フォト

鑑定依頼はこちらから

Twitter

おすすめリンク

クリック募金


おすすめリンク2

無料ブログはココログ

« 死ぬな | トップページ | 素直なこころで前進を »

2006年11月11日 (土)

大事なじかん

58m金曜日は、ご無沙汰していた占い師の後輩のお家へ遊びに行ってきました。

軽くお茶…のつもりで行ったのですが、たくさんご馳走していただいて。「もう食えん」と言っているのに…、次々出てきて、デザートのスポンジケーキも「つぶせば小さいんだから入ります!」などと言われて、苦しくって涙がでました。

うそ^^ どれもおいしくて嬉しかったです。…涙?は、彼女と元気な(元気すぎる?)赤ちゃんの顔を見ることができたからかも。赤ちゃんも、親に似てズル賢…おっと、利発で人の本質を感じとれそうな子で随分わたくしオモチャにしていただき…、可愛かったなぁ♡

同じ職場にいなくても、気持ちの通う人は、いつまでも仲間です。しんどい現場で、頑張っていた姿、いろんな姿を忘れない。…仲間がいるって、気にかかる人がいるって、いいことです。元気が、出るものです。

「仲間」の定義は何、って?

ソレは、

いろんなところが違っていても、、、わたしがあなたを大事に思うように、あなたもわたしを大事にしてくれているのが、言葉には出さなくても自然に感じられる。そういう関係?

そんなふうに感じられることが、元気を出させてくれると思います。わたしは、そういう面では、恵まれていると感じています。それにしては、そっけない仲間で(食べてばっかりで)ごめんネ。ありがとぅ。次回は、昼食を抜いて行くからね

いつもありがとう☆占い人気ブログランキング☆

« 死ぬな | トップページ | 素直なこころで前進を »

日々のわたくしごと」カテゴリの記事

コメント

ぎchan、本当にご馳走様でした。

>鶴瓶似

^^;

ごめーん!根に持たないでくださいー。笑ってない時と笑ったときのギャップがあって可愛いから♡ かなりすりこまれたみたいで、帰ってからあの笑顔を思い出してニヤニヤしてました。
よいこ、です、ほんとに。

そして、コメントの言葉はわたしには身に余りますが…。わたしも、デビューした時に、影響を受けた先生を思い出しました。授業は習ったことはなかったんだけど、その人と浅草花やしきで初めて並んで、緊張し、頑張らなくてはーと思ったことが、その後の自分の取り組みにつながっていると思います。グチ、悪口など口にすることなく、占いや心理系の勉強が大好きで公私の区別をきちんとされる方でした。

今でも、その先生に恥ずかしくないように、と思って文章など書いている部分があると思います。

人は必ず誰かに何らかの影響を与えているよね。

ぎchanの生き方も、きっと影響を与えることでしょう。

「仲間」と呼んで頂ける事、とても光栄に思います。 占い師を志した最初の授業のとき恵美花先生が現れて、「こんなに若くて綺麗な人が占い師??」と私の中の占い師の概念(どんなひどかったんだ)が崩れ落ちたのでした。どんな現場でも背筋を伸ばして、凛としていた先生、同じ現場に立つと適度な緊張感が心地よかったです。 
鶴瓶似(!)のうちの娘は、先生が帰った後、電池が切れたようにすぐ寝ました~。
次回は、ハラペコでいらしてくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 死ぬな | トップページ | 素直なこころで前進を »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

占いのおはなし(過去記事)