フォト

鑑定依頼はこちらから

Twitter

おすすめリンク

クリック募金


おすすめリンク2

無料ブログはココログ

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月27日 (土)

よろこびは

1011147_2よろこびは

よろこびは日日にあたらしわが庭に青き今年の柚子の実数ふ

よろこびは日日にあたらし水槽に今朝グッピーの子を見つけたり

よろこびは日日にあたらし初めての黄の睡蓮の咲きたることも

よろこびは日日にあたらし五人目の乳の匂ひする曾の孫を抱く

淀みゐし言葉一つが立ちあがり一首成れるもよろこびとして

朝の庭に百舌の高鳴き聞きたりと書き添へて今日の日記閉ぢたり

今日の事皆なし終へて身は弛(たゆ)しワイングラスを置きて寝むとす

終(つひ)の時もかくあれと思ふ溶くるごとひとりの眠りに入りゆくとき

  山内章子 歌集「ゆふべ華やぐ」(角川書店)より

ご縁の方から、歌集をいただきました。

ご主人に先立たれてから三十余年。「運命線がどんどん伸びてきて、わたしは生きてゆくのだなと」迷いの中でも思ったという話を、著者から聞いて感銘を受けたことがあります。

幼かった孫が結婚し、曾孫が生まれて、子供たちの成長ぶりによろこびを感ずる今。歌集は、日々の発見にあふれています。

孫がいて曾孫にも恵まれ豊かに暮らしているから幸せなのだ、と、言う人は言うでしょう。けれど、そればかりでない、山内さんの幸せ上手の秘訣は、日々を見つめる新鮮な視点にあると思えます。観察者の視線と言ってもよいでしょうか。

観察者の視線があるのは、精神的に自立されている方です。

精神的に自立しているから、自由に歌も詠めるでしょう。歌は、五行で言えば火性にあたり、精神の未来をめざす行為。子供の成長を喜びながら、山内さんもまたいつまでも、みずからが未来を指向して生きていらっしゃる。

そのことが、読む者にも、羨望ではなく、安らぎを与えてくれる。孫がなくても曾孫がなくても(^^

…どんな状態でも、不幸だ不運だと言うひとは言います。

どんな状態でも、また、よろこびを感じられる人は感じられる。それは、運命のせいでしょうか?

わたしは、そうとばかりは考えないのです。

孤独な性状のひとにも、親しく感じられるだろう歌が、山内さんの歌集にはあります。

それは、山内さん自身がきちんと個を生きているからなのだと、わたしには思えます。

晩秋(おそあき)の庭にくれなゐ深まりてゆふべ華やぐ酔芙蓉のはな

歌集のタイトルにもなっている「ゆふべ華やぐ」酔芙蓉。朝方、白く花開き、だんだんとピンクに染まって、お酒に酔ったかのように夕刻から夜にかけては紅に色づいて、そうしてしぼんでしまう花。

はかない命、と見るか、鮮やかな生、と見るか。ゆふべというのは、昨夜なのでしょうか、一日の終わりなのでしょうか、いくつもの酔芙蓉の花が色づき開いた夕刻の庭を、著者と同じように見ている感覚を覚えます。きれい。と、思える自分のこころに、勇気づけられる思いが、また、します。

・・

さてさて、わたくし事では、12月の予定もクリスマス頃までほぼ埋まり、あとは日々務めてまいるだけとなりました。

同じような繰り返しの中にも、それでも、

「ゆふべ華やぐ」と、ふり返り、脳裏に薄明るくともされるような瞬間の記憶を、一度でも二度でも数え増やすことができるなら、幸いな人生といえるのでしょう。意識してまいりたいものです。

…師走が迫り、ご無沙汰を重ねているご縁の方がたを思います。思うばかりでごめんなさい。お元気でいらっしゃいますか。健やかな日々を心から願っています。

いつもありがとう☆今日の占いblogランキング☆

     ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
  手相占い&手相の見方教えます
  東京 横浜 東横線 自由が丘駅から5分

shine自由が丘 手相運命学教室・仙習院
shine手相と算命学が得意な仙乙恵美花のHP
    ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

2010年11月21日 (日)

時は移りて。28日(日)は東京スピマで

1011141

穏やかな天候の日曜日、いかがお過ごしでしたか。

わたしは昨日ゆっくりお休みした分、今日は朝から務めていました。いつもと同じような、そうして少し違う時間の積み重ね…。

一週間前、ひと月前、さらには一年前のことが、すぐこの間のことのように感じられ、それでいて、過ぎていくそばからリアルさを失い、遠い思い出に連なるような感覚。懐かしいような、はかないような。さみしいような、いとおしいような。

そんな意識に何かひっかかりを感ずるのは、年末が近づいたからでしょうか。ふり返るのは、まだ少し早すぎますネ。

まもなく、来年の占い記事の準備や年明けの行事の段取りなど、本腰を入れないといけない時期へ突入。先へ先へと歩みを止めない時の流れの中で、ひと息いれたくなったのかもしれませんね。つい「山にこもりたい」などとつぶやいてしまうヒトオです。いけない、いけない^^;

さて、久しぶりの更新が宣伝にて恐縮です。 先月に引き続き

来週の日曜、28日に行われる東京スピマ(⇒公式HP)に、当手相鑑定講座認定の鑑定家4人が参加します。

会場は、両国国際ファッションセンター KFCホール(⇒MAP)。都営地下鉄大江戸線「両国駅」A1出口から1分。

出展場所は、41ブース。受付に近いホールの奥の部屋です。

手相やスピリチュアル分野に興味とお時間があれば、どうぞいらしてください。わたしも15時頃までは会場を巡っていると思います。

来月、12月19日(日)の東京スピマにも参加予定です。

…スピマへ行ったときには、たいてい、わたしは、他のブースの方に手相をみてもらうことにしています(^^

1011143

どのような鑑定をされると、どんな気持ちになるのか、どのように言ってもらいたく感じるかなど、お客さんになることで、自分を顧みることになり、大変勉強になりますので。

そして純粋に、第三者のアドバイスを聞きたいという気持ちもあります。

タロットカードをしてもらうこともあります。普段は他人から占ってもらうことがないので、気取らない雰囲気の中でみてもらえるこの催しを、愉しみにしています。

占いの館ブラックローズのロザリンドさんという方に、一年ぶりにタロットをしてほしいなぁ。衣装は”黒薔薇”、しかし性格は”気さくで朗らか”という女性に、心なごめるのは、算命学で言う龍高星をわたしが(頭に)持つせいかも(゚ー゚) 

いつもありがとう☆今日の占いblogランキング☆

     ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
  手相占い&手相の見方教えます
  東京 横浜 東横線 自由が丘駅から5分

shine自由が丘 手相運命学教室・仙習院
shine手相と算命学が得意な仙乙恵美花のHP
    ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

占いのおはなし(過去記事)