フォト

鑑定依頼はこちらから

Twitter

おすすめリンク

クリック募金


おすすめリンク2

無料ブログはココログ

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月30日 (金)

その意気込み、その空虚さをもっと。

1211294昨日夜8時から公開されていたニコニコ動画で「ネット党首討論会」を見ていました。延べ140万人が視聴したとのことで、関心の高さがうかがえます。

党が多すぎるので、発言できる時間が限られており、「もっと長くやってほしい」「またやってほしい」と、わたしも多くのネットユーザーのコメントと同じように思いました。具体策が聞かれなかったと感じます。

日本維新の会など今回参加しなかった政党も含めてとことんやっていただきたいところ。喋ってもらわないことには、その意気込みもその空虚さも伝わってこないので。

ネット世論における安倍自民党総裁(1954年9月21日生まれ・58歳)の人気の理由を、右派、保守の支援ということと別に算命学の観点から見てみると…、

主星「石門星」と南の「調舒星」が中殺されることにより、こだわりの強い人たちを巻き込んで思いがけない仲間を作る傾向。また、赤ちゃん星「天印星」が、特に若い人達には親近感を感じさせて「あべちゃんがんばって」というエールになるのでしょうか。(慕われるコーチや教師に、晩年「天印星」の持ち主がよく見られます)。

特に56歳から10年間は、目上の人間や配偶者が頼りにならない期間なので、安部さんにとって目下、年下の支援はありがたいものでしょう。ただし、中殺現象を抱えた波乱運ですから、巻き込まれる側も覚悟が必要かと。

1211255一方、期待を持って、日本未来の党に結集した面々を見てみましたが、賢く一途一生懸命な人たちの集まりで、それはよいことですけど、小沢さん以外に、したたかに動ける人がいないとなると、どうなのかと。

1211257投票日までにまだまだ検討するわけなので、各政党、候補者方々には、暗いムードにこぶしを突き上げ挑む年、今年「壬辰」年にふさわしい現実的な言動を見せてほしいと望みます。

…窓辺に飾った愛らしい花束と、リアルな猫のタロットカードにホッと一息。

1211254猫の所作が可愛すぎずそのままに描かれていて最近のお気に入りです。「悪魔」のカードさえ、コレ(お食事中)ですから。その状況や表情から、ストーリーが自然と見えてきます。

愉しくて何度もカードに答えを尋ねていたら、カップの7が出て、(見とれてばかりいないで) "Do something !" と、しかられました(゚ー゚) 

…それにしても冷えます。北海道の停電、寒さ、ご不便、想像を超えるものでしょう。早く完全復旧しますように。

いつもありがとう☆今日の占いblogランキング☆

2012年11月25日 (日)

手相の完全独習、なるか?

12112531_2時の流れの速いこと。三連休、いかがお過ごしでしたか(゚ー゚)

師走に入れば衆議院選挙に都知事選。周りの人たちと選挙の話になると「どこへ投票したらいいか困る」と、口々に。ホント。そんな当惑と憤りと怖れをよそに、当事者らは、ま、楽しそうですね。あんたがたの人生を彩るためにわれら下々の者がいるわけじゃないんですのよ。なめたらあかん、

♪と、歌いたくなる今日この頃。困ってはいても、党幹部や立候補者が口にする政策やこれまでの言動を見極めようという意識が高まるのは、よいことでもあるのでしょう。

さて、センデンにて恐縮ですが、新しい手相の本ができました。「基礎からわかる手相の完全独習 」(日本文芸社)。

既に出回っている手相本と比べて特に目新しい項目はないですが、西洋手相術の要ともいえる「丘」の具体的な使い方について、わかってもらえるようにという願いを込めて書き込みました。

また、わたしの実際の鑑定経験に基づいて、基本線と補助線それぞれについて詳しく書き込んであることも特徴です。

例えば手相教室に通えない遠方の人などでも、見方のコツを覚えられるよう目指したつもりですが、実際はどうでしょうか。使った感想を伝えてもらえると嬉しいです。いまどき珍しく字が小さめなので、高齢者はルーペが必要かもしれませんけど(゚ー゚;  手相の知識がある人にとっても、忘れた記憶を新たにしたり、とらえ方のバリエーションを増やしたり、何らかお役にたてることと思います。

1211251写真では黄色く見えますが、橙色の温かみのある表紙の少し大きめの本です。まもなく発売。ネット書店では予約受付中です。書店で見かけた際には手に取ってくださると嬉しいです。限られた時間の中で何度も何度もイラストを直してもらいました。多くの方々のご協力を得て発行できたことをありがたく感謝しています。

1211252_3話変わって。おいしいものの写真は、遠方の来客からのいただきもの。石巻・白謙の笹かまぼこと、盛岡の南部せんべい。

地元の話を色々聞いていると、自分の非力さを思わざるを得ないのですが、ひとりひとりがそのひとのやるべきことをやっていくだけだ、ということもまた思います。

また先週は、旅行のついでに寄られたお客様から、高橋葉介さんという漫画家さんの魅力を教えてもらい、すぐにコミック「夢幻紳士 幻想篇」を注文してしまいました^^ 届くのが楽しみです。うちへ来る人たちって、情報提供多いなぁと、常々お得な感じがしているヒトオです。いつもありがとうございます。

…週明けは、雨模様のところが多いとのこと。体を冷やさないように、あたたかくして。あなたのこころに平穏を、願っています。

いつもありがとう☆今日の占いblogランキング☆

2012年11月14日 (水)

ケーキな日々。

1211131預言カフェの話を書いたせいか、不思議世界の話があれこれ寄せられあやし愉しいヒトオです。また、お久しぶりの来訪があったりお便りが届いたりした一週間でした。

それから、ケーキ!

来客があったり特別な時以外はケーキを食べなくなりましたが、

「最近ケーキに恵まれてる^^v」

とわたしが調子に乗って言うと、やはりおいしいケーキを持ってきてくれた人が、「みんなケーキが食べたい頃なんですよ」と。そうなのかも。

本格的な冬が来る前に、愛と脂肪の蓄えが必要?

今週末は、遠方から修了生が訪ねてくれる予定です。修了生といっても、人生の大先輩だけれども。

先生と呼ばれていばっている類の人にうんざりするわたしも、「占いの先生」ぐらいならなってもいいかと気軽にこの世界に足を踏み入れて早幾年。自分のことしか考えなかったわたしが、「先生」と呼ばれ果たす役割があることで意識が変わり様々に気づき成長させてもらっていると折々に感じられます。

1211146幾つになってもいつまでも成長していける、その喜びを修了生にも、と、願っています。

…雪のようなチーズケーキを持ってきてくれた可愛い人。初めてお客さんで来た時には大学生だったのに、はや30歳目前。目の前の彼女を見ていると、あっという間のような、気が遠くなるような。いつ安心させてくれるのか(゚ー゚)… というよりも、わたしもそれだけ年を…。おそるべし時の流れ、シワの刻み。

今日来てくれた年若い男子も(写真下。女の子のように見えるけれども男子、1歳3か月)、あっという間に大人になって、好きな人ができたりするのかなぁ。1211142お母さんが相性診断しちゃうのかなぁ。

…時間のことを想うと、

自然と子供のころのこと(お化け以外怖くない愚鈍で冷静、最強の自分でした(゚ー゚)今でもわたしの守護神は子供のわたしかも)、肉親のこと、

これまでの色々な人との関わりを思い出します。苦しいことのほうが多かったけれど、思い出すと、

愉しかったなー、

と、

まとめるには全然早い^^ ですね。しみじみしてあやうく冬眠しそうに。だめだめ、愛と脂肪を蓄えなくては。

…このところの寒さのせいか、風邪ひきさんが増えてきたように思います。そういうわたしも油断するとブルっと。用心、用心。脂肪ほどほど、よい日々を。

いつもありがとう☆今日の占いblogランキング☆

2012年11月 8日 (木)

「でも生きてる。」希望の国と預言カフェ

1211083_2気になっていた映画「希望の国」(園子温監督)を見てきました。

舞台は長島県大葉町。東日本大震災後に再び起こった大地震と原発事故により翻弄される家族を描いたフィクション。

震災後の問題がまるで解決しておらず、判断を保留している人も多い中で、どのようにこのテーマを描いても、色々言われたり批判されるのはわかりきったこと。あるいは遠巻きに敬遠されるか。わかっていながらいち早く撮ったことが偉い、と、感じ入りました。

途中、失笑してしまった場面もあるのですが、笑ったことよりも、そのとき、「こういう映画で笑ってはいけないのでは」と一瞬感情を抑えたことに気づいてハッとしました。

笑いたければ笑え、泣きたければ泣け、あざけりたければあざければいいのでしょう。作り手には作り手の決断があり、受け取り方は受け取る人の自由だから。

「希望の国」というのはアイロニーで、

この国には希望などもうないことを、園監督は突きつけているように思えます。

夏八木勲さんが演じた強くて頼れる父親的な存在ももういない。のかもしれない。

「でも生きてる」。(作中の台詞)

何もかもが頼りない。誰も頼りにならない国。

「愛があれば大丈夫」。「そうかな」。「愛があれば…」。「そうかな…」。…大丈夫じゃないかも!

「でも生きてる」。

もう希望なんてないんだから、希望を与えてくれそうな誰かにすがろうとするな。自分で決めろ。

見終わった後に、そのような精神がわたしの中には残りました。

少なくとも「震災を忘れないで」というだけの社会派作品ではないことは確か。アナーキストと思っていた園子温監督が震災・原発をテーマに作ったと知り見たくなったわたしにとっては、合点のいく作品でした。他にもっと様々に語られていい題材なのに、なぜ作られないのでしょうね。日本らしい現象でしょうか。

…自分で決めるということは、難しいのですね。

だから、なかなか自分で決断できない人にとって、決断を迷わない強い人というのは魅力なのかも。吸引力があるのかも。

たとえその相手が極悪人でも。

尼崎の事件にもそのようなことを感じます。

と、そんなことを考えながら、劇場を出てから向かった先は、高田の馬場の預言カフェ(゚ー゚)

1211081あらら、自分で決めるはずなのに預言とは、って?  えぇ、噂に聞く預言カフェにも一度は行ってみたかったのでした。行きたいところへ行くという自由を決断(^^

かなり並んで待つと聞いていたのですが、すいている時間を詳しい人から教えてもらって狙っていくと、5分ほど待つだけで席につけました。

コーヒーを頼んで待っていると、30~50代ぐらいとおぼしきお姉さん方が順番に席を回ってきて、預言を3分ほどの早口で伝えてくれます。録音推奨なので、ICレコーダーにしっかり録りました。クリスチャンの方たちが運営するカフェなので、「主が言われます」という預言になるのですが、勧誘などはありません。

タイミングがあって行ったわけなので、腑に落ちる預言をもらえて有意義でした。同行者も納得していたようでした。落ち込んだ時に通っているとそのうち礼拝にも出てみようかなと思う人もいるかもしれませんが、宗教とはもともとそのような性質のもの。コーヒー代800円で気持ちの上がるチャネリングをしてもらったと考えると、大変ありがたい気持ちになります。

…写真は、同じ日に行った草月いけばな展(日本橋高島屋)のもの。本格的な生け花の展覧会は初めてで、けれど、生け花というより現代美術?といった様相で少々驚き、その創作エネルギーのお裾分けいただいてきました。Kさん、チケットありがとうございます。

…立冬を過ぎて。年末に向けて時間の砂の落ちる速度が早まってきたように感じられる今日このごろ。ですが、あせらずとまらず「一歩、一歩、一歩、」(「希望の国」)道を踏みしめ進みたいもの。

いつもありがとう☆今日の占いblogランキング☆

2012年11月 4日 (日)

行動は知恵の母。

12101513_2本日は久しぶりに勉強に来た修了生から、手相や天中殺やイーチンタロットについて質問色々と、また、ちまたの占い情報(゚ー゚)も色々いただきました。そんなふうに質問をためて持ってくる人もいます。

実際に他人を鑑定して困ったことや疑問に思ったことについて、質問されるのは、刺激になっていいものです。ひとりの経験には限度があるので、実例は多ければ多いほどいいと思っています。即答できないことがあれば、それをきっかけに自分も考えを深めていけますし。

わたしはそんなスタイルが好きです。自然体でいられるのは、たくさんの鑑定例の裏付けがあるからだろうと思えます。

基本知識がなければ話になりませんが、手相の場合は特に、知識・情報は世の中に出尽くしていると言っていいぐらいなので、自信をつけるには実践です。失敗が大事です。

「有能な人間は失敗12101514から学ぶから有能なのである。成功から学ぶことはたかがしれている」。by ウィリアム・サローヤン。

サローヤンはアメリカの作家。格言を集めたサイトで見つけた言葉です。

失敗や批判を非常にいやがるガラスの自尊心の持ち主が増えているんじゃないかなと近頃感じます、おばはんになってきたからそう感じるのかもしれませんけども。

昨夜、フィギュアスケートGPS中国大会の模様を見ていて、

フィギュアスケーターとして活躍する人に何か法則性はないかなぁと思い、算命学の星出しをしてみたのですが、気づいた特徴の内のひとつが、陽占の北(頭)に「玉堂星」を持っている人が多いということでした。

(今回の参加者に限らず)町田樹さん、高橋大輔さん、羽生結弦さん、無良崇人さん、浅田真央さん、鈴木明子さん、村上佳菜子さん、今井遥さんが皆そうです。

知恵があり、伝統性や親族の絆を大切にする「玉堂星」。

その星が北にあると、母親の影響が強く、策士の星で要領がよいなどと言われますが、彼らの場合は、玉堂星を支える従星が「天馳星」や「天極星」、「天印星」という、エネルギー弱めの無垢な星なので、玉堂星のよい面が表れやすい。子供のころから親やコーチに素直に学び素質を伸ばしてきたのでしょう。

とはいえ、素直で頭がいいだけでは伸びないでしょう。

テクニックだけでもだめ、感性だけでもだめ、非常な体力も必要、フィギュアスケートはまこと過酷なスポーツとわたしには思えます。

陰陽五行の考え方に照らせば、陰の水性である「玉堂星」は、陽の金性である「車騎星」から生まれる星。

負けず嫌いで捨て身の戦いをする「車騎星」。「牽牛星」のように堀から固めるような大人の戦い方ができません。駆け引1210281き抜きでは負けることもありますね。

負ければ泣くほど悔しいけれど、

悔しいから、次こそもっとうまくやろうという知恵(玉堂星)が生まれる流れです。

「失敗は成功の母」という言葉もありますね。これは、陰陽五行のとらえ方と合致しています。失敗ばかりでは嫌気がさしますが、次に失敗しないために色々知恵を絞って考えるわけです。

車騎星が玉堂星を生み出すというのは、行動が理屈を支えると言い換えることもできます。

一生懸命に行動したことがなかったり一度も失敗したことがなかったりする人が、いくら知識や理屈を口にしても、重みを感じられないのは、以上の理由によるものです。

…写真は、上2つがある方の手作りポーチの試作品。タロットカードや天眼鏡を入れるのにちょうどよい大きさ。裏地の光沢とフリンジが素敵です。他の人とはちょっと違うポーチをお探しの方は声をかけてください。布地や紐の希望もできると思います。

下は春もいただいた黒バラ。季節が巡っていきますね。お元気で、ね。

いつもありがとう☆今日の占いblogランキング☆

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

占いのおはなし(過去記事)