フォト

鑑定依頼はこちらから

Twitter

おすすめリンク

クリック募金


おすすめリンク2

無料ブログはココログ

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月31日 (月)

笑ってね

今年もありがとうございました

しずかな夜です。

昼間の街でも、新年を迎える慌しさや華やぎの中に、シンとした心の静けさが感じとれます。大気が冷たいからというだけではないでしょう。

暦の今日と明日が、いつものように移り変わるだけなのに、年の瀬は特別。

商店がお正月から開いているせいか「年の瀬っていうメリハリを年々感じなくなりますねぇ」と話すことも多い最近ですが、意識して、新しい気を迎え入れるようにしたいものです。

来年2008年は、ねずみ年。子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥…と続く十二支の流れが今年「亥」年にて一区切り。新しく巡ってくる「子」年は、時のサイクルの終わりと始まり。「子」という漢字も、終了の「了」と、はじまりの「一」からできていますね。

気持ちを切りかえやすい年。当惑することが出てきても、それが脱皮のチャンスとなりそうです。

五行になおせば、十二支の「子(ね)」は、水性。水分を目一杯含んだ一番寒い冬の時期を表わします。けれど一番寒いのを過ぎれば、あとは温かくなっていくのが季節の循環。冷たい水性の「子」には、今を堪えきれば、やがては春(木々芽吹く頃=木性)が訪れるという希望の光が潜んでいます。水は、智恵を生みだすもの。そして水が満ちて、新しい生命もまた、生まれてくるのです。

あせらずに、あきらめずに、

春の時代を待ち望みたいもの。

テレビをつけたら、フジカラーのCMで、「せっかくお正月のある日本に生まれたのだから、全部やります。初詣、羽根突き、凧揚げ、餅つき、書初め…」…こんな感じで、お馴染みの面々がめまぐるしく正月の伝統行事を楽しんでいるのを目にしました。あれ、ちょっと急がしそうだけれど^^; 楽しいですね。フジカラーの樹木希林さん達にはいつもクスリと笑わせてもらっています。(それから、ソフトバンクの犬のお父さんも^^)

笑えると、火性が輝きます。火性は、太陽。寒い時期に陽射しを積極的に迎え入れるということで、新春には、初笑いが欠かせません。笑ってね。また、福笑いなど、家庭ですることもなくなったのではと思われますので、世のお笑い芸人及びタレントさんの使命は、実は、重いのです。笑わせてね。

…オダギリジョーさんや松たか子さんらについて何か書こうと思っていたら次々結婚、離婚ニュースが続いて…、とりあえずは「おしあわせに」(&「お疲れ様でした」)です。

冷えてきました。大雪が予想される地方もあるとのこと。お気をつけて。皆さま、どうか平穏で、よい年を迎えましょう。

いつもありがとう☆今日の占いブログランキング☆

2007年12月24日 (月)

平穏を願う

051224a_2

エイヤっと掃除をしてすっきり。

昨日久しぶりに会った人は病み上がりで瞳が潤んでいつもより綺麗に見えて、会うたびに大人びていく、けれど、大人の心には大人の憂いも、また、成長していくんですね。

少し前なら感情のままに取り乱してしまうこともできたのに、心配されてなだめてもらうこともできたのに、自分をコントロールする術を覚えて、大人になって、醒めた目になり、立派になって、よかったね、それでまた別に生まれてくる憂い。不思議だね。

憂いは、でも、あなたを綺麗に見せていましたよ。伝え忘れたけれど。

…自分にできることとできないことを感じ取らざるを得なくなる時期というのがあります。可能性は無限大ではなくて限度があるものだと。ですが、限度を知って広がっていく未来というのがあるものです。「絶対に」(普段使わない言葉、あえて)

そんなことを考えました。

クリスマスというよりハロウィンみたいな妖しげに発光する丸い月を見上げて「ハロウィンが好き。子どもの頃、魔女になりたかった」と言った。その時の顔04sbは、出会った頃の学生のようでもあり分別のついた大人顔でもあり。わたしもハロウィンが好き。魔女、なれないと思っているのかな(笑)

魔法の杖は、みなが持っているの。でも、あんまり地味で微力なんでいつかどこかに置き忘れ、誰かがかけてくれる素晴らしい魔法を待つようになっていく人が少なくない。ナントカ商法と間違えられないようにほどほどにしておきますが。杖を取り返すひとつの方法は、勇気。^^(お客さん減りそ)

穏やかでいられない事件や不祥事の相次いだ今年も、残すところわずか。満月に、平穏を祈ります。それも小さな魔法でしょう。そんな魔法じゃ物足りないんだって?欲張りさん! それもいいよ。Merry Merry X'mas!   

いつもありがとう☆今日の占いブログランキング☆

2007年12月20日 (木)

払ってしまえ

07s_4 ピッチを上げたいのに亀のような歩みにがっくり。こんなでちゃんとクリスマス&ニューイヤーを祝えるのでしょうか…。皆様は大丈夫ですか。大丈夫ですよネ。

気持ちばかりが先走る。作業が遅々として進まない。そんなときわたしは… 開き直って、塩風呂です。安価な天然塩にエッセンシャルオイルを混ぜたものを溶かして入浴。すっきりします。

先日の忘年会でも、塩やお酒で清める話が出ていましたが、わたしもよく利用します。モヤ~っとしたいやな感じにとらわれたような時など、手に取って体や玄関を祓います。気合を入れます。(お気に入りの服の時は気をつけます^^ )

いやな感じを長引かせたくないのです。

いやな感じにとらわれているのはもったいない、というか、どうせ死ぬのだから(こらこら)持ち時間は、いい感じ、穏やかな心でいる時の割合が多いほうがいいな、と。

いい感じでいたいし、わたしの知っている方々がいい感じでいてほしいと願っていますし、願うわたしでいたいと思うし、いい感じでいるために必要なら闘うでしょう。

そうはいっても、いつも理想通りいられるわけはなく、自分の言動にがっくりすることも多々あるのですが。でも「がっくり」を払ってしまいます。そして再び理想を掲げます^^ 懲りないのですね。

がっくりしないようには、人間、不完全ですから、なかなかできないけれど、気を入れ替えるようにすることはできますね。

P1000603

鑑定のお客様には、その入れ替えのお手伝いをするように心がけています。

…左の写真は、先週の金曜、日曜にうかがった横浜市港北区のエステサロンの臨時?鑑定室。短い時間でしたが、印象に残るお客様との出会いがありました。美肌と心身のご健康、そして日々の充実を心からお祈りします。

それから、わたしにも祈ってくださる方がいました♡  宛先がわからないのでこの場を借りて返信。「絵葉書、シカと受け取りました。易おみくじ利用くださり嬉しいです。元気を出していきましょうね。あなた様にも素晴らしい新年をお祈りします。お手紙、大変嬉しかったです、ありがとう。 」

いつもありがとう☆今日の占いブログランキング☆

2007年12月13日 (木)

ありがとう。

16sb昨日とうって変わって寒いです。関西は暖かいのだとか?

今日は遠方より懐かしいお客様。いつも、ほんの数十分お話するだけなのに、だんだん、その人の経過が自分の中にインプットされていく感じが、嫌いではありません。知人とも、親戚とも違う、赤の他人なのだけれど赤ではなくてもう少し親しみを感じる、どこか気にかかる不思議な存在。お金が介在して成り立っている関係なのですが。それで距離感が保たれているようなところもあって。

変な仕事、と、思います。(変なのはわたしなのかもしれませんけど)

そして、美容業界の方々が突然来られたのは、もしかして「ゆたぽん」(11日記事参)効果?(そうなんですか?) なんでも書いてみるもんですね^^; その後甘い夢は見れてないのですが…。

昨夜は、自由が丘手相教室の忘年会でした。

駅から遠い会議室に「暑い~」「寒いー」と(表立っては文句は言わず)再三通ってくれた一期、二期の方々に感謝の心を新たにしました。気に掛けてくれる仲間や、新しく出会って、様々に刺激をくれる方々にも。

「疲れたでしょう」と後から言われて、慣れない幹事で無理がにじみ出てたかなぁと思いましたが、ま、一人でも個性的な方ばかりですから一挙におつきあいすればねぇ、たじたじ?!です^^ たじたじながら、みな元気で集うことができて、しみじみ嬉しかったです。参加できなかった方々にも同様に、感謝。

感謝の気持ちを、授業で激しくお返しいたそうと思っております^^ 

改めて、縁のある方々の健康とご活躍を願う年末です。

きれいごと過ぎるといわれても、

たまには。

そう、ラブラブ写メール送ってくれる方も、どうぞいつでも。あきれながらも?! 嬉しいのです。もうすぐクリスマス。バタバタしてても、ハートは温かくいたいもの。

いつもありがとう☆今日の占いブログランキング☆

2007年12月11日 (火)

ゆたぽんで初恋の人に再会(笑)

Applea_big

猫も眠たい曇天の火曜日。お元気ですか?

昨夜は、横浜の読売文化センターで今年最後の講義がありました。1月にスタートしてから瞬く間の一年。試行錯誤しながら続けてきて、だんだん、カルチャーセンターでの講座の進め方がわかってきた次第。おつきあいいただいてきた方々に感謝しています。途中参加の方は戸惑いもあるかと思いますが、色々と意見、疑問など聞かせていただければ嬉しく思います。

何の勉強も同じでしょうが、手相術も、座学を終えてからがまた勉強。実際にまわりの人達の手を見て、もちろん、自分の手の変化と状況の変化を観察して、実感していくことが欠かせません。手相は、記号や方程式のように割り切れない部分も多いのですが、飽きないで観察を続けてほしいなぁ、というのが、ささやかな願い。

わたしの手相も、随分と変化してきました。心意気も、つらさも、健康状態も、人との縁も、手のひらは鏡のように映し出してきます。

手のひらの鏡を取り出すと、自分の過去、現在、未来を客観的に見ることができます。「まぁまぁ、そんなに思いつめなさんな」とかネ。落ち着きますし、諦めもつきますし、希望も持て、建設的に考えられるようになります。人にもアドバイスできるようになります。

カルチャーセンターは参加者が多いので、「私の知り合いがそんな指をしているが、本当にそういう性格だ」などと話してくれることが、わたしにとっても有益と感じます。

時節柄、忙しく、お疲れの方も多いようで、昨夜も「4時間しか寝られない」と言う方がいて心配になりました。 今年もわずかとなってまいりましたが、お体に充分に気をつけて穏やかな年末年始を迎えていただきたいと願っています。

ところで、寒い夜の安眠グッズとして、おなじみの美容師さんに、レンジで温めて首にまく「ゆたぽん」を勧められました。「ゆたぽん、知らないんですかー!!」とびっくりされたんですけど、そんなに有名商品?^^(ドラッグストアで1,000円弱)

で、実際に買って使ってみると、適度なジェルの重さと温かさが本当にいいのです。五十肩もとい四十肩で痛くて寝返りもうてなかった時に使えば楽だったろうなぁと思いました。肩の痛みは九割方回復、気にならなくなりました。喉元過ぎればなんとやら、で、「痛みさえなくなれば幸せ」と思っていたのが、他につらいことがないと、また、ささやかに思い煩うことも出てくるのですから、人間って、しょうがないですね^^;

あまり思い煩わずに、7、8時間は寝たいものです。あたたかくして。

それでネ、ゆたぽん効果のオマケなのですが、不思議な夢を見るのです。十余年ぶりに初恋の人(びっくり。笑)が出てきたり、懐かしい人達に何人も会いました。血流がよくなったせいで脳が変な動きを? まぁ、でも、人生の多くの時間を眠って過ごしているのだから、夢もできれば温かであってほしい。みんな、元気でいてほしいな、と、夢の向こうに手を振りました。

そして、明日の晩は、自由が丘教室の忘年会です。みなで集まることが滅多にないので、楽しみ。夢のこちら側の人達には、今と未来がチカチカと小さな光を放っていて、それが星座を形作っていくような様子を眺めているのが、わたしはス・キ・なのです。

週末は、某エステへ出張鑑定。新しい場所とお客様との出会いが楽しみ。

エンジンかけなきゃ、です。眠いけど(!!) 

いつもありがとう☆今日の占いブログランキング☆

2007年12月 4日 (火)

なぜ可愛い?星野仙一監督

ギフト

1週間ぶりのご無沙汰です。頑張っていますか。ちゃんと休んでいますか? そろそろ、年賀状の準備でしょうか。ひと息入れながら頑張りましょうね。

さて、北京オリンピック・アジア予選。星野ジャパン、強かったですね。真剣勝負の選手、監督の表情、試合運びに、目が釘付けでした。

プロ野球選手は、少年の憧れ(たぶん)。ヒーローは、強くて美しく、期待に応えなければならない。それは並大抵なことではないけれど、実現して見せてくれる人達がいるから、子供達は(私たちも)憧れや希望を失わないでいられる。ありがとう、日本代表(涙)でした^^

自分がずっと若い頃は、野球といえば、肉付きのいいおじさん達がタラタラやっているスポーツ(失礼。本当に失礼)という印象で、甲子園は観戦するけどプロ野球はどうも… そんな程度であったのですが、年をとると嬉しいことに、野球の試合でアイドルを見い出せます^^; 先日の先発投手もみな若かったですね。大舞台での彼らの緊張感が伝わってきて心地よく、また、ピンチの場面では経験を積んだベテランの底力に惚れ惚れいたしました。野球、面白い。野球、かっこいい。と、改めて思わせられました。星野監督の功績でしょうか。

メンバーの頑張りが勝利をもたらしたので、星を出してみるのもなんだかな、という気もしますが一応少しだけ^^ 星野仙一監督は、1947年1月22日生まれの60歳。

のんびり顔の負けず嫌い「辛」月の「辛丑」日の生まれ。自然界のもので例えると宝石である日干「辛」の人は、独特の美意識の持ち主が多いですね。

年生まれで、生年・生月・生日ともに十二支が土性の星野監督は、争いごとと切っても切れない宿命。加えて、自分を表わす「辛」と同じ十干を、宿命中に複数持つ、ライバルの多い気苦労も多い頑固人間。それだけに、喧嘩、勝負の世界は、才能を発揮できる格好の環境なのです。

主星は冒険者・改革者の「龍高星」。育てるものを育て、壊すものは打ち壊し、新しい世界を創造していく人。海外にも縁があります。人好きする「己」から出る龍高星ですから、庶民的なユーモアがあります。この「龍高星」をもうひとつ持ち、さらに陰陽違いの「玉堂星」も持っていますから、大変頭がよく、経験から得た智恵を武器として、波乱濁流の中を、わが道を貫く「貫索星」の生き方を目指します。

殺印相生格破格という名誉を掴みやすい運格。母性の強い「龍高星」「玉堂」が3つ以上あると、母星過多となり、著しい特徴がプラス・マイナスあるのですが、プラス面は、他人から助けられること。なんだか可愛い、力になりたいと思われるのです。星野監督は、赤ちゃん星の「天印星」も2つ持っていますから、なおさらです。

超「龍高星」ですから度胸よく、ときに激しい采配をして人に影響を与えますが、不思議と憎みきれないような得な人です。

55歳から10年間の後天運を見ると、前進・攻撃性の強い「車騎星」が回り、争いの約束事が並んでいます。多忙で激しい10年。過去の経緯を見てみると、星野監督は、争いが激化する土性の星が回る年に2度リーグ優勝しています。闘うしかない年に勝っている男なのですね。勝利後の体力の消耗が心配になりますが、闘う男の姿勢に、チームの個人、個人が奮起するのでしょう。

今年2007年も、戦士「車騎星」が重ねて回っていました。とにかく勝つために命を賭けるのが「車騎星」。お疲れさまです。充分に休まれて、来年2008年、教育者の「玉堂」でチームを育て率いて結果を出していただきたいと願います。母星過多のマイナス面は、また今度^^

いつもありがとう☆今日の占いブログランキング☆

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

占いのおはなし(過去記事)