引退は、時期を得ているとわたしは見ます。

本来、27歳から20年間の「大運天中殺」(波乱と成功の運気)期間を持っている彼。今、大運天中殺まっさかり、と、見ることもできますが、実際には、17歳から阪神で活躍し始めた彼は、もっと前の17歳からの時期に、大運天中殺に入ったとも見られるからです。

すると、今は、大運天中殺に大きな成功をして、体力が尽きかけてきた頃。再来年からの子年・丑年の「年の天中殺」には体を充分休めて、天中殺明けから、また新たな分野を開拓してほしいと願います。今まで以上に、機転の効いたSINJOにビックリさせてもらえるはずですから。

・・・と、こんな感じ。どうしても専門用語が入ってしまいますね。わかりやすかったかなぁ。

ちなみに、ニューヨーク行きの時期は、伸び率が少ない、余りよくない時期なのでした。けれど、彼は、どんな体験も無駄にせず、悔しさを決して忘れずバネにして明るく未来に伸びていく人です。

いつもありがとう☆占い人気ブログランキング☆

« 開かれた窓 | トップページ | 続・新庄さん »

うらないごと 算命学」カテゴリの記事

コメント

バルカンさん、コメントありがとうございます。

そう、算命学だと、だんなに見せる星、友達に見せる星、子どもに見せる星、親に見せる星、そして本当の自分の星… っていうふうに、色々あるんです^^

そして、「なるほど星通りだなぁ」っていう人は、悩みがあってもどこかイキイキしていますし、「どーも星と違うなぁ」と感じる人は、ちょっと苦しそうな顔をしていて、気にかかります。

新庄選手の手相をまたサイトで見つけたので(ちっちゃいけど)次にのせますね♪

スゴイですね・・・
一人の人間の中に沢山の星があるんですね。
ビックリです!!
でも、他人事だけど(・m・ )
すごく分かりやすくて面白かったです(o^-^o)

また手相とは違い、奥が深いですね~
(・0・。)

ruiさん、コメントありがとうございます。

実際のメール鑑定は、もっと詳しいですよ~^^;分量的には、前とたいして変わっていません。

ただ、大運とか守護神とか陰占の細かなことは省いて、その部分は必要なところだけ、相談内容に応じて、文章化しています。

相性についても、記号よりも言葉であらわそうと努力してオリマス。

ruiさんのような方もいるから、じゃ、最初に、この人はこむずかしいの好き派か、わかりやすいの好き派か、まず、そっちを占わなくちゃいけませんね!?

もちろん、メール鑑定の送信時に送っているよりも、準備には、さらに細かくデータを算出しています。それも知りたかったら(笑)今度お会いしたときにでも、じっくりとネ♡

ぎサン! 久しぶりです。

連絡来ないかな? どうしようかなと思っていたところです。メールしますね。話はいろいろありまするよ。 

とってもわかりやすいって思いました。
(´∀`)
でも・・・何でだかわからないのですけど
自分の時に出して頂いた「鑑定結果」の方が好きかなって。(ごめんなさい!)
どうしてなのか考えてみたら
真実味を感じると言うか、なんですかね?
難しそうなのが好きという私のただ単純な好みで書いてしまっているのかも。。
あ~でも、こちらの方がやっぱりいいのかも。
う~~ん・・悩んじゃう(汗;

あぁおもしろかった。 一気に読みました。命式見ながら、勉強にもなりました!
そろそろ、予てからのお約束、いかがですか~?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 開かれた窓 | トップページ | 続・新庄さん »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

占いのおはなし(過去記事)