フォト

鑑定依頼はこちらから

Twitter

おすすめリンク

クリック募金


おすすめリンク2

無料ブログはココログ

« 一年の計は元旦に | トップページ | 関連の中で生きている »

2007年1月 4日 (木)

一陽来復。ふたたびきざす光

P1000074 今日から仕事始めの方も、いらっしゃったでしょうね。

ですが、街はまだ、のんびりムード。営業をはじめた美容院や床屋さんで、頭をさっぱりと整えている人の姿を、あちこちのウィンドー越しに見かけました。

出遅れた^^;今年のわたしの初詣は、いつものように、地元の熊野神社で身内の人達の健康祈願。そして、早稲田の穴八幡宮へ。金銀融通、商売繁盛の神様として知られ、冬至の日から節分まで頒布している「一陽来復」のお守りで有名です。

昨年のお正月にお参りして、節分の日にお守りを祭って過ごしておりましたところ、昨年は、マイペースではありながら、めざす方向へ続く仕事の基盤を少しずつ作っていけた気がしますので、感謝するとともに、また、お守りを求めてきました。

このお守り、お祭りする日時が決まっています。冬至、大晦日、節分、そのいずれかの日の夜中の12時です。恵方の方角へ向くように、反対側の壁か柱に貼りますので(わたしはポスター用の剥がしても跡が残らない両面テープを使用^^) 毎年、貼る場所が違います。

そのため、境内には、方位磁石を売るお店も出ています。 毎年のことですので、店の方も、訳知り顔で(失礼)方角や縁起物の講釈をしてくれて、そんなお話を聞きながらピカピカの磁石を眺めるのも愉しいです。

地下鉄東西線、早稲田駅すぐ。小さな神社で、華やかさには欠ける印象ですが、冬至の日やお正月は大変な人出です。けれど、4日ともなると行列はなく、静かにお参りを済ませることができました。

今日は、夕方4時だいぶ過ぎるまで、空が青かった。

人のほとんどいない通りを、飯田橋方面まで あてなく歩きながら、多少の不調はあるとしても、健康で今いることの幸せを思いました。「何はなくても…」です。そして、同じ空の下で、さまざまな思いでいるだろう知った人の顔を、ひとりひとり 思い出しながら、歩いていました。思い出せることの幸せも、思いました。

…知っている人は、ずっと元気で、あかるい気持ちでいてほしい。

永遠にずっと、なんてことは、願えないことなのだけれども。

願ってしまう。

願ってしまう。

願って、しまいました^^



P1000076

←お守りはこんな感じです。

一陽来復」。その言葉、その思考がわたしは好きです。

陰の気ばかりは続かない。陰極まれば陽となる。とことん冷たい冬の一日であっても、春の光は既に奥深くに生じて、順番を待っているのです。

つらい日々の中にも、希望の芽は隠れています。希望がなければ、ひとは生きられない。そして希望は、与えられるものでなく、見つけていくものだと思っています。


いつもありがとう☆占い人気ブログランキング☆

« 一年の計は元旦に | トップページ | 関連の中で生きている »

うらないごと 全般」カテゴリの記事

コメント

バルカンさん、年末年始おつかれさまです^^

笑えるときにはいっぱい笑っておきたいですよね。あとで、それが、力になりそう。

バルカンさんのブログで、今年も笑いと元気をもらおーと思っています。あとちょっぴりのドキドキも?!

本年もよろしくお願いいたします♡

遅くなりましたが(^▽^;)

今年も宜しくお願いします(o^-^o)

「一陽来復」
ステキな言葉ですね!!
本当!!人は希望が無くては生きていけないですよね(o^-^o)
私は・・・希望の向こうにある光が好きです(^ー^* )
「笑う門には福来る」
今年も楽しい一年にしたいです♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 一年の計は元旦に | トップページ | 関連の中で生きている »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

占いのおはなし(過去記事)