フォト

鑑定依頼はこちらから

Twitter

おすすめリンク

クリック募金


おすすめリンク2

無料ブログはココログ

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

時の過ぎゆくままに・・・

Photo1129_2 時のたつのは早いもの。

少し余裕ができたのでゆっくりしようとした矢先、気づけばダウンしておりました。気を抜くとだめみたい。もう気を抜かないで12月へ向かいたいと思います^^; たくさん眠ると回復します。

さて、昨日は、

東京スピマの日。当教室の修了生が出展するので視察に行かねば?!と、午後の授業を終えてからそそくさと京急蒲田駅近くの会場へ…。

彼女も体調がよくないと聞いていて、ほんの少し心配していたのですが、杞憂でした。というのはYuko1129b

17時頃に会場へ着くと、優凪希果(ゆうなぎののか)さんの手相鑑定ブースの前には行列が! 終了時刻の18時過ぎまで話す間もなかったのです。

待つ間にわたしは、また手相を見てもらったり^^;しておりました。(勉強になるのです、どう言われるとどんな気持ちがするかがわかるので。頭の線がおかしい…と今回言われたのには驚きましたが(゚ー゚)oh!)

えーと、ののかさんの話ですね、ブースの位置もよく、「スタート時は少なかった」とNonoka1129_2本人、謙遜していましたが、脇から見ていても、彼女の熱心さが伝わってくるようでしたから、スピマ慣れしたお客様にもそれがわかったのではないかと思います。

…帰る道すがら、今後のことなどあれこれと話したのですが

わたしの役割はもう終わりかな、

と、喋り続けて声がかれてしまった彼女を見て、そう思いました。

占いの仕事はチームワークでするものではありません。組織で動くところもありますが、基本は、本人の資質と姿勢にかかっています。ひとりでやっていかねばならないことだから、なおさら、周囲との和や規則を守ることなどが要求されると思います。

わたしは「やさしい」と言われることがありますが、基本的には、自分にも他人にも厳しいほうだと思います。刺激し合うのは好ましいけれど、慣れ合うとプラスにならないと考えています。仕事とは、本来、厳しいものでしょう?

自由が丘の教室が、短期集中コースになっているのは、そのためだし、鑑定したお客様と距離をとっているのも、そのためです。

手相や運命学を学ぶと面白く役立つけれど、無理して学ぶ必要はないと言うのも、そのためです。

修了生と最後の挨拶を交わすとき、さみしいけれど、背中を押す気持ちでいっぱいです。 あなたがお客様を作り手助けをし、あなたがいい教室を作り、あなたが活躍してください。そこには厳しいこともあるけれど、ともに^^がんばりましょうネ!

…さて、とSai11、日付が変わって11月最終日。

年末のインド旅行を楽しみにしていた生徒さん達のことも、気になります。

つらい出来事や事件が多いけれど、希望を失わずにいたいものだと思います。

わたしの子供の頃は、第三次世界大戦が来たらどうするかと本気で心配しているような子で、世界は今と比べて明るかったかと言うとそんなことはなく。むごたらしい公害病で空しく命を終える人も少なくなかった。(わたしは)大人たちの価値観の変化が恐ろしかった、30歳まで生きるなんて思ってなかった。今、世界はそんなに悪くなっているのかしら。

と、あえて。鬱々としないように。

時は流れて・・・ 師走へバトンタッチ。一番上の写真は、お気に入りの写真集です(撮影:清水哲男)。

いつもありがとう☆今日の占いblogランキング☆

2008年11月22日 (土)

刺繍から伝わる知恵とぬくもり

Gk1122三連休、お休みの方も普段通りの方も^^ お元気ですか?

暖かかったり寒くなったり、そろそろ年末に向けての追い込みだったり、忘年会シーズン突入で飲みすぎだったり?!して風邪をひいている人もちらほらと。

無理は禁物。気をつけてまいりましょうね。

写真は、今日、オフィスへやってきた額絵。といっても、絵ではなく刺繍作品です。細い糸とビーズを、ひと刺しひと刺しして、冬らしい絵柄が作り上げられています。

向かって左の絵は、雪の積もった街で、真っ赤なマフラーを巻いた男性と赤いロングコートの女性が、駆け寄っているのか、ダンスしているようにも見えます。右の絵には、月と星がキラリと光って雪面を照らしています。

雪景色なのに見ていると温かい心地がしてくるのは、作った方の気配を感じられるからでしょうね。これは、隣のお部屋のエステ・サロン「LE BON NOOK」 さんからやってきたものです。製作者は80代の女性。ライト付きルーペを使って、たくさんの作品を日々作り続けてらっしゃるそうです。素晴らしいことだと、その事実にも元気をもらえるのです。

お年寄りというのは、東洋の運命学でとらえると、智恵を象徴する水性=北方に位置し、精神性を伝授してくれる存在。親やそのまた親達から伝わる智恵と伝統を十分に受け取ってこそ、わたしたちの精神性に芯が通ります。

ですから、年配者はこれまで生きてきた人生と生きている今を、ひるむことなく伝えていただきたいですし、これからを生きる人はそれをしっかり受け止めてこそ自信を持って未来を目指していけるものだと思います。

…下は、クリスマスツリー。かわいいのです。

Gk11222額絵のおかげでいささか殺風景だったオフィスが急に華やいだ雰囲気に。 

ハンドメイドは、いいですね。わたしも編み物ぐらいなら^^; 無心に浸る時間、取り戻したい気持ちになりました。(もうちょいと先に…)。

このところ、光の変化する時期なのでしょうか、電車に乗っているときなどに、ビルとビルの間から射す光の加減がきれいだなーと見ていると知らず涙が流れていることがあります。もーろくしたのかな(゜.゜)(この発言がよろしくない?)とあやしんでいましたが、「LE BON NOOK」 さんのところでお話していたら、そういう人も珍しくないようです。ちょっと安心。

さて店じまい。

夜になって冷えてきましたが、心はあたたかい一日でした。そのあたたかさを、突然訪ねてこられたお客様に渡し損ねたかもしれないなと、気がかりも少々。

なかなか理想どおりにまいりません。少しずつ少しずつ、近づきたいものです。

いつもありがとう☆今日の占いblogランキング☆

2008年11月17日 (月)

11/29(土)東京スピマに修了生が出展します

HPの手のひらを巡るメッセージを更新しました。今回は、「枝分かれした結婚線が伝えることは?」です。

久しぶりに書いたら、長くなってしまいましたが、手相に興味のある方はご覧ください。

さて、先日、書きました、第34回東京すぴこんの件。追記します。*名称が、「すぴこん」から「スピマ」(スピリチュアルマーケット)に変わったようです^^

出展するのは、優凪希果(ゆうなぎののか)さん。手相をメインに算命学を加え一人一人の宿命を誠実に読み解きアドバイスします。感性鋭く、人の心の痛みのわかる女性鑑定者です。8月のすぴこんにも参加しましたが、その後さらに研鑽を積んでおり、今回は名前も改め単独で参加します。

スピマ特別鑑定料金ですので、大変お得だと思います。

開催は、11月29日(土)。会場は、大田区産業プラザPIO。京急蒲田駅から徒歩3分。お近くの方、興味のある方はぜひご来場ください。わたしも、夕方ぐらいに出向けたらと思っています。

…写真は愛猫の手(脚)。猫の手も借りたい、というわけではなくて。猫写真を載せたブログがあると、つい通ってしまう猫好きなわたくし、猫の手相は見ていませんがクローズアップしてみました。

手のひらメッセージが長くなったので、ブログはさくっと更新♪

新しい一週間も、あなたの心に平穏を、

願っています。

いつもありがとう☆今日の占いblogランキング☆

2008年11月13日 (木)

美しき山、戊(つちのえ)の人

Water_candleb_215   東海の小島の磯の白砂に
  われ泣きぬれて
  蟹とたはむる

  いのちなき砂のかなしさよ
  さらさらと
  握れば指のあひだより落つ

わたしの出た中学の教室の壁に、石川啄木の歌を書いた色紙が貼られていました。あれは誰が貼ったのだろう・・・

砂がこぼれるように、栄光がこぼれ落ちていく… 小室哲哉さんの件で、思い出したのです。

先週から、授業中にたびたび、小室哲哉さんの手相について尋ねられましたから、皆さんの関心の深さがうかがいしれます。

手相について授業中に答えたことは、実物を見ていないので推察の域を出ませんが、算命学で見ると、小室さんの日干は「」(つちのえ)。自然界で例えると、高くそびえる「」。山は、土や砂の積み重ねでできています。土は、土性引力本能が強く、お金や人の注目を引きつける性質を持っています。

小室さんは、25歳から20年間の大運天中殺時期に、大きな山を築いたと言えます。同じ大運天中殺でも、彼の場合は、守護神が回り、創造性が増し、社会的運気が思いもよらぬほど活発になる運気(東方・中央合法)に恵まれました。持ち前の才能に、何倍ものプラス要素が加わった20年です。

それならば、手のひらの薬指の下に刻まれる太陽線は、消えないほどにくっきりと刻まれていったのでしょうか? お金が集まれば、人も集まる。けれど、この20年間は、いわば、神様からのプレゼント。魔法が消える前に、もとの器へおさまっていかねばなりません。

ですが、昇りつめた人は、よほど心の修練がないと、ブレーキを踏めないものです。

止める人がいたとしても、(ひとのいい人ですが)自分中心で意見に耳を貸さないところもあったでしょう。

45歳からは、大運天中殺の魔法が消えて、「戊辰」という、土性の強い周期となり、もともと土性の多い小室さんは、土が増して動きのとれない山になりました。

そして、陽占で見る東の星(友人運)が、頑固で我が道をゆく「貫索星」、北も(目上運)「貫索星」。さみしがりやだけれど、人に頼るのが下手な人。本当に頼りになる友人は限られているでしょう。

…そうであっても、命あればなにより。今回のことをきっかけに学ぶ姿勢を持てれば、不運脱却も可能なはず。小室さんには、楽曲や楽曲を大切に思う人たち、という宝があるのですから。

…今年、2008年=「戊子年」後半に、日干「」の人のニュースが続きました。

小室さんと同じ寅卯天中殺グループの「戊申」日生まれでも、緒形拳さんは、人間関係に恵まれた人でした。後天運でも、日居大運、大運天中殺、変剋律大運と、一生涯続くような大きな運気の流れの中で最期を迎えました。

けれど、運強い緒形さんも、守護神「癸」を変化させてしまう「」の回る今年、昨年来の疲労蓄積に耐えきれなかったものでしょう。

火性の多い「戊」の人らしく、最後はサラサラッと山を崩して逝かれて、強い印象を残しました。

小室さんも、緒形さんも、今年は、「過去の問われる年」「我が道をいく年」ということでは、変わりありません。

」日生まれの人にとって、「貫索星」の回る今年は、自分らしさとは何かを問う年となるのです。

…今年、大麻所持で逮捕された加勢大周さんは、「戊寅」日生まれ。この人の運勢も大変興味深いものがあります。独立した時期、母親との縁が、ひとつのスイッチになっています。

同じ「貫索星」が回っても、主星が「禄存星」の小室さんと、「司禄星」の加勢さんは、あくまで自我を貫こうとすれば、財運(=禄存・司禄)を失う流れとなっており、よくよく注意しなければならない年回り。

」=山。エベレストでなくていいけれど、低すぎては山でなく丘。どっしりと美しくそびえて、「気持ちがいいな」と、見上げられるようになってこそ。そのために、志高く、そして、人の信頼という土を積んでゆくことが、欠かせないのです。

  その膝に枕しつつも
  我がこころ
  思ひしはみな我のことなり

  (引用はすべて「一握の砂・悲しき玩具」新潮文庫)

自我は誰にもあり、みな自分が大事です。啄木は、利己的な自分や他人に敏感で葛藤し、また生涯、赤貧で苦しみ、珠玉の歌を残しました。

自分、自尊心、お金、宝というものは、切り離せずからまっており、それらのせめぎ合いから、世の注目を集めるものが生まれてくるというのが面白いものだなと思います。

いつもありがとう☆今日の占いblogランキング☆

2008年11月 5日 (水)

任せてしまえばいいのだった

Rose3_2日の暮れるのが早くなりましたね。

これから、神奈川方面へ新しい講座の打ち合わせに。

超個人営業である^^わたしのところへも、最近はカルチャーセンターなどの講義依頼がぽつぽつ来るようになりました。大変うれしいわけですが、実際には受けられないことも多く。

なぜなら作業の遅いわたくしがほぼひとりで自転車操業的に^^;授業と鑑定と原稿書きなどやっているので、今のままでは遠方での定期的な講座は無理そう。中途半端な仕事はしたくないので。

残念だなと考えていて… !! あぁそうだ、自分が全部やることないんだと当り前のことに気付いた次第。人生経験豊富で優秀な修了生が出てきているわけだから、任せればいいのでした。

ひと安心。

また、11月29日に行われる「東京すぴこん」には、わたしの教室の修了生が単独デビューする予定。

ほんとうに嬉しい。

詳細はまたお知らせしますね。わたしも、29日は偵察、もとい遊びにいきたいのですが授業が入っているのでどうかな、というところ。でも行きたいなぁ。

出演するのは、知識に裏打ちされた丁寧な鑑定と誠実な人柄が8月のすぴこんで大変好評だった人なので、安心しています。

…ひとりで仕事をしていると、どうしても視野が狭くなりがち。そんなときに、刺激をくれたりやる気を取り戻させてくれるのが生徒さんだったり、また、お客様の人生だったりします。このところの多忙で、鑑定などをお待たせしてご迷惑をおかけしました。

細切れ時間しか作れずもぐらのように^^;自由が丘に居ずっぱりでもくもく頭から煙が出そうなわたしを、焼肉に連れ出してくれた友人にも感謝。

恵比寿で焼肉、おいしかったです。金性パワー炸裂。このところ体調がもうひとつだったのですが、夜空をあおいで散歩して晴々としました。今週は遅れを取り戻したいところ。

ちいさなことが、大きくうれしいです。みんな元気で行こう!

と、願っています。

いつもありがとう☆今日の占いblogランキング☆

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

占いのおはなし(過去記事)