フォト

鑑定依頼はこちらから

Twitter

おすすめリンク

クリック募金


おすすめリンク2

無料ブログはココログ

« 夜更けて。スピマご来場感謝 | トップページ | 鑑定練習会、コウモリ、立秋の夢 »

2009年7月29日 (水)

暑中お見舞い申し上げます♪

0907296_3

週半ば、調子はいかがですか。

今日の写真は、26日の日曜に新横浜プリンスホテルで行われたダンス・フェスティバルのスナップです。

横浜の読売文化センターでご縁のあったI さんの(お名前出してよろしいのでしょうか)晴れ姿、シッカと瞼に焼き付けてまいりました。

「忘れてー」と、あとで言われたのですけど、

健忘症のわたくしでも、これは決して忘れられませんねぇ。

素晴らしい衣装に0907292_2、華麗なステップ^^ 、そして名エスコート♪ 出番が近づくにつれてわたくしまでドキドキ…、緊張のあまり、ぼんやり写真になっていて恐縮です。

出演者の平均年齢、どのぐらいでしょう。モノトーンのマイクロミニの衣装でチャチャチャを踊る女性に飛んだ声援は、「バーバ、がんばって!」^^

目を細めると、バーバの可憐な踊りは、10代女子のよう! に見えるかもしれない細めると。

中には80代の方0907295もいらっしゃって、

漂う緊張感が快く。

ダンスタイムには一転、軽々と踊っている皆さんの姿を目にして、

♪ダンスはうまく踊れ~な~いわたくし、老いた自分を感じました、です(゚ー゚;

そして、ラストを締めくくった講師陣のデモンストレーションは圧巻。きらきらと光っていたのは、汗ばんだ額や首筋に反射するホールのライトだけではなくて、

ヒトが内面から発していた光だったように思います。

不思議と、

帰りの電車で、10代のころを思い出しました。

思考は、過去と未来を行き来するものでしょうか。

14、5歳のころ。クラスの女友達が、泣きながらうちに来たことがあったなぁ。

「おひー」(と呼ばれてました^^)、そしてあとは泣いてしまって。わたしは、どうしたのだったか…。驚きはしなかったですね。そういうことが幾度かあったので。理由も聞かず部屋にいて歌でも聴いていたのだったか…。

わたし自身も、別の友達の家で、普段は活発なその子が部屋ではよく泣いて、わたしもつられるように物悲しく泣いていたことがありました。やはり、当時のフォークが流れていて。その子から、音楽や詩のことを教えてもらったのでした。

女の子は泣くもの? 海の近くのセンチメンタルな?!土地柄が関係していたのでしょうか。具体的な理由が特にあったわ0907293_2けでなく、きっかけは、好きな男の子の話なのかもしれないけれど、

ただ泣きたいから泣いていたように、思い出します。

流れる涙が心を洗って自分が光って感じられたように、今は思い出します。

うんと泣いて、

うんと生きたかった。のかもしれません。未来が見えない。不安よりも渇望。泣きながら急に大人になっていったような気がした。

閉塞したような田舎町でも、夏の海では波が光を反射して。きれいでした。

年齢を経るほどに、昔の情景や感情が鮮明にプレイバックしてくるものでしょうか。記憶の美化?

運命学的に見れば、若々しく芽吹いた木性が充実して、夏(火性)となり(木生火)、

精神が未来(子供の心・火性)を生き続ける限り、止めることのできない肉体の終わり(金性)にブレーキをかけようとする(火剋金)というところでしょうか。

今でも、

いくつになっても、ときどき、泣きたくなるのは、うんと生きたいからなのかもしれませんね。

…夏は暑くてたまりませんけど、

溜息つきながら歩いていて、それでも、

過去と未来の生きかう、きれいな季節だなと、(暮れてホッと一息つける時刻になるとですが^^)心地よくたゆたうような情感を覚えます。

健康第一で、

よく休んで、

よい夏を、と、願っています。

いつもありがとう☆今日の占いblogランキング☆

« 夜更けて。スピマご来場感謝 | トップページ | 鑑定練習会、コウモリ、立秋の夢 »

日々のわたくしごと」カテゴリの記事

コメント

風光さん、いつも読んでいてくださって、ありがとうございます。

思い出はだんだん美化されてきています^^; 学生時代はいい子ではありませんでした。厭なことをずっと覚えているとまいってしまうので、カミサマが忘却力をくれたんですね。それでいいのかなぁ~と思う事もあります(゚ー゚;

風さんはまだ色々お忘れになっていないようですから、気持ちがお若いのだなぁと感じてブログ拝読しております。

ひかるさん、こんばんは。

恥の文化は尊いと思いますが、正直な感情発露もまた尊いと。

けれど正直な感情発露に見えて、実際は満たされない自己愛の暴走ということもあり。

犬猫と比べてヒトは面倒くさいなと。そう感じること自体、衰えかな。面倒くさいところが人間味なのですけどね。

二度読みしました。
>流れる涙が心を洗って自分が光って感じられたように、今は思い出します。
>うんと泣いて、うんと生きたかった。

そうだと思いました。
私は水は清めるものだと思っています。
ですから頷けます。

恵美花さんの学生時代の僅かですが知ることができ、笑顔になれました。

なぜ笑顔になれたのかは、心がそうさせたから、理由はわかりません。

暑い日と大雨の連続の中僕の方も何とか前に進んでいます。感情表現は大人になればなるほど内面に抑制するようになってしまうものなんでしょうね。主観的に物事を体験する事が今の日本人は苦手なのかもしれません。恥ずかしさを捨て時には感情を現すのも生きている証になるものだと僕は思っています。八月中に一度ウチの方から御連絡する予定ですのでそちらの方もよろしくお願い致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夜更けて。スピマご来場感謝 | トップページ | 鑑定練習会、コウモリ、立秋の夢 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

占いのおはなし(過去記事)