フォト

鑑定依頼はこちらから

Twitter

おすすめリンク

クリック募金


おすすめリンク2

無料ブログはココログ

« カバとゾウ | トップページ | 水瓶座の水でご勘弁 »

2007年3月18日 (日)

わたしのテーマ曲

W_roseboxb_256_1週末は、若い友人に誘われて映画「ホリデイ」の試写会へ出かけました。九段会館大ホールには妙齢の女性がワンサカ集まっていました。

映画には、キャメロン・ディアスをはじめ魅力的な男女が勢ぞろい。これで恋の始まらないわけがない。おまけに底意地の悪い人が(若干一名の不倫男を除いては)一人も出てこない、珍しいぐらいわかりやすくハッピーなラブストーリー。普段の自分なら見にこないだろう種類の映画でしたが、たまには、恋愛映画♡もいいものですね。

ホロリ泣き笑いして、心あたたかな気分になりました。キャメロンの相手役のジュード・ロウもとても好みで^^満足いたしました。

誘ってくれた友人も、「試写会は当たり外れがあるけど、自分が普段選ばない作品を見られるのがいい」と言ってました。それで、試写会招待があるとよく応募しているらしいのです。

ホロリとくる場面は色々あったのですが、わたしが一番印象に残ったのは、(美人なのに)男運のないアイリス(ケイト・ウィンスレット)が、休暇先で出会った太っちょな作曲家(「スクール・オブ・ロック」のジャック・ブラック)に、「アイリスのテーマ」を作ってもらったときの表情です。

誰でも、自分の人生の中では、主人公のはず。

それなのに、いつのまにか、脇役を演じはじめてしまう人がいる。どうしてあんな男を振り切れないの? …脇役から、降りることができないでいる。

最悪の事態をきっかけに、自分が主役の人生を取り戻すチャンスを得たアイリスは、輝きはじめ、そして自分だけでなく、もう一人の人物(表舞台から降りた老脚本家)の人生にスポットを当てる役割も果たしていきます。

主役とは、わがままに生きるということではなく…。

誰かに振り回される人生を選んでいるのは自分。その脇役人生を作り変えることができるのも、自分、そして、自分を自分の人生の主役と理解してくれる人との出会いです。

誰にでも、自分のテーマ曲があるはずなんだよなぁ。と、わたしも、映画を見ていて、感じたのでした。

テーマ曲、あなただったら、どんなのにしたいでしょう。 野球や格闘技の登場曲みたいにね。作っておくと愉しいのでは?

いつもありがとう☆占い人気ブログランキング☆

« カバとゾウ | トップページ | 水瓶座の水でご勘弁 »

日々のわたくしごと」カテゴリの記事

コメント

「ガタカ」ね。OK
「スターリングラード」も、いいかな。

アルフィーはちょっと見たかったけど見てない。
ガタカは見たけれど、彼はメインじゃない。
これイギリスで見たからセリフの理解は半分以下だけど、面白かったと思うよ。
クロコダイルの涙は、暇だったらみてもいいけど
見なくても良いかなという感じ。

ジュード・ロウ、
キリンさんもお好みですか。

彼の出演作、次は何見ればいい?

顎が割れてても許せるのは
ジュード・ロウだけだと思う。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カバとゾウ | トップページ | 水瓶座の水でご勘弁 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

占いのおはなし(過去記事)