フォト

鑑定依頼はこちらから

Twitter

おすすめリンク

クリック募金


おすすめリンク2

無料ブログはココログ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月20日 (水)

痛い。強い。

1107191

なでしこ台風の歓喜にまだまだ浸っていたいのに。6号さんですか。

このめまぐるしさは、まさに「辛卯」(かのと・う)年。時のなだらかな歩み(卯=木性)を待たず、天(辛=金性)が次々と鋭い課題を投げかけてくる。

痛いなぁ。

澤穂希さんは、強いなぁ。

遅ればせながら算命学の命式を見ると、1978年9月6日生まれの「辛未」(かのと・ひつじ)日生まれ。

今年の干支「辛卯」と、同じ十干「辛」。

日干「辛」の人は、今年はみな貫索星が回り、自分の道をひた進む年に。(なでしこジャパンの佐々木監督も、「辛丑」(かのと・うし)日生まれ)。

自分らしく生きてきた人はそのままに。(自分らしさを出せてない人は自分に向き合わざるを得なくなり迷いの出る人もいます)。

自然界のもので例えると、「辛」は、宝石。特別意識があり、デリケートさとシャープな攻撃性をあわせ持ちます。

「辛未」日生まれの人も、普段のほほんとしたムードでも、いったん口を開くとスパッと論評するような気の強さを秘めています。

陽占の主星は、中央が石門星(仲間作りの意識)、北が玉堂星(世渡りの知恵)、東が車騎星(よく動く、体を動かす仕事に向く)、南が石門星(協調性、皆で守る)、西が龍高星(型破りな家庭)。中年期の従星に、統領運の天将星があり、チームで闘うスポーツのリーダーにふさわしい配置になっています。

かなり頭がいい。

子供の頃から(北の「玉堂星」+「天胡星」)、感性鋭く、さまざまな状況を知恵で切り抜けるということがあったのではと思います。

陰占の母星過多からも、頭のよさがわかります。

宝石「辛」(金性)にとっての、母親星は「戊」「己」(土性)ですが、これが多く、父の役割ほどに大きな位置を占めています。母(土性)の影響が大きすぎると、宝石の人の輝きを隠してしまうことがありますが、こういう人は知恵が働き機転が利く。

早めに社会へ出て、母親だけでなく、よい先輩やコーチなど親代わりの人にたくさん出会うと、弊害少なく伸びていくとされます。

特に澤さんは30歳になって運気が変わり、それまで後天運でずっと付いてまわっていた土性が減って、金性がもともと強いところに(月干支「庚申」)さらに金性が強まって、躍り出た。…などなどと、後付けで色々なことは言えるわけですが、

本当に言いたい言葉は、シンプルに、「強いな」、ひと言しかありません。

生きやすいとは言えない自分らしさの道を生きて、努力を続けて、

強いな。それしか。

1107194

明るいニュースといえば昨今スポーツぐらい(-_-;) 

だからもー積極的に楽しんで、おのれも強くなりたいものです。次は世界水泳^^ 特訓の神「辛」さん、お手柔らかに、です。

いつもありがとう☆今日の占いblogランキング☆

2011年7月11日 (月)

暑中お見舞いもうしあげます

1107111

ちょうどいい塩梅。むずかしい。

なかなか言葉が出てきません。

ここ一週間ほど、実にさまざまな来訪者。その一方で、熱中症で来られなくなった夢の国勤務の可愛いひと。

がんばりすぎるから…。

がんばりすぎないで、がんばりすぎないで。けれど、がんばってしまう、今は特に、

がんばらないではいられない、そういうひとたちに報いるような、わたしたち、社会でありますように。何かにつけ最近思うのは、そのようなことです。

せんだっては、宮城から、ようやく休日がとれたと、東京リフレッシュ旅にあわせて寄ってくださったお客様も。特別なことは何もできない、と思うけれど、変な手相の線を発見^^; 「楽しい一日になった」とメールいただいてうれしかったです。

その方が話してくれた未確認飛行物体(゚ー゚)の体験談、愉しかった。わたしも、話に夢中になって日常の気がかりをしばし忘れることができ。ありがたかった。

…ちょうどいい塩梅。そういう心持ちは、遠い、遠い、遠いから、そこへ到達したいものだと、願うのでしょうね。

今日はこれから横浜カルチャーへ。皆さま、お体お気をつけて。

楽しいひとときを。願っています。

いつもありがとう☆今日の占いblogランキング☆

     ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
  手相の見方教えます
  東京 横浜 東横線 自由が丘駅から5分

shine自由が丘 手相運命学教室・仙習院
shine手相と算命学が得意な仙乙恵美花のHP
    ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

2011年7月 2日 (土)

大切なもの

P1040215_4

大切なもの

そんなにはやく歩くと

きっと大切なものを素通りする。

よそみせず静かに歩こう。

人はたくさんの知識をほこるが

ぼくにはなにもない。

もしたれかが稚いといったら

足もとを見て、

ぼくは正直だったかと自問しよう。

(菅原克己詩集「手」より)

夕暮れになると夏の気配が濃厚。まもなく七夕、七月の盆。自然と死者の魂が寄り添うように感じられます。縁ある死者を想い、その魂を慰める夏。慰められるのはこちらのほうかもしれませんが。今年は、ことさらに。と、書いて、続けられる言葉が見つからないけれど、

わたしが感傷的になってもどうにもならないですね。大切なのは、現実的なこと。死者を増やさないこと。多くは報道されない、絶望の死。それから、節電が過ぎて熱中症で亡くなるようなこともあってはいけない。

先週、仙台弁護士会発の被災地のローン解放を求める署名というのが受講生経由でまわってきて、わたしも何人かに協力をお願いしましたが、インターネットなどを見ると、こういった活動に対して必ずと言っていいほど「ローンのある人、持ち家の人だけ救うのは不公平」というような反発が出てきます。

人の反応の流れっておもしろいです。

そういう反応や意見を心の鏡に照らして、改めて自分の答えを決めていけばいいのだと思います。

どんな行動も、自分に返ってくるものだと思います。一生懸命働いて税金を納めて、それでも、その税金が本当に必要とされる人に使われるのなら死んで魂も慰められますが、働きがいもありますが、そうでないなら、それこそだんだんに絶望していってしまうかも。

…最初に引いた詩は、本を片付けている最中の拾いもの。菅原克己は1911年宮城に生まれた詩人です。

大切なものは、人それぞれですが、これだけは譲れないということがわたしにもあります。

せんだってある年配の受講生から聞かれた「先生は、いつまでもここ(この教室)で(ただ)教えているつもりなの?」という質問への、

遅ればせながらの答えです。

あなたの、大切なものは、何でしょう。

いつもありがとう☆今日の占いblogランキング☆

     ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
  手相の見方教えます
  東京 横浜 東横線 自由が丘駅から5分

shine自由が丘 手相運命学教室・仙習院
shine手相と算命学が得意な仙乙恵美花のHP
    ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

占いのおはなし(過去記事)