フォト

鑑定依頼はこちらから

Twitter

おすすめリンク

クリック募金


おすすめリンク2

無料ブログはココログ

« 振り返れば。元気をくれたのは走るひと、川内優輝さん | トップページ | 選択する? 新年に »

2011年12月30日 (金)

自分の時代を。

1112197_6

今年もあと一日。大掃除ならぬ小掃除を済ませて(゚ー゚;暦を掛け替えて、店じまいとなりました。新年3日までお休みです。

本日のランチは、某所駅ビルでお蕎麦でした。デパートで昼食という時は、待たなくて済む蕎麦屋に入ることが多いのですが、今日は混んでいるなぁと思ったら、そうでした、早めの年越し蕎麦でしょうか。ざわざわと混雑する店内は、乾いて明るい空のせいもあるのか、どこか陽気が感じられて。

来年、海外へ赴任するという久しぶりに会った人のまなざしにも、それは感じられて。時間は止まらないのだな、と思い噛みしめながら、生粉(きこ)打ちそばをずるずると。そば粉だけで打った太い麺、噛みしめ甲斐がありました。たまたま入ったお蕎麦屋だったけれど、縁が途切れぬようにというまじないになったかもね(゚ー゚)

元気で、また会いましょう、と長く手を振っていました。

迎える新しい年、2012年は、壬辰年。ものごとが大きく動いていく変化年です。

辰(たつ)は、「震」から起こり、大きな行動力や拡大性を表わします。五行で言えば土性ですから、見かけは穏やかですが動き出すと激しい。

今年2011(辛卯)年、「卯」の表わす茅の茂みが刈り取られ(刈り取られ過ぎでした)、「門」の中で今蠢いている問題点や活動が、来年どんどん外へ出てきます。「辰」は地震の震にも通じることから暗い予測もなされていそうですけれど、ただ暗くなっても仕方のないこと。湧いて起こる問題や勢力に対処して知恵をつけていく年、とみたいところです。

「辰」は、方角で言えば東南を表わし、季節で言えば、春から初夏にかけての陽気さを持ちます。ですから、その爆発的な動きは、やみくもに破壊するためではなく、未来への躍動。止めることのできない現実の勢いです。

一方、「壬」(みずのえ)は、水性で、季節で言えば、冬。冬に漂う冷たい大河ですから、ムードは暗いのですが、「妊」に通じることから、陰気が極まればその中に微かな希望の種が宿る。生みだそうとすればダイナミックな力が働きます。

冬の「壬」VS.春の「辰」のエネルギーのせめぎあい。どちらも、動き出すと激動的。うねるような「壬」の暗いムードや悪知恵の世を、時代の春を目指す「辰」がかみ砕いて進むのか、筍のような「辰」の勢いに刺激され「壬」本来の知恵と勇気が研ぎ澄まされてプラスへ転じられるのか。

悪い方向へ行けば、「壬」の水はダダ漏れになり勢いを失い暗さ蔓延、「辰」で振り上げた拳は空振り。湧いて出る新党の行方は? この勝負見逃すことができません(゚ー゚;

大きな流れに目を向けると、小さなことがさほど気にならなくなります。そうして矛盾するようだけれども、大きな流れに目を向けることは、流れから見ればいてもいなくても変わらぬ点のような自分の時代を一生懸命に愉しむことも同じ、そうもとらえています。

哀しみは望まないけれど、思い通りにいかない様々なことも、わたしたちがこの世にいたことを刻む小さな証。

ルーン文字でも、「トゲ」のような「障害物」と、通り抜けるべき「門」を表わすソーンという文字があります。乗り越えるべき苦悩がある、ということは、見方を変えれば、そこから学び、新しい自分を発見するという道筋ともなる。その時に使える武器は、勇気と知恵なのだ。ということも思い出されます。

来年も暗い話題に1112163事欠かなくてもそれでも、今年のようにアスリートたちが暗さを破る活躍を見せてくれるでしょう。型破りのアイデアで日本の誇りを思い出させてくれる技術者や専門家も出るはず。声援を送り、わたしも本当に僅かなりとも力を尽くそうと思います。暗い世の中を変えてくれる「誰か」なんて、いないですね。わたしたちひとりひとりが「誰か」。

今年は、どなたにとっても大変な年であったけれど、皆よく生きている、と、ただただ思える年の暮れです。過去形では語れないけれど、

今ひとときは、この年末の平穏を感謝して過ごしたいと思います。また改めて被災地復旧復興に尽力されてきた方々の労を想い、今もご苦労されている方々の一日も早い平常を祈りたいと思います。

そうして様々な状況にいる、縁ある方々の新年が、実り豊かなものとなりますように、心から願っています。

あたたかくして。よいお年をお迎えください。

いつもありがとう☆今日の占いランキング☆

« 振り返れば。元気をくれたのは走るひと、川内優輝さん | トップページ | 選択する? 新年に »

うらないごと 干支・陰陽五行」カテゴリの記事

コメント

吉井さん、新年おめでとうございます。

昨年は吉井さんのところも大変でしたね。
ご無事で本当になによりという想いばかりですが、それでも、
大変な中から、学ばれたことも、少なくなかったことと思います。今後にいかされて、これから益々多くの人たちの力になっていかれることと思います。

新年早々のメッセージ、とても嬉しかったです。
どうもありがとう。

ご家族皆さんのご健康と、吉井さんのスタイルでのご活躍を願っています。

仙乙先生へclover


謹賀新年fuji

今年も宜しくお願い申し上げます。

喜びに満ちた一年になりますようにhappy01

辰年

元旦sun

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 振り返れば。元気をくれたのは走るひと、川内優輝さん | トップページ | 選択する? 新年に »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

占いのおはなし(過去記事)