フォト

鑑定依頼はこちらから

Twitter

おすすめリンク

クリック募金


おすすめリンク2

無料ブログはココログ

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月28日 (土)

怖れるに足ることがあるとすれば

012

真珠採りが始終サメにおびえていたら、真珠を手に入れることなどできない。」

13世紀のペルシアの詩人、サーディーの言葉をあげて、「恐怖」について考察しているのは、グレイリング先生。イギリスの哲学者。

「考える快楽」(NHK出版)という本で、彼のさまざまな思考方法を知り、自分の人生までふりかえることができます。

「哀しみ」「死」「裏切り」「慈悲」「希望」「嫌悪」など、たくさんの項目について、古い学者や文学者の残した言葉をとりあげて、自身の解釈が綴られており、一般向けですから比較的わかりやすい文章。

こんなふうにも考えていいんだと思えると、気持ちがラクになるものです。

未来のために、人類古来の知恵を、使えるものなら使わなくては^^

「恐怖」の項目では、

「恐怖は認識力をゆがめ、なにもないところに障害物や怪物を勝手につくりあげる」ので、恐怖心にとらわれると思考は停止するとしながらも、

「恐怖心は、それに耐えるために存在する。おそれるからこそ、人は勇敢になれる。」と書いています。

 そして、

 「生きるのはたった一回のみであり、

  わたしたちは真珠を手にいれようと挑まなければならない。

  さもなければ、後悔しながら生きつづけることになる。

  そして、もし、

  この世界でおそれるに足ることがあるとすれば、

  それは、最後に後悔しながら一生を終える原因を

  自分でつくるような生き方をすることである。」 と。



…今週は、横浜の読売文化センターに珍しいお客様を迎え(詳細は後日紹介しますね)、また講義の後に、数名の受講生から、手相に対する考え方や、これまでの人生について聞く機会に恵まれました。

手相を学ぶ方には、自分の人生に関心が深い方、苦労された方、それでいて前向きな方が多いのを再認識。わたくしも、占いに関わるとはどういうことなのかと改めて考えさせられ、有意義でした。協力くださった皆さん、ありがとうございます。

そして、本当に怖いのは、不安や妄想から作り上げた恐怖のイメージではなくて、後悔して一生を終えるような生き方を自分ですることなのだ、というこのグレイリングの文章も、むくむくと思い出されてきたのです。

いつも投票ありがとう☆今日の占いブログランキング☆

2008年6月23日 (月)

メッセージから解いていく

Heartc_300しっとりしてますね。雨による被害が、最小限であってほしいと願います。

…ドライの温度設定を23℃にしていたら「センセイ、エコじゃない」と26℃に直された日曜日。たのもしい生徒さんの多いこと^^

ただ、湿気は、心の中にも染み込んでくるものか、先週は少し気掛かりなお客様が続いて、忘れがたい人もいました。

やがて、明るい顔を見られることと信じています。



    「朝」

 何事もなく

 歩いているのだけれど

 軒下に置いてある

 四角い空き缶にたまっている

 砂まじりの水が

 気にかかり

 とっさに手に取り

 いっきに飲みほしてしまう

 よくない味はしたのだけれど

 体の心配ではなく

 今の行為を

 誰かに見られたのではないかと

 そのことばかり気にかかり

 できるだけ遠くへ遠くへ

 足を運ぶ

 朝

   (やまもとあつこ「まじめなひび」空とぶキリン社)



わかっていても、よくない水を飲んでしまいたいような気持ちになる… こんな朝は、わたしも経験があります。

ヒトは複雑で、自分で自分のことがわからない。それでいて単純で、他人のことはわかったつもりになっている。

わからない自分を、また同じように他人のわからなさを、愉しんでやれるようになると、ラクになることが多いものです。

手相の勉強をするのでも、吉凶を判別して運勢を採点しあうのではなく、どこをいかしてどこを軌道修正すればその人らしく充実するのか、そういう「メッセージ」の受け取り上手を目指してもらいたいものだと思っています。

さて、また月曜日。見上げる空が重くても、「とにかく行ってみよう」。みな、したたかに無事であれ、と、願っています。

いつもありがとう☆今日の占いブログランキング☆

2008年6月15日 (日)

すべてを見守っている

P1000943

さきほど少し揺れたようです。地震、気になりますね。

命を落とされた方々のご冥福を祈るとともに、被害が広がらないようにと願います。

そして、悔いなく生きること。

大げさですが。

色々な出来事があるたびに、思われることです。

…「孤独」ということが、犯罪心理などに関連して取り上げられますが。そうなのかな、あなたは孤独なのかな。孤独という状況ではなくて、孤独だと思い込む気持ちのほうが問題なのではないのかしら。

 Look at the stars 星を見てごらん

 Look how they shine for you 君のために輝いている

コールドプレイの「YELLOW」。新しいアルバムが発売されて彼らがCMに出ているのを見て思い出しました。これこれ。穏やかで、力強い曲。

 And all the things that you do 君のすべてを見守っている

宗教と言うと「こわい」と身構えるような日本で(わたしも多少身構えます^^;)、他人にばかにされないように国民総批評家として生きていて、どこかよりどころなく、大きな声の人に巻かれやすく、一番下にならないように弱い者を踏みつけて… 

そんなわたしたちを、見ている、目には見えない大きな存在があると、わたしにはやはり思えます。

星を見上げ、月の満ち欠けを語り、ヒト以外の生き物や歴史や様々な現象に興味を持つ人は、比較的こころ穏やかです。自分ばかり見ているとどんどん孤独人になる。

過剰な自我、あるいは確立できていない自我は、算命学で言う「貫索星」の陰転。陰転した「貫索星」(木性)が生み出すのは、陰転した「調舒星」(火性)。陰転した「調舒星」というのは、超孤独であり、恨みであり、仕返しという自己表現です。

…何をしても、見られている。どのように生きていくかを、見られている。恥ずかしい自分も、ちょっとがんばった自分も、見られている。

そんなふうに感じることは、安らぎとなり、落ち込んだときも、ふたたびやり直せる力となるようにわたしには思えます。

のん気でしょうか。

いつもありがとう☆今日の占いブログランキング☆

2008年6月 8日 (日)

昔の、はなし

004_3昨日、24年ぶりに学生時代のサークル仲間と再会しました。

「24年ぶり」と相手からさらりと言われて、24年のワープ感にまずクラクラっ。

そして、記憶力にすぐれた彼女が昨日のことのように語るセイシュン時代のあれやこれやの出来事の詳細に刺激されて、激しく脳内記憶の出し入れをしたために、不思~議な気分になりました^^(わたしはかなり忘れっぽいようです)。

彼女との再会のきっかけは、このページ。

(わたしは知らなかったけれど)学生時代から占い好きの彼女。占いサイトを検索していて、偶然わたしのHPを見つけたそうで、メールをくれたのです。そんなこともあるのですね。

たくさん、昔の話をして、たくさん、年をとってきて体がしんどい話をして^^; たくさん、旧友の話をして、たくさん、家族の(いなくなった家族と今の家族の)話をして、たくさん、昔の仕事の話をして、限られた時間では語りきれない、まだまだたくさんのこれまでの話があったのだけれど、

嬉しかったことは、

こうしてわたしたち、これからをまた生きて思い出を重ねていくのだと、思えたこと。

はかなくても、なんとなくの絆があって、なんとなくの交流があれば、希望のないような世の中でも「まだ大丈夫かも」と思わせてくれる。あの人も頑張っているから、わたしも頑張れる、そんなふうに・・・

今の世で怖いのは無関心と言われますが、ネットで見つけてわざわざ訪ねてくれた彼女は、昔の記憶力もすごいけれど、関心力、前進力もあるのだと、わたしは感じましたよ。

ありがとう。

…写真は、舟和の芋ようかんとあんこ玉。つやつやです。

いつもありがとう☆今日の占いブログランキング☆

2008年6月 5日 (木)

剋されると悪いの?

018悪くないですよ。

算命学の陽占の星の話。

今日、五行(木→火→土→金→水)の「相生」(生じる・生じられる)、「相剋」(剋す・剋される)、「比和」(同じ五行・対等)について話していて、

剋す木が土を剋す、火が金を剋す、土が水を剋す、金が木を剋す、水が火を剋す)「相剋」関係を、「きつくてよくない」と思っている人もいることに気付きました。

「相剋」というのは、相手を意識する関係。「相生」というのは、無意識でいられる関係。

剋されるというのは、相手を意識しないでいられず、そして弱められるという気の流れですから、快適なものではないけれど、時と場合と場所によっては、必要なこともあります。いじめられ、鍛えられてこそ、成長できる場合もあるわけですから。

たとえば、火性の「調舒星」の人が、自分を剋す水性である「龍高星」「玉堂星」を、先入観から嫌うともったいないですよ。山火事にならないように、適度な水(冷静さ、智恵)が必要な時もあります。

また、自分の陽占命式を見た場合も、中央の星と、四方の十大主星それぞれとの間に相生、相剋、比和いずれかの関係が成り立っていますが、これも、必ずしも「相生」のほうがラクでいいとは限りません。

特に、中央から見て、北(親・目上)と東(社会)は、相剋関係になっていると、しんどくても、長い目で見れば、精神的に成長しやすい形です。

親というのは、気持ちのどこかで意識し、しんどくても乗り越えていくもの。また、社会や職場からは、ある程度鍛えられて成長していくのが、自然な姿ととらえるのです。(だから相剋だと幸せだとか相生だと悪いとかではありません)。

相生だらけですと、甘えが出て、(してもらって当然となり)感謝の気持ちが生まれず不満を感じたり、(こんなにしてあげているのに)報いがないと感じて消耗したりもしやすいのです。

西(家庭)と南(目下・子供)とは、助ける・助けられる相生関係が自然だけれども、けれど、ここも、相剋なら「悪い」というわけではないのです。

息の長い人気者の仲間由紀恵さん(1979.10.30生まれ)の命式を例にとると、

中央の主星が、理性的な冒険者気質の「龍高星」(水性)で、南は、自意識の強い魅力星「禄存星」(土性)。主星が、南から剋されている関係。

仲間さんのまわりには、魅力的で目立ちたがり(禄存星)の若者が寄ってきて、仲間さんは優しく彼らの面倒を見てあげる(禄存星)でしょう。そして自分自身も、周りの人たちのために頑張って(禄存星)注目されていたい(禄存星)という思いの強い人。

が、この「禄存星」にこだわりすぎると、本質の「龍高星」(改革創造性)は、相剋なので、少々しんどい。なんとなく不自由と感じやすく、もっと人の目にとらわれずのびのび学んだり創ったりしていきたいこともあるでしょう。

けれど、このスムーズにいかない相剋があることによって、仲間さんは鍛えられ、精神的には成長していく、ということも言えるのです。

嫌うなかれ、相剋^^

ただし、いつでもすべてが相剋というのではきついですけどネ。(そんな時は、一瞬逃げ出すのだってアリ)。

いずれにしても、命式にしても、手相にしても、運命学というものは、自分や他人の運勢に点数を付けてランク付けするためにあるのではなくて、宿命の特徴をとらえてよりよく生きていくために活用すべき道しるべであることを忘れてはなりません。

いつもありがとう☆今日の占いブログランキング☆

2008年6月 2日 (月)

ヒトオの専属カウンセラーは?

013

梅雨入りの月曜。雨はまだのよう。

今日は、占い店に出ていた頃からのお客様と、久しぶりに電話でお話して、懐かしく、応援したい気持ちでいっぱいになりました。

そしてそろそろ店じまい。わたしも、とある友人に電話したいような気分・・・。

煮詰まってくると、かけてしまう電話番号があります。

煮詰まるといっても、ただ、頭がみっちりした状態になったときなどに「だらだら意味なくお喋りしたい」という気持ちがわくだけのことなのですが。案外、強烈な欲求。

占い師になりたての頃のように、お客さんから聞いた話を持て余すということはなくなりましたが、気を抜いて喋りたいという欲求はときに、わいてきます。なんでもないことを気の向くままに喋っていたいのです。(お客様の話ではもちろんなく)。

ただ、普段、用件なく喋るのが億劫で、電話は滅多にかけない。そのようにプライベートでつきあいが悪いので、いざという時にかけられる場所が決まってしまうわけです。

というよりも…、その人でないと、きちんと喋らねばと構えてしまうのかな。

うかつなことを人に喋れないという意識が強いのは、

ある種、職業病?

うかつな人間であるにもかかわらず^^;

うかつな人間だと自覚するからなおのこと、言葉を選ぼうと意識するのかもしれません。そうはいっても、いつもいつもそうでは持ちませんことよ。

わたくしの専属カウンセラー^^ともいえる、その友人の特徴を思い浮かべてみると、

星の関連はさておき、

第一に口が堅い。第二に、基本は寛容。第三に、どこかおかしい?!  おかしいのは大事な要素です。おかしなひとは、おかしなひとをシビアに笑い飛ばしつつ、同時におかしさに寛容でもある。

だいたい、ヒトはおかしなものだから。



「意味なく喋りたい」と書きましたが、たあいない話を聞いたり聞いてもらう行為には大きな意味があるのでしょう。願わくば、専属カウンセラーも、いくらかはリラックスできていますように。

…HPのウィークリー・メッセージを更新してあります。手相と易とエトセトラに興味のある方はどうぞ。愉しい梅雨の過ごし方アイデアを募集中^^♪

いつもありがとう☆今日の占いブログランキング☆

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

占いのおはなし(過去記事)