フォト

鑑定依頼はこちらから

Twitter

おすすめリンク

クリック募金


おすすめリンク2

無料ブログはココログ

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月18日 (月)

春、たくさん。続いていく。

1303182満開となった木蓮。今日の強い風に揺れて花びらが落ちはじめていました。

花開きはじめたのを目にして嬉しくて写真を撮ったのは二日前(二番目の写真)。春はやってくると、進みが速いですね。

このところの暖かさでサクラも開花。毎年春先には強い風や雨があって、散る花びらを惜しむ気持ちと、美の極みの瞬間に出会えた悦びにこころ満たされます。

北の地方でも春の訪れが感じられているでしょうか。

1303161今年は寒い時期から菜の花をたくさん食べました。店で見かけるとつい手が伸びて。おひたしに醤油マヨネーズや辛し和えで。今はキャベツですね。焼うどんをおかずにパンを食べてしまうようなわたしですので(゚ー゚)レパートリーはしれてますけど、キャベツは欠かせません^^

体の欲しがるものを意識して食べるようにしてから、三年ほど前のように”泣きたくなるほど体がつらい”ということがなくなったように思います。体と年齢が少しずつ折り合ってきたのでしょう。

そうそう、昨日教室でおこなった修了生や受講生による鑑定練習会で、最長老のYさん^^が健康の秘訣を尋ねられて、「長く続けること」と答えてらっしゃいました。真向法や太極拳などの運動でも、サプリメントでも、数か月試して効果がないからやめるのではなく、「年単位で続けること」と。そうして15年、20年と続けてらっしゃる。健康法だけでなく、ご趣味や勉強も始めたら何十年も続けている。「止める」という観念のないこと自体に、若さが感じられます。

1303181わたしが長く続けていることと言えば、今の仕事ぐらいです。色々してきた仕事や結婚生活や同棲なども^^10年超えることがなかったので、この仕事は続けていくのだろうと今は自然と思えています。ひとつ続けてきてみると、ほかのことも続けられそうという気持ちになってくるものです。そして、ひとつのことを長く続けている人をわたしは尊敬しており、

来世というものがあるのなら、わたしは鉄道マニアの鉄ちゃんになりたいです。先日の東横線渋谷駅の地下引っ越し、五社相互乗り入れの影響でしょう、この春は、オフィスそばの踏切で、カメラを構えた鉄ちゃんをたくさん見ました。

1303165興味のない人には何ら価値がわからない分野に熱意を注ぐその姿勢。憧れます^^ 以前の直木賞受賞式で、年長と年少の受賞者に挟まれて存在感が少々薄かった安部龍太郎さんの「小説を書く以外にやりたいことがない」という言葉も脳裏に刻まれました。○○以外にやりたいことがない、という心境になったことは一度もないかも、来世は是非○○オタクに生まれかわりたいものだ、と。

1303103占いオタクではないのですか? と問われたことがありますが、そうではないです。手相や運命学はわたしにとっては、ツールであり、数少ない相談相手の一人といった存在です。だから、わたしの場合は仕事にしたからこそ続いてきたのでしょう。お客さまに向き合う中でニーズに迫られて、いいえそれ以前に自分自身の必要性から学んできたのでした。ただ好きだから、と、続けてきたことは何もないかも。けれど、

1303164_3昨日、生徒さん方が狭い教室にぎゅうづめになって鑑定シュミレーション練習している様子を見ていたら、それは嬉しかった。こういう感じが好きかも、と、思えました。生徒さん方の想いはそれぞれ異なるでしょうが。生徒さんや、お客様が、それから自分が、移り変わっていく様子を見ることは面白いと感じられます。

活路を見出してくれたり嬉しい報告を聞けたりしたときはもちろんですが、哀しかったり苦々しく思えたりすることが相手との間であったとしても、それも、褒められたことではないでしょうけど、面白いと結果的にはとらえてしまうのかもしれません。これを続けたら○○オタクになれるでしょうか?

変なことを書いておりますが、頭が春ということでお許しを。

春はいいです。体具合はへんてこな感じになりますけど、待ち合わせ場所で誰かを待っているような気分になる。

思い出す風景は、上京して学生の頃、杉並区の善福寺公園。どうしてだったか、一人でぼんやりそこにいて、あの木立の向こうからコイビトが偶然やってきたりしないかな、なんて妄想していた場面です(゚ー゚; 故郷を出たかったのでホームシックにはならなかったけれど、わたしは何か淋しかったのでしょう。

中学の頃からおつきあいして、一緒に成長してきたBF。親にも誰にも言えないことを何でも話せたのはその人だけでした、それはわたしがまだ子供の心でいられたからでしょう。当時は携帯電話もなく、部屋に電話もひけず。アパートは男子禁制で、無断外泊もだめ。それで毎週日曜に西武線の小平から始発電車で恋人の住む池袋の先の要町まで出かけていることを大家さんに咎められて親が呼び出されて^^ 長く一緒にいられないことが淋しさをますます募らせたのでしょう。

その人が、偶然この公園に現れたなら、わたしは学校を退学して彼と一緒になろう。

そんなことを。古代文明ぐらい遠くに感じられる頃の話ですけど、

考えていた自分の姿を、他人のように、ふっと思い出します。全く計算のない感情を持てたこともあったのだと。

書いていてほのぼのした気持ちになってきました、春風マジック? おめでたい人間なのでしょうか、それからつらい春がたくさんありました、けれど過去は微笑みをくれる。

…焦りの中にあるあなたも、くじけずに年をとっていってほしいと願います。

いつもありがとう☆今日の占いblogランキング☆

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
  手相の見方教えます
  東京 横浜 東横線 自由が丘駅から5分
  4月火曜13時・19時「手相鑑定講座」定期クラス開講

 よみうりカルチャー恵比寿 第1・3金曜10時半「手相学入門」
   よみうりカルチャー横浜 第2・4月曜19時「手相を読み解く」
shine自由が丘 手相運命学教室・仙習院
shine手相と算命学が得意な仙乙恵美花のHP
    ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

2013年3月10日 (日)

耳タコの愛。

1303101_2冷たい風の夜。お元気ですか。

今日は授業がなく鑑定オンリー。20代から60代の様々な方たちとの不思議なご縁を感じられた一日でした。

「20代ってどんな気持ちなものかもうわからなくなっちゃった」と、わたしが告白すると、返ってきた表情がまばゆくて。空は鉛色でも、わたしのこころは刷新されたように。猫様がたびたびさまよいでてきましたが、皆さん猫OKでホッ。

ブログを読んでくださっている方もいらしたので、更新せねばと更新しております(゚ー゚)

また先日、よみうりカルチャー横浜担当者から「新規受講生がまだ集まっていません~」と、うめき声のような電話があり(゚ー゚; これは油断していた告知せねばと思いつつ日々猫様の下僕として過ぎていたのでした。横浜センター4月期、新規受講生絶賛募集中です^^

その横浜センターの前年期の講義は、明日の夜を入れて残すところあと2回。今は、受講生の手形写真を見ながら、1人30分ほどかけて皆で検証しあうということをしています。恒例の一年のまとめです。

いつも、受講生の方たちの視点や言葉に発見があるので、わたしも楽しみにしていることです。

わたしが占い師デビューした当時、「お客様から学べ」と、耳にタコができるほど繰り返し繰り返し言われたものですが、そう教えてくれた先生に時が過ぎた今、感謝の念が自然と湧きます。ほんとうに、わたしは、お客様や生徒さんたちとのやりとりから発見できることが多いから。

同じようにわたしも生徒さんたちに伝えているつもりですが、耳タコ度が足りないかもしれません。耳タコって愛なのかも。しつこく言って「またか」「くどい」「そんなことわかってる」と、うとまれても言い続ける耳タコ。

耳タコの愛について考える三月、「乙卯」月。

「乙」(おつぼく・きのと)は草木であり、「卯」(う)もまた草木の双葉を表します。今年の三月の気配としてある、風に揺らぐ草の迷いやすさが、柔軟さになればいいし、木性の保守的な頑固さが、根を張って伸び続けるしぶとさになればいい、と願います。

昼間の陽気が一転、冷え込んできました。北日本では再び暴風雪の怖れとか。十分に留意して。自然の猛威に命を落とされた方たちが教えてくれていることを忘れないように。生きている人はいつまでも元気で。

「いつまでも元気でと言われても…そうは」と、受話器の向こうからいつも返ってくる正直な声を、長く聞いていられるようにわたしも日々を重ねて。

いつもありがとう☆今日の占いblogランキング☆

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

占いのおはなし(過去記事)