フォト

鑑定依頼はこちらから

Twitter

おすすめリンク

クリック募金


おすすめリンク2

無料ブログはココログ

« 笑って吹き飛ばそう | トップページ | 暮らしや意識の変化に添って »

2008年7月14日 (月)

いつか会えますか

P1010089

今日発売の月刊文芸誌「野性時代」8月号(角川書店)に、横浜の読売文化センターの様子が紹介されています。ノンフィクション作家・高橋秀実さんの「趣味は何ですか?」というシリーズで取り上げてもらいました。

自称「趣味がない」という高橋さんが匿名で手相を見てもらったり、ベストな手相を書いてもらったりした体験も綴られており、読み応えがあります。

そして、今月の「野性時代」の特集は「青春の貧乏ライフ」^^; 様々な方が貧乏ライフを振り返っているわけですが、貧乏は遠きにありて思いたいもの、ということでしょうか。

貧乏といえば、先日、テレビでたまたま「ホームレス中学生」を見て、ヒトオ、やられてしまいました。

原作が、お笑いコンビ「麒麟」の田村裕さんが書かれたベストセラーというのは知っていましたが…。ドラマの後半で、子供の頃に母親が亡くなっても田村さんが泣かなかったのは、「いつかお母さんにまた会える」と思っていたからだと振り返るところ・・・

親友の母親が亡くなった葬儀の席で、参列者がみな泣いているのを見て、「もう会えないと思うからみな泣いているんだ。お母さんにも、もう会えないんだ」と、初めて思い当たり、泣いてしまう…。その場面、胸に迫りました。

わたしも、

今でも、亡くなった人たちにいつか会えるのではと思っているふしがあり、それが希望となっているようでもあり、それでも常識人ですから、時に…、亡くなった人たちの年齢に近づき、また遠ざかるにつれていよいよ、打ち消してしまう心で泣けます。会いたい、会いたいなぁ。

それはそれとして^^、

どこまで実話かわからないのですが、中学生で家族離散という経験をした田村裕さんの星が気になって、見てみました。

1979年9月3日生まれ己未年、壬申月、癸酉日生まれ。(中央:玉堂星、北・東:車騎星、南:石門星、西:龍高星、若年:天庫星、中年:天極星、晩年:天胡星)

まっすぐ一方向へ降り注ぐ「」=「雨水」である田村さんは、集中力と文芸才に富む人。

「癸」の人のお母さんは、水を生み出す陽の金性「」。田村さんの「壬申月」の申の中にいて、縁の下の力持ち、一家のよりどころとなるお母さんでした。(庚未・庚申・庚酉でエネルギー計算すると33点。大変強い存在)。ドラマでは薬師丸ひろ子さんが演じていました。

「癸」のお父さんは、お母さん「庚」の干合相手「」。田村さんの「己未年」の未の中にいて、よく働く現実的なお父さん。

この「乙」(木性)のお父さんは、「庚」のお母さんと結婚することで融合し、金性「」に変化して、やはり強い父親(31点)となるわけですが、

お母さんが亡くなって、「辛」の魔法が解けてしまい、草木の「乙」に戻ったお父さんは(乙未・乙申・乙酉で10点)の身弱に。縁の下の力持ちを失いパワーの衰えたところへ、慣れない家事、3人の子の面倒、自身の病気などが重なっては、持ちこたえるのがやっとでしょう。 

…このように、星から色々勝手なことを言うのはラクなものですが。

田村さんの貧乏ライフは、現在の彼を支える力となっているのでしょうね。

かくいうわたしにもドンゾコはあります。(手相を学ぶ中にはそういう人も少なくない模様)。今があるから振り返ることができる。経験しないにこしたことはないことでも、わたしの場合はアレがなければ、今、かなり鼻持ちならない人間になっていたと思います。

いつでもわたしを、あなたを、支えてくれるはず、過去の自分と、さまざまな出会いが。

さて、ホームページの「手のひらのメッセージ」を更新しました。興味のある方はご覧下さい。ウィークリー・メッセージをリニューアルしたものです。今回は、結婚線ワンポイント。(もっといいのから書けばよかった?)

いつもありがとう☆今日の占いブログランキング☆

« 笑って吹き飛ばそう | トップページ | 暮らしや意識の変化に添って »

うらないごと 全般」カテゴリの記事

コメント

バルカンさん、こんばんは。蒸しますねぇ。

ご長男、大人の階段のぼりはじめる年頃なんですね。色々なことから感じて、考えて、成長されていかれることと思います。

ときどき、今の幸せに気付く経験、必要ですよね。あのドラマ見てわたし自身そう感じました^^

バルカンさんもお忙しいでしょうが、夏バテ注意食べ過ぎ注意happy01でエンジョイshineしてください!ネ。


お久しぶりです(〃∇〃)

うちの息子たちも観てました。
「ホームレス中学生」
そして・・・お母さんが亡くなってしまう場面で泣いていましたcoldsweats01
ちょうど亡くなった年が長男と同じだからか、長男は色々と考えていました。
笑いあり、涙あり、大人でも子供でも楽しめたし、子供たちが自分たちは幸せなんだなぁ・・・と感じてくれたので、それだけでも良かったかなhappy01

暑い日が続いていますが・・・体調を崩さないでくださいねhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 笑って吹き飛ばそう | トップページ | 暮らしや意識の変化に添って »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

占いのおはなし(過去記事)