フォト

鑑定依頼はこちらから

Twitter

おすすめリンク

クリック募金


おすすめリンク2

無料ブログはココログ

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月20日 (月)

守り。

201208082_2夏休みの宿題がなかなか進まないヒトオです。

暑さに負けず、暑いからなのか、いやそれとはまるで関係ないのでしょう、あっちの島へこっちの島へと、アクティブな方々多いですね。

オリンピックからの流れもあるのか、意外な身近な人の言葉の激しさに?愛国心の強さを見て少し驚いたりする今日このごろです。もちろん、ヒトオにも自国と先祖の御霊を大切に思う心がありますが。

国を守ることについては、算命学の見方では、集団の守りを意味する「石門星」(陰の木性)に例えてみることができます。石門星は、和合性、外交力を表します。自分たちの領分を守るために、巧みに交渉して、必要なら考えの異なる相手とも手を結び、了解事項を明確にして、守りを強固にしていきます。

底には情がありますが、手腕はドライ。

兄弟星の「貫索星」(陽の木性)が、単独で”要塞を高々と築いていく守り”と例えられるのに比べると、手段が違います。

単独の守りは、職人芸のような世界で価値がありますが、国と国でそれをやっていれば、いつまでも平行線。

かたくなな単独守りタイプの怖いところは、「守れない」と悟ると、手が出ること。視野の狭い攻撃ほど恐ろしいものはありません。それは平穏な生活(陽の土性)を破壊する行為。(木剋土)。頑固な人が怒ると、怖いですよネ。わたしのことじゃないですヨ(゚ー゚;。

守るつもりが破壊1206292につながるということは避けなければならないこと。

戦争をして(車騎星・陽の金性⇒)領土を奪いあうという時代が終わり(終わったのでしょうか?)、人々は多少賢くなって(玉堂星・陰の水性⇒)、自我・個性が確立(貫索星・陽の木性⇒調舒星・陰の火性)、繁栄を迎え(禄存星・陽の土性⇒)、権力の横行(牽牛星・陰の金性)、

そうして時代が巡って、なんでもアリの波瀾の龍高星(陽の水性)から、智恵を出し合って、わたしたちは皆で守りあわなければ共倒れする集団の守りの石門星(陰の木性)へと、移行していかなければならないというのに。

きれいごとにて恐縮です。わたしはわたしの宿題をやるべきですね。

ただ、ひとが、何を守ろうとしてその行動をしているのかと見てみるのは、面白いことで、自分の考え方を定めていくことにもつながるように思えます。

いつもありがとう☆今日の占いblogランキング☆

     ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
  手相の見方教えます
  東京 横浜 東横線 自由が丘駅から5分
  10月火曜昼・夜「手相鑑定講座」定期クラス開講

shine自由が丘 手相運命学教室・仙習院
shine手相と算命学が得意な仙乙恵美花のHP
    ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

2012年8月11日 (土)

もしもあのとき?

1208111

立秋を過ぎて、暦の上では秋の始まり、申月に。

今年の8月は、「戊申(つちのえ・さる)」。「戊」は、「茂」に通じ、「申」は、「伸」に通じ、どちらも、伸びていく様子を表わしますから、勢いはいいのですが、伸びすぎるとやっかいなことも。

長い枝葉をもてあまして、どちらへ向かえばいいのか混乱したり、草木に隠れて見えないところの日陰の地面のじめじめさに、へきえきしたり。

力任せに伸びようと強情になったり、逆にマイナス面から目をそむけて移り気になりがち。バランスを取り戻して進むには、思いきって、余分なものを刈り取るのも必要な時期です。

201208083

さて、なにを、刈り取りましょう?^^

今週は、戸田ビル仲間の皆さん(エステのルボンヌークさん、ネイルスペースTiaraさん、ご近所の美容室Lacheさん)と暑気払い。自由が丘のとあるビルの隠れ家的な屋上で、辛い辛い食べ物をいただき涙を流したり、

昔、渋谷などの占い館に出ていたときからのお客様方の近況をうかがったり、てんこもりでしたが、

珍しい出来事は、とある取材者さんの来訪。占い師の話を聞いてみたいとのことで、色々と過去の出来事なども尋ねられたせいで、少し心が揺れました。

今となっては健忘症も進み(゚ー゚)過去に想いをはせることなく過ごしていますが、それが短時間に集中的に過去の想いを手繰り寄せたことで、おかしな心持ちになりました。そんな自分に戸惑いました。まだまだだなぁ、と。それでも、

201208081_3心が全然揺れないのも、どうかと思う。思いだせば揺れてしまう過去の想いが心の底に眠っているから、今しっかりしていられるのでしょう。

と、思いなおして。話せなかったけれどガッツリ思いだされてしまった想いのあれこれに、しばし呆然として、また仕舞って。今を進む、と。

…写真は、お花いろいろ。赤とピンクの蓮の折り紙は、「お盆に」と今日いただいたもの。「お盆過ぎたら捨てて」と言われたものの、捨てがたい。むぅ、この煩悩を乗り越えよという課題? 課題出す生徒がわたしのところは多すぎます。ありがたいですね^^;

可愛いヒマワリと、名前を失念(メモ書きをいただいたというのにm(__)m)ツヤツヤのグリーンを、ベランダから手折ってきてくださった生徒さんからも、お盆の仏事について細かく指南されているわたくし。ありがたいことです。

最後の緑のカーテンは、実家のきょうだいから送られてきました。今までで一番の出来栄えとか(゚ー゚) 出来上がりを楽しみにしてそれぞれが手をかけた様子(と、室内での涼やかなる昼寝の様子)を、想像することができて、嬉しかったです。壊れるようで壊れない、驚くべき血のつながり。それはきっと自分の忍耐のおかげ、と、それぞれが思っているのかもしれない。おめでたきかなわが家。わが家の平穏を今日も祈りましょうか。まもなく月遅れの盆。

皆さま、ご無事で。愉しい名残の夏を、ネ。

いつもありがとう☆今日の占いblogランキング☆

2012年8月 2日 (木)

見惚れて。

Dsc_0119_2

暑中お見舞い申しあげます。

来訪される方の軽装に、(と、言えぬほどわたしも軽装…)、一年ぶり、二年ぶりといった人たちの来訪に、夏休みらしさを感じる今日このごろ。汗をかきかき。お元気ですか?

オリンピックはなかなかライブで見られませんけど、闘いに挑む人たちのまなざしに、勝敗が決まったあと、どんな言葉を発するかに、ドラマが凝縮されているようで、暑い夏です。お元気ですか?

いつもは仕事や家族の相談が多いわたしのところへ、恋や結婚の相談がやってくるここ二週間120802_2、夏ですね。

ということでしょうか^^ 苦しさもまた生きているアカシ。鬼ですか? 

なにか闘っているひとの言葉は、熱を帯びて、残ります。健忘症はなはだしいわたしの脳髄であっても。

悔いのない日々を、送りたいもの。

「運がいい」、

「恵まれている」、

1207222_2それは、生活に満足感のある人たちからよく耳にする言葉。けれど、よくよく聞くと、ご病気やご苦労を乗り越えていることが多い。よくよく聞かないと開かない引き出しにしまわれている過去。

「恵まれている」、

と、言う人の、物語に、見惚れて。

「一人暮らしに飽き飽きした」、

と、言う人の、渇望に、見惚れて。昨日も、

後味悪く別れた12072210相手への悪口がなく、「楽しかったから」と、言った人の、心模様に、混沌に、見惚れて。

楽しかった思い出ばかりが残っていくように、

つらい想いはつら過ぎることなく、と、願います。

…送ってもらった天神祭の写真や、おいしいものかわいいものをお供えして。

身近な人と1207228縁ある方々のお元気な日々を、心から祈ります。満月に、

わおぉ〜〜〜ん。

「暑さのせいです。」

と、ある人の言い訳を、拝借して。よい夏を、ね。

いつもありがとう☆今日の占いblogランキング☆

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

占いのおはなし(過去記事)