フォト

鑑定依頼はこちらから

Twitter

おすすめリンク

クリック募金


おすすめリンク2

無料ブログはココログ

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月16日 (金)

青から始めて

0907121_3

寒暖の差が激しいですね。風邪などひいていませんか。

今日は、春と思い油断して切らしていたティートリーなど抗菌効果の高いエッセンシャルオイルを補充しました。そうして、

冷たい雨の日に開いたのは、空色の手帖。

柔らかな色と質感、革ひもをくるりと巻いて結ぶかたちが美しく、昨年手にしてから、何を書こう、何を書こう、と、ときどき眺めている間に時がたっていました。

今日、ぽかりとあいた時間に、すっと手が伸びて。4月16日のページに一日の出来事と思いを記しました。桜が散った後とは思えない寒気とからだの重さが、反作用のように脳を刺激したのでしょうか。あるいは自然に?

なにか整理がつかないように感じるときは、

青から始めてみるのです。

青は、冷静さをもたらすカラー。五行で言うと木性。木性は、方角でいえば東、陽の昇る方向、芽生えの場所。仕事や友人関係など現実的な事柄が動いていくところです。

東にはじまり、西へ帰る。ひとつのゴールへついたら、よい思い出も苦い思い出も西へ整理して、また東へ。荷物をおろせば、また動けるというもの。

…それから、下の写真は、プロフィール用の写真を撮ってもらったときの一枚。

ナチュラル風ですがしっかりメイク、とても更年期には見えない?美化写真にて。疲れ気味の時こそ笑顔の写真を意地でも?! ^^;

わたしはどうも写真が苦手で、きちんとしたプロフィール写真がなかったのですが、最近そうも言っていられなくなり、プロの方に撮ってもらったのです。

仕事人は、エステ:伏見淳子(お隣のサロン Le Bon Nook)、ヘアメイク:佐藤りえ子、カメラ:真野篤(まやあつし)の皆さん。良心的な価格でHito2010041_3ニーズに見合ったメイク、撮影をしてくれるのでおすすめです。ご希望あれば尋ねてくださいね。

そういえば、今までHPに使っていた写真は、数年前に四十肩でガックリきたときに、エイヤっと自分で撮ったものでした。そして今回は更年期…。

少々しんどくなると、打開したいような動きも出るもの。最近、講座資料を駆り立てられるような思いでえっちらおっちら(゚ー゚;改正しているのもそのせいかも。恵まれてばかりいると、こうではないかもしれません。

また、更年期障害カミングアウト^^をしてから、お若い生徒さんから"更年期に効くお茶"をそっと("そっと"がニクイ)いただいたり、「占い師には神秘性がないとダメ!」と、占い師生命を危惧されたのかヘアケア製品を("がしっと"体育会系的に)渡されたり、また「わたしも長くつらかった」とお客様から伝えられたり慰められたり、そんなこともあります。

わたしのほうが気遣かうべき側。心苦しいのですが、ありがたく。今をこれからに役立てたいです。体調がいまひとつだと完全なことができないけれど、完全にできていないことがあれば、いつまでもトライできる。それもまた嬉しいこと。

そう、今日、恵比寿のよみうりカルチャーへ行きましたら、前回に続いて80代の方が入会されたのです。

これまでのヒトオ教室最高齢のMさんがすっかり若手になってしまったことに驚き、命のあり様に思いを馳せます。いのちの長さには差があり限りもあるけれど、

青から始める思いがあれば、

その人の生は照らされるのではないでしょうか。木性(春)からの流れは火性(夏)へ。「思い」があれば、状況は動くし、周囲の人も変える。

今、くるしいひとたちも、青から始めるように、何度でも、

仕切り直して、と願っています。そうして、お体、

お大事に。

いつもありがとう☆今日の占いblogランキング☆

2010年4月10日 (土)

時は流れて

10040722週末。

パソコンにゆっくり向かう時間がとれないまま。

メールの返信など遅れがちになっており恐縮です。

(「はやく!」「うんとかすんとか言え」などと電話ください^^)

…先週、今週も、

色々な言葉が耳に残った。

「分刻みで動くのが好き」

と、地方から恵比寿の読売文化センターへ来ている方が、はつらつと。

分刻み… のろりの自分とひきくらべ、人間には色々なタイプがあるとあらためて実感。

同じ文化センターの新規講座に86歳の方がいらして。

「運命線が、どんどんどんどん伸びてきた」と。

それで手相に興味をもたれた、と。健康で86歳ということにも、そのお年で新たに勉強をしようということにも、驚く。

大正時代に生まれていたら、

わたしは今、どんな感慨を。

1004101_3

…色々な思い、流れていく。

流れていくことが、惜しまれるけれど。

扉のほうに顔を向けると、いただいた薔薇が目に明るく。

部屋が明るく。

しょぼくれた体にも、明るい灯りがともるよう。

花をくれた人に聞いた、これまでの話を思えば、なおのこと、明るさが沁みてきて。

時間が、足りない。やれることには限りがあるけれど、

それでも、

明るく、

流れて。

と、

つれづれ更新。来週へ、つ・づ・く。皆さま、ご無事で。

いつもありがとう☆今日の占いblogランキング☆

2010年4月 2日 (金)

引力を生じるのは悦びの火性

1004012ひと休み^^

タイトルのデザインが二重に表示されることがあるようです。追って直しますね。

今日は、すでに昨日、木曜ですが、

お昼近く、まだ風のないときに、近くの桜の木の下にビニールシートを広げて愉しんでいる人たちを見ました。

そばのベンチには、缶ジュースを手にひとりで花を見て憩っている人もいて。

デジカメを思わずかざして。遠慮しあいながら、隣でもケータイをかざして。

交わす言葉がなくても、おなじ花の時を共有する同士の共鳴感というのは、心地よいものですね。

…さて、金曜の朝がくれば、恵比寿・読売文化センターの4月期スタート。今期も無事開講できて嬉しいです。

忙しいと言えるほどに日々恵まれ有難いことですが、不思議な稼業ですし、また、わたしの経済観念と行動が、かなり丼的な(゚ー゚;ため、だいじょぶなのかしらという思いが脳裏をかすめることが全くないのではありません。講座開講時など特に。けれど、

そんなとき決まって思い出すのは、「お客は、来ないものだ」という、かつての上司が伝えてくれた言葉。

店を開いたら、店で待っていたら、お客様が来ると思っているから、来ないとがっくりする。けれど、お客というのは普通は来ないものだ、と決まっていたら、自分が何か工夫するしかない。店の場所を移すことだって決断しないといけないかもしれない。自信を失ったり誰かのせいにしている暇はないのですね。

昔は、8時間座っていてもお客さんが1人、2人というような占い店に勤めたこともあり、当時は「そんな殺生なぁ・・・?!」という思いで聞いていた上司の言葉でしたが、今では、そういうものかもしれないな、と思えて。そうすると、不安がたとえきざしても、こころが後ろへいかないのです。こころさえ後ろへいかなければ、工夫することを愉しめる。1人でも集まると大変に嬉しい。

よい1004011ことを言ってもらったものだと思い返しています。

かつてわたしは文句の多い人間だったのですが(今も完全には変わっていないかもしれませんけれど^^;)、過去を思う時に湧きあがる感情が、つらさや恨みではなく、有難さだということが、なによりもの幸せだと感じています。そうして、ときどきおいしいものにありつけることも^^

下の写真は、豆だくさんの群林堂の豆大福。護国寺にあり、毎日、行列ができているそうです。

なるほど豆好きにはたまらない赤えんどう豆のマメマメな食感。機械的に大量には作れないのでしょうね。来るところへお客さんはかならず来て、来るだけの理由が、来させるだけの引力行動が、ありますね。

「甘いものの誘惑」と言いますが、甘いものは、五行で言えば土性で、土性は引力本能が強いわけですから、まさにそのままです。けれど、引力をおこす努力は、甘いものではないでしょう。けれど引力を引き起こす努力には悦び(火性)があるでしょう。

いつもありがとう☆今日の占いblogランキング☆

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

占いのおはなし(過去記事)