フォト

鑑定依頼はこちらから

Twitter

おすすめリンク

クリック募金


おすすめリンク2

無料ブログはココログ

« ふるきをたずね新しきを、知りたい | トップページ | ためされて »

2011年3月12日 (土)

一夜あけて

0903048

一夜あけて、この空の晴れやかさに、言葉が浮かばない。

被害の伝えられる地域の方々に「気持ちをしっかり持って行動を」と言葉を送り、この状況で、どうやって気持ちをしっかり持てと言うのかと唇をかみました。

亡くなられた多くの方に弔意を捧げます。

ご両親の連絡を待ちながらこちらで自宅待機していると言う受講生もいます。

どうか、ご無事で。

これ以上被害の広がらないよう、迅速な救助、復旧活動を望みます。救援や支援にあたっている方々のご無事も。

与野党も一丸となって、このようなときこそ力強く、選ばれた者としての姿勢を見せてもらいたいと願います。関係省庁の正確な情報公開も。

余震があり。わたしたちのできることは、油断せず身を守り冷静でいることでしょう。落ち着いたらできることを。節電でもいい。してはいけないことをしないこと、例えば不安をさらにあおったり、いたずらに落ち込むようなこと。

…甲信越地方でも揺れたので、実家に改めて連絡すると、

80歳になる父、かつて社員旅行先で被災した阪神淡路の経験があるからか、言葉は落ち着いていたけれど、

「こっちは日本海側だから。だいぶ揺れたが、被害の大きなところに比べたら……」。そのあとは互いに言葉になりません。

わたしのところでも激しく揺れ、本棚が倒れるなどしましたが

言葉にならない、と思っていると、

「人生は短いぞ」と、電話の向こうから、唐突に。

こんなときにそんなことを言わないでほしい。

「人生は長いと思っていたが…。80になってみんと、80の者の考えることはわからんものだ」と。

そうして、健康状態や近況など話して、

「じゃあ、またね」と、短い話は終わりました。

耳にいつまでも残る「じゃあ、またね」でした。

冷静に、と心得るけれど、脳裏に浮かぶ宮城の人の「またね」を耳に確かめたく、いけません。気持ちをしっかり持って行動を、でした。今日は授業、鑑定のキャンセルがありわたしからも延期してもらいましたが、明日は通常に、やるべきことを。

« ふるきをたずね新しきを、知りたい | トップページ | ためされて »

日々のわたくしごと」カテゴリの記事

コメント

まつりさんも、ご無事で嬉しいです。

ブログを書いたら、「ご無事で」というメールをいただいたり。いつも通りにすること、必要ですね。

自由が丘の街も今日は一見いつも通りのように見えます。緑道のベンチで憩う人たち。なんでもないけれど、ずっとこうあってほしい光景。
おそば屋さんのテレビでは被災地の状況が。
「大変なことだったね」と、テレビを見つめる人たちの気持ちは同じかと。

金曜は所用で休んでいて自宅で地震にあいました。事務所に来てみるとほとんど変化がなかったです。地域差や建物によるのですね。

積み上げていたせいで倒れた自宅の本棚から、まつりさんに借りたままになっている恩田さんの本も目の前に……

できることをできるだけ。忘れないこと。用心して元気で。

ご無沙汰さたしてます。

本当に恐ろしい地震でした。

ブログを読んで、先生のご無事が分かり安心しました。ご家族の方も無事で何よりです。

もちろん私も、大丈夫です。
東北の方々のことを思うと、胸が痛みます。
何もできなけど、一日も早く復旧することを祈っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ふるきをたずね新しきを、知りたい | トップページ | ためされて »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

占いのおはなし(過去記事)