フォト

鑑定依頼はこちらから

Twitter

おすすめリンク

クリック募金


おすすめリンク2

無料ブログはココログ

« 天中殺の贈り物 | トップページ | 連絡、春、希望線 »

2008年2月23日 (土)

エロスと感性

P1000657_9すごい風でしたね。

陽の気の進出を高らかに告げる、春一番。これから起こる出来事や出会いを予感させて、心をゾワゾワ揺らす、春の嵐。

突風による事故などにはくれぐれも気をつけて。

でも、ときには、風に運ばれて、遠いところまで行ってみたいなんて夢想させるのも、春のマジックでしょうか。

これからのシーズン。進学、就職、転職、就活…、晴れ晴れも、もやもやも、色々、自然なこと。タロットカードの「マジシャン」みたいに、春の魔法を使って、前進しましょう。

…さて、カメラがやっと直ってきたので、昨晩出かけた月島の「スペインクラブ」を帰りがけにパチリ。広々と開放的で、お料理もおいしかったです。

酔いのまわったメンバーでエロス談義(笑)

手相では、いわゆるエロいかエロくないかの^^;ひとつの見極めは「金星帯(きんせいたい)」という線をチェックします。人さし指と中指の間と、薬指と小指の間を結ぶ半円。半円になっていなくても、出発点と終点がちょっぴりでもあれば、ちょっぴりエロい。

ちょっぴりエロいほうが、出会いには恵まれやすいものです。「金星帯」は、異性や性を意識しひきつけるエネルギーが強いことを表わします。

金星環(きんせいかん)」という呼び名のほうが、よりインビな響きで、わたしは好きなのですが、最近は「金星帯」のほうが一般的のようです。

エロスは、全然ないと、味気ない。「わたしはもう関係ないわ」?!と言っている方でも、趣味や意外な分野で、エロス感覚を使っていることがあると思います。

エロスは、芸術的感性、審美眼に通じます。「美」を扱うことは、エロスの感性がまるでなくては難しい。教えられたわけではないのに「おしゃれな感じ」とか「きれい☆」と受け取る感性にも、「金星帯」は関わっています。

情感が必要な文章を書く人、ファッションに携わる人、音楽、芸術を志す人には、あったほうがスムーズですし、「金星帯」の持ち主は自然とそういう分野へ向かうものです。(なかには、エロス全開でがんばってしまっている方もいるやもしれませんが…)

「金星帯」の形状は様々で、意味することも微妙に異なります。いずれにしても、同じ「金星帯」でも、使い方次第で、エロエロにもなれば(失礼)、一目置かれる美的センスの発揮にもなる。一人一人が持っている「マジシャン」の使い方次第というわけです。

官能性と、精力旺盛でじっとしていられない?!ことはまた違い、それを示す手相も異なります。手の厚みや爪のかたちなども関係してきますが、また別の機会に^^

いつもありがとう☆今日の占いブログランキング☆

« 天中殺の贈り物 | トップページ | 連絡、春、希望線 »

うらないごと 全般」カテゴリの記事

コメント

T.Mさん、こちらこそありがとうございました。

「沢水困」は、水浸しでちょっと悩ましい。ですが、内省や勉強には悪くない卦ですよ。

しばらく「沢水困」は出ないだろうと安心して^^; 今、わたしも引いてみたら「火山旅」、「旅」でした。インナートリップに出かけますtyphoon

>女性に救われたり、女性的な男性に救われたりしてきたような

女性的な男性?!(笑)よいですね。 

T.Mさんが救っている人もいるのだと思います。

今日は「困」。にっちもさっちもいかないようで......。うん、確かにそんな感じ。

歳を重ねると奇妙なめぐり合わせを経験したりと、まだ気がついていない「世の中の仕組み」があるのかな、なんて最近よく思います。

金星環と神秘十字を持っているからなのでしょうか、女性に救われたり、女性的な男性に救われたりしてきたような......。

先日はありがとうございました。

Jimmyさん、
先日はどうもありがとうございました。

上る朝日のような「火地晋」はなかなか、わたしは出ないですconfident

よい方向への変化。
変化ですから止まることなく行動されてください。上昇した火を消さないよう、粘り強くするのがたいせつ^^

いい事があった日には、イーチンを引く。
今日は「晋」。これっていいじゃん。信じていいんじゃない?
このきっかけは、臆していたことを昨日、一歩跳んだからかなぁと、因果を詮索。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 天中殺の贈り物 | トップページ | 連絡、春、希望線 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

占いのおはなし(過去記事)