フォト

鑑定依頼はこちらから

Twitter

おすすめリンク

クリック募金


おすすめリンク2

無料ブログはココログ

« わたしのことを書いて | トップページ | 手相教室・向島ブックカバー・鈴が鳴る »

2009年2月19日 (木)

甘えんぼうの功罪とは

092713こんばんは。雨女の可愛いお馴染みさん^^が今日は訪ねてこられたのに、雨は明日に持ち越されたのかしら。「センセイと会ってからもう6年ぐらいたっている」と言われて、うれしいようなギョッ(゚ー゚;とするような気持ちになりました。

心配の種は尽きるということはないけれども、そこそこ元気でいてくれて、嬉しいな。

さて、HPの「手のひらを巡るメッセージ」を更新しました。やっと、ね。

基本に立ち戻り、基本線のバランスから読み取れることについて書いてみました。興味のある方はご覧ください。

…「最近のブログ、まじめですね」というご意見、ごもっとも。ネが真面目なのはさておき、芸能スポーツネタ、時事ネタが出てこなかったのは、実は一か月ほどテレビなしの生活を送っていたから^^ 古いブラウン管テレビの映りがかなり悪くなっていたので引越しを機に捨てたのです。そのあとばたばたとしていてそのままに。

先日ようやく地デジ対応とやらを買ってみたらば(今、テレビの買い方がわかりづらくありません?)、キレイです。ドレスをまとった女子アスリートもイチローさんもよれよれ大臣も実に鮮明。 ニュースはネットで知ることができますし、テレビなし生活は内省的になれ落ち着いていたのですが、あればあったで、適度なテレビタイム、くつろげますね。

お久しぶりのテレビ君を見ていて印象的だったのは、やはり中川元財務大臣の件(それから劇団ひとりさんと大沢あかねさんのご結婚♡)。

中川氏の件は、他の占いサイトでも取り上げられたでしょうから多く書きませんが、わたしが注目したのは、「母星過多」。

生年月日から見る陰占命式で、親の星が多く出過ぎる人のことを言います。

麻生首相も同じなのですが、母星過多の人は、普通は親からも他人からも助けられ、頭もよく働き、得なタイプですが、気をつけないといけないのは、過保護。親御さんからよくされすぎると、自分の本質が十分に発揮できないなど、マイナス面が出やすくなります。(マイナスを避けるには早めの親離れを推奨)。

そして、どの分野でマイナスが出やすいかを、日干から察することができます。

中川昭一氏(1953年7月19日生まれ)は、日干が「辛(かのと・しんきん)」ですから、金性=義(約束、ルール)の世界で甘えや、トラブルが起きやすい。どんな事情があったにせよ、G7後の会見での醜態は、今まで許されてきた人の甘え、甘さと言えるのではないでしょうか。

麻生首相(1940年9月20日生まれ)は、日干「丙(ひのえ・へいか)」ですから、火性=礼儀(言葉づかい)の世界で甘え、トラブルが起きやすいので注意を要します。「ひと言余計なことを言ったばっかりに…」となりやすい。

また、お二人とも、父親をあらわす星が、位の高いところに出ていますから、父親が尊敬できる存在であることも共通していますが、こういう形は、本人によほどの気概がないと父を超えられないことにもなりやすいとみます。

今、時代は、甘えの通じないことになってきているわけですから、国を動かす立場なら特に甘い姿勢は正していただきたいものです。

いつもありがとう☆今日の占いblogランキング☆

« わたしのことを書いて | トップページ | 手相教室・向島ブックカバー・鈴が鳴る »

うらないごと 全般」カテゴリの記事

コメント

キキララさん、こんばんは。

唐突に聞かれますね^^

日干が水性の人は、もともと知恵があり、母星過多だとさらに利口になり、それをいかして世に出る人も少なくありません。

水性=「智」ですので、知恵の世界や、(知恵をつけてくれる存在である)親や目上との間で、甘えやトラブルがおこりやすいとされます。

知恵が過ぎて悪知恵になれば、それが弱点。
思いがけなく「ずるい」と後から非難されないように気をつけて、ということです。

私も母性過多です。玉3個並びに龍1禄1です。私は壬戌ですが、水性の弱点って何でしょうか?

>駄目な方に執着したり引っ張られてしまうのが人間がもしれません。

なるほど、そうですね。

そういう部分を律する器の大きさがリーダーには求められますね。というか、それが当たり前だと思うのですが。
いつからこんな時代に?^^;

中川さん、身内だけの場なら許せても世界の場であの泥酔ぶりはまずいですよね。普段からお酒で失敗してしまうのはまわりが皆知ってるらしいですね。誰かとめてあげれる人はいなかったのか。あれなら出席せずに休んだほうが無難でしたね。ああいうお酒なら体にも心にも毒ですからやめた方がいいのでしょうけれど、駄目な方に執着したり引っ張られてしまうのが人間がもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« わたしのことを書いて | トップページ | 手相教室・向島ブックカバー・鈴が鳴る »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

占いのおはなし(過去記事)