フォト

鑑定依頼はこちらから

Twitter

おすすめリンク

クリック募金


おすすめリンク2

無料ブログはココログ

« 「欲しい」気持ちの起こるところ | トップページ | 湯呑で総理~ »

2008年9月21日 (日)

運を手に入れるには

0091r_2ドアを開けるなり「また雨ー。」という、張りのある第一声。月に1、2度、日曜に来る生徒さんたち。

ひと月前も雨降りだったのだなぁ、その日は確かリゾートへでも行くようなスタイルで来られたなぁ、と思いだし、月日のたつ早さを実感しました。 

…わたしのところへみえる生徒さんやお客さんは、20歳前後から70代まで。わたしはわたしの役割を果たすべく力を尽くしておりますが、皆さまから教えてもらうことも多々あります。

それは、「わたしの知らない世界」^^  

わたしは、今は大変狭い世界で生きていると思っていますので、井の中の蛙にならないために、視野を広げることが不可欠。「大海を知らず」では、有益なアドバイスはできないから。

そうはいっても、個人で知れる世界には限度がありますから、普段は、お客様や生徒さんという窓の向こうの世界に(いささか細い目を)見開いているところがあります。

未知の業界、未知の育ち方、未知の人間関係…。

苦しんでいる人であっても、その人だけの豊かな世界を持っているのが見えます。あなたはとても面白い世界を生きているよ。

それを相手の気が済むように伝えてあげることができず、もどかしいことも多いですが。まだまだわたしにも成長が必要なのでしょう。

…話が大げさになりましたね。身近な話題では、昨日、「就活」ならぬ、「婚活」(こんかつ)という言葉を、お客様からはじめて聞きました。

トンカツ? こんかつ。

すでに普通に使われている用語でしょうか。結婚にも、傾向と対策を伴う能動的活動が必要とされる時代? ロマンチックさには欠けるけれど、カラッと前のめりな言葉は、いいですね。

そういえば、今日も、ある生徒さんが「結婚は、会社と会社の合併のようなもの」という名言を吐かれていましたっけ。

人って、面白いことを言ってくれる。

「なるほどねぇ」、「そうなの?!」と、動く思考がきっかけとなって、自分が更新されていく。(脱皮ともいう?)

かすかでも、人と人とのつながりがきっかけとなり、新しい道が開かれていくのが、気持ちがいいなと感じます。

…「運・鈍・根(うんどんこん)」という言葉もあります。ものごとを成功させる秘訣。

「鈍」は、愚直さ。誠実に生きることが信頼につながるということ。「根」は、粘り強く目的達成に向かうこと。

でも「運」がなければどうせだめだろう、ということではなくて。「運」は、「鈍・根」をやっていくことでついてくるところがある。

そして、よい運も、悪い運も、人が背中に乗せて運んでくると言われます。人を大切にする人には、運がつく。悪い運ははじかれていく。

大切にするといっても、如才なく立ち回って、すべての人から嫌われないように気を遣いすぎる必要はないわけで。「鈍」でよいのですから。

活躍するスポーツ選手などを見ても、ラクして成功なんてあり得ないとわかるはず。

いまや、結婚も、活動のようですから、その目的達成のために「運鈍根」が必要なのかもしれませんね(゚ー゚) うどんこ、こんかつ。カロリー消費できそうな用語です。

…叩きつけるように雨、また降ってきました。すっころばないように気をつけて^^;、帰りましょう。皆さまも、ご無事でね。

いつもありがとう☆今日の占いblogランキング☆

« 「欲しい」気持ちの起こるところ | トップページ | 湯呑で総理~ »

つれづれ+占い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「欲しい」気持ちの起こるところ | トップページ | 湯呑で総理~ »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

占いのおはなし(過去記事)