フォト

鑑定依頼はこちらから

Twitter

おすすめリンク

クリック募金


おすすめリンク2

無料ブログはココログ

« ツッパリの愛 | トップページ | ひきこもりの夏がくる♪ »

2007年7月 3日 (火)

辛日生まれの明暗

P1000333大臣就任以来、ストレートすぎる発言で物議をかもしてきた久間防衛相が、原爆発言の責任を取ってついに辞任とのこと。

今日午前中に、長崎市の田上市長が直接、抗議。その後、市長が取材に対して「被爆者らへのおわびの気持ちは十分感じ取れた」と答えたというニュース記事を目にした矢先。

不思議なものだなと感じました。政治の世界は闇、不思議だらけでありますが。

久間大臣は、1940年12月4日、庚辰年・丁亥月・辛巳日生まれの申酉天中殺。

田上長崎市長は、1956年12月10日、丙申年・庚子月・辛亥日生まれの寅卯天中殺。

対冲関係にある寅卯が申酉を刺したともとれるし、寅卯が申酉に決着をつけてあげた(助けてあげた)、ともとれます。

また、この二人、共通干支(かんし)と呼ばれる干支を2組も持ち合っていて、縁が非常に深いのです。そして、同じ「(かのと)」という日干(にっかん)。

日干が同じということは、「心」が同じということです。心、思いは似ているけれども、日支(にっし)は「巳」と「亥」ですから、現実の行動は真反対なのです。

二人とも、今年2007年は、同じ「車騎星」+「天恍星」という、少々直情径行ながら、明るく率直、前進的な星まわり。出会うことで感じあうものの大きい二人と思います。

そして、陽占を見ましても、久間大臣は、主星「調舒星」、東が「玉堂星」、南(目下)に「車騎星」。田上長崎市長は、主星「鳳閣星」、東が「玉堂星」、北(目上)が「牽牛星」。反発しあいながらも、価値観的に通じ合うものがある二人と拝見しました。

なお、田上市長については、今年4月、前長崎市長が銃撃により亡くなった直後の選挙戦で、情に訴える前市長遺族と闘う、冷静かつきさくな姿が印象に残っていたのですが、49歳から大きく運勢の流れが変わり、ある意味、過去の自分(長崎市職員)を裏切って、人助けと権力、戦いの場へ打って出た形になっています。道は険しいと思いますが今後を注目していきたい人です。

両者とも、同じ「辛」生まれ(自然界でたとえるとデリケートな金性「宝石」で火の気に弱い)であっても、今年・丁亥年は、久間大臣自身や過去の積み重ねを表わす「辛巳」を破壊しやすい運気。さらに、6月(7/6迄)・丙午月は火性が非常に強く、寒い12月生まれの田上氏にとっては何でもなくても(久間大臣は11月生まれ扱い)、8、9月の天中殺月を前にした久間大臣にとっては忌神。名誉を取った6月「牽牛星」での引退は自然な流れだろうと思われました。

気楽に書いているようで恐縮です。キャラクターと動きがはっきりした政治界ウォッチング☆は、運命学のよいデータになるのです。

ホームページのウィークリー・メッセージも更新してあります。手相と易に興味のある方はどうぞ。

いつもありがとう☆占い人気ブログランキング☆

« ツッパリの愛 | トップページ | ひきこもりの夏がくる♪ »

うらないごと 全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ツッパリの愛 | トップページ | ひきこもりの夏がくる♪ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

占いのおはなし(過去記事)