フォト

鑑定依頼はこちらから

Twitter

おすすめリンク

クリック募金


おすすめリンク2

無料ブログはココログ

« 右往左往を幸として | トップページ | 生きて起こったこと。 »

2013年1月20日 (日)

うれしくて。

1111263先日の大雪の日に「嬉しくなって出かけてしまった」ら、バスが動かず「1時間かけて歩いて帰るはめになり大変だった」

と、受講生の70代男子、Mさん。杖が必要な身だというのに「無謀すぎる!」と、やじるわれわれ女子。運命線がまっすぐ濃いから、怖いもの知らず、「なんとかなるさ」と思っているんでしょう? 気を付けてください~、

それに、なに、「雪が降って嬉しくなって」って? 子供じゃないんだから。

「子供のところが誰だってあるでしょ」、

と、Mさん。「犬だって喜ぶでしょ」。

「・・・」。 

いいですね。常々心の動きのままに行動するMさんのストレートさと強さが改めてうらやましく思えました^^

手相、算命学を一通り学び、今は応用編を月に1度か2度。Mさんと相棒のHさんコンビがわたしの教室に来られてから5年になりました。Hさんは、日赤の献血センターでボランティアで手相鑑定をしています。Hさんは、ブログでもときどき紹介している折り紙や和菓子を作ってきてくださる方。お勤めの傍ら、多趣味で、今は仏画を描く時間が充実しているご様子。折々に新しい愉しみを見つけては教えてくれます。

年齢もだいぶ離れたMさんとHさん、たまたまわたしのところの夜間の手相講座で同級生になったお二人は、今では家族を交えたおつきあい。それはなかなか珍しいことで、付かず離れずの間合いのよさが、私にも居心地よく伝わるのでしょうか、時には心配したり時にねぎらわれたり、何があってもマイペースで前向きなお二人の存在にこちらが勇気づけられることもたびたび。ありがたいご縁です。その割に、みな言いたいことはっきり言いますけど^^; それがよいのでしょうネ。

そうして、先の「雪がうれしくて」発言。

130118「Mさん、ロマンチストだからな~」と、わたしたちははやしてしまいましたが、本当にMさんは見かけによらず?ロマンチストで恋愛や結婚のことも大胆に発言するのです。でもいやらしくなくていばらないから女性から嫌われない。気持ちが青年風なのでしょうね。

そう言えば、わたしのところの受講生は、皆さん、若々しい…。逆に落ち着いちゃっているのはわたしなのでは(゚ー゚;

などと考えつつ、猫入りケースをぶらさげ凍結した路面に気をつけたどる家路の途中、

雪の心配など微塵も頭になかった頃、真っ白な街の(というより灰色っぽい街の)真っ白い駅舎で待ち伏せ、好きな人にチョコレートを渡した雪のバレンタインデーをなぜか思いだしてしまいました(゚ー゚) 

初めての手づくりチョコで、今思うと見るも無残というか非衛生的な食べ物であったろう一品。無言で受け取ってくれた人の顔は忘れないものですね。その翌年にはしっかり別の人にチョコをあげたわたしではありますが。それはそれとして、

作り方を友達から教えてもらって、材料を揃えて、練習しあって。バレンタイン前の女子は愉しかった。自分の本音や色々な事情を話せなくても、好きな人の話題があればたいてい仲良くなれた頃。頼まなくても、好きな男子の情報をあれこれ教えてくれた同級生や、隠し撮りにつきあってくれた友人。

よい少女時代もあったね。ホワイトバレンタインデーの思い出も悪くないか、と。思い出す段階となってみれば、雪は大変美しいです。

雪は白。白は金性。金性は、現実の過去。過去の出来事が終わっては募る思い出の場所。そしてまた、雪は水、水性=記憶の過去。金は水を生み、そうして水は、ふたたび春の樹木の目覚め=木性を呼び覚ます

愉しかったこともつらかったことも、経験したこと、思い出せることがたくさんあるなら、また新たに進んでいけるもの

「雪はイヤです」とかたくなに申しておりましたが、こんな呑気な想いが呼び起せるなら、雪も悪くないか、と、思いなおしてみましょうか。呑気に更新。ずっと呑気でいられるように安全第一で。

いつもありがとう☆今日の占いblogランキング☆

« 右往左往を幸として | トップページ | 生きて起こったこと。 »

つれづれ+占い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 右往左往を幸として | トップページ | 生きて起こったこと。 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

占いのおはなし(過去記事)