フォト

鑑定依頼はこちらから

Twitter

おすすめリンク

クリック募金


おすすめリンク2

無料ブログはココログ

« 日々過ぎて、対処すべき6月。 | トップページ | 誰でも現在に不満があるもの、それが人生? ダリ、パリ、サイ。 »

2012年6月 9日 (土)

人と人との融合変化。子丑天中殺と戌亥天中殺の場合

1206091

さて、週末、梅雨入り。お元気ですか。

一連のオウム報道に触れて、今週は、合間合間に改めて関係者の星出しをしていました。

元オウム真理教の幹部らの多くは同世代。また、オウムの存在を知らない頃も、20代でしたが、坂本弁護士一家失踪事件(後に殺害事件)に異様な関心、と言っていいのかわかりませんが、謎への不安と強い関心が湧いて長く途切れずにいました。それから5年ほど後に地下鉄サリン事件。坂本弁護士一家の件もオウムの犯行とわかり最悪の形で解決したことは、縁もゆかりもないのだけれど、暗中模索して生きていた自分自身のその頃の記憶に重なって、忘れられない出来事のひとつです。

いたひとが、いなくなって見つからないことへの関心。

わたし自身、いたひとがいなくなるということを、まだ受け入れられないでいたことが関係していたのかもしれません。そうして、

ひととひととが出会うことで、融合し変化して互いに人生が大きく変わってしまうことへの関心。

麻原も信徒らも、出会わなければ、別の人生があったはず。そういうことへの関心から、だんだんにわたしも手相や運命学の世界へ入ってきたのかもしれません。

彼らについて、天中殺グループにポイントを絞って見てみると、

松本智津夫死刑囚を含め生年月日が公表されている主なメンバー36人のうち、子丑天中殺グループは7人、戌亥天中殺グループは12人、申酉天中殺グループは6人、午未天中殺グループは5人、辰巳天中殺グループは5人、寅卯天中殺グループは1人でした。

子丑と戌亥だけで、半数を占めています。

これは、子丑と戌亥が犯罪を犯すということでは全くないですが、初代運で未来を目指すパワーを持つ松本をトップとした組織としてみるときに、戌亥との相性の影響は見てとれます。

戌亥天中殺グループは、精神的な安定感を欠くことで筆頭にあげられる人たちです。

だからこそ、足元をしっかりさせようと頑張って社会的地位を得たり、ぐらつくからこそ精神鍛錬して占い界の大御所となるような人も少なくないわけですが、

現実逃避してしまう人もいます。

程度の差はあれ、精神的に不安定な戌亥天中殺グループの人にとっては、庶民的で未来志向の子丑天中殺の人は、気持ちが前向きになり元気の出る相性なのです。

子丑天中殺グループも、戌亥天中殺グループも、目上の恩恵は望めず、自分たちで道を切り開いていくことでは同じ。このタイプが組み合わさると、運勢はダイナミックな波乱型となる傾向です。不運から抜け出す時には最高ですが、人生の波は大きくなるのです。

36人の中に、寅卯天中殺グループの人は1人(早川紀代秀死刑囚)。この人は、寅卯でも日居中殺「乙巳」日生まれ、普通の寅卯天中殺よりは波乱型。

本来の寅卯天中殺グループは、エネルギッシュで社会で活躍する人が多いのですが、家でホッとするひとときを好むようなところがあります。他の天中殺グループに比べて、心の波乱は少なめ。どちらかというと安定志向。

そういう穏やかな寅卯天中殺たちと結びつけば、子丑天中殺の松本死刑囚の運勢も穏やかなものになったかもしれないけれど、彼の夢はそのようなものではなかったのでしょう。

子丑天中殺と寅卯天中殺との相性では、安定的な寅卯天中殺の人がリーダーシップをとりますから、松本死刑囚の部下に寅卯天中殺がほとんどいないことはなるほどと思えます。

…今日はこれまでに。週末ですし(゚ー゚) 話変わって、

先週の報道番組で、福島県南相馬市の避難指示解除準備区域で営業している理髪店が紹介され、店主の言葉が笑顔とともに耳に残りました。

「平凡なんだけど、その平凡さが大事なんだな」。「髪型は戻れるんだけどなぁ」。

「戻りたいな」。

その心持ちを理解することは、わたしには到底できないけれども、

いろいろな場面で、

年を重ねるにつれて、

時間は決して取り戻せないことを、

良きにつけあしきにつけ、想わない日はありませんね。

…写真は、先週末、帰省途中に寄った越後丘陵公園(長岡)の薔薇。6月2日から”香りのばらまつり”が開かれていました。山あいにそこだけ開けた広大な公園に、あちこちからはじけ出たように、大勢の家族連れが集まっていました。

いつもありがとう☆今日の占いblogランキング☆

« 日々過ぎて、対処すべき6月。 | トップページ | 誰でも現在に不満があるもの、それが人生? ダリ、パリ、サイ。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

さわどんさん、コメントありがとうございます。

ご心労お察しします。

色々な出来事を、6種類の天中殺グループだけで解釈するのは危険ですが、分析的にとらえて気持ちを整理するには有効かと思います。

理性派の午未天中殺の人たちは、考え過ぎると外へ向かうパワーが弱まるので、困ったようなときこそ、(弟さん以外の^^)前向きな子丑の人や、現実面に強い申酉の人とおつきあいしたり相談して刺激を得ること、おすすめします。
自分の運勢や考え方もまた、いつまでも、融合変化させていけるものだからです。

天中殺グループは愉しい使い方もできます。

午未の人にとって、おおらかでパワフルな寅卯の人はなごめる存在ですし、マイペースな辰巳の人と接すると何か弾みがつきます。戌亥の人の中にも、精神性の高い人たちがいて、心の友となるような人が見つかるはずです。

こんなことを書き連ねても慰めにもならないかもしれませんが、まずは

元気を出してくださいね。

オームの人間関係読ませていただきました。
なんだか、私の弟夫婦によく似ています。子丑天中殺の弟と嫁の戌亥天中殺は親の財産を狙って、私には内緒で親を施設に入れ親の面倒をみるふりして財産を横領し母は悲惨な死に方をし残った父の年金欲しさに施設から自分ちへ引き込み面倒見ていたけど、親との同居経験がないし、介護の大変さを知らないので、虐待が始まり、私午未天中殺は裁判所に訴えたが聞き入れてもらえず調停員から笑われてひきさがったけど昨年末父は死にかけ急きょ施設に入れられました。私は父には会えないけど施設で元気になったと親戚からの情報で安心できています。この状況は全く、オームの天中殺分析に似ています。これを読んで、運命なんだと納得しています。父は私に会いたいと思っているでしょう。しかし、運命だとあきらめるしかしかたないのでしょうか。

どうもありがとうございます。

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日々過ぎて、対処すべき6月。 | トップページ | 誰でも現在に不満があるもの、それが人生? ダリ、パリ、サイ。 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

占いのおはなし(過去記事)