フォト

鑑定依頼はこちらから

Twitter

おすすめリンク

クリック募金


おすすめリンク2

無料ブログはココログ

« 東京スピマ日和、魔女、お話。 | トップページ | この道はこころを持っているか。 »

2014年7月14日 (月)

四万十川を知らんとですかー。

1407145お暑うございます。

唐突ですが、じりじり焼かれるような季節になると思い出されるのが、四国です(゚ー゚)

わたしは今の仕事を専業とする十数年前まで、ライター業と掛け持ちしていました。そうして、ライターとして初めての仕事が、旅行情報誌数ページ分の単独四国取材だったのです。

もともと新聞社にいましたが、記者ではなく内勤だったので、取材は初めて。予算が少ないからでしょう、カメラマンはつかず、景色、店舗、物品撮影も全部「一人でやってください」と、送り出された初仕事でした。

コンパクトカメラで写真を撮るのは好きだったけれど、撮影の仕事は、もちろん、やったことはありませんでした。

文章を書くのは好きだったけど、商業用の取材も原稿作成もやったことはありませんでした。

でも、受けてしまった。会社をやめてしばらくバイトをしたり好きなことをしていたけれど、貯金はなくなり、つれあいの視線は厳しい(思い込みかもしれませんけど^^;) 家庭に収まれない性格なので将来を思えばどうにかしないと、という流れで、編集者の友人から仕事を受けてしまったのです。

おそらく、友人は、わたしがマスコミにいたので、取材や撮影は大丈夫だろうと思っていたのかもしれない(特に何も考えていなかったのかもしれない)。

それで、当時のおつれあいから年代物の黴が生えてきそうな巨大な一眼レフカメラを借りて、練習し、(今のようにすぐ確認できるデジタルではないので)フィルムがきちんと回っていなかったらどうしよう~という恐怖を胸に、行ったわけです。高知、愛媛の店舗中心に3、4日ほど巡ったでしょうか…。

ほんとうに、こわかったです(^-^; 突撃取材も不安でしたが、それよりも、写真が写ってなかったらどうしようという不安が勝っていたのです。撮りなおしに行くことはできないので。今では考えられない恐怖ですネ。

恰好だけはいっぱしの女性カメラマン風味。しっかり三脚を立てて、こわいので、何枚も何枚も露出を変えて撮りました。わずかな掲載なのに、フィルムをたくさん使って。そばにいるお店の人達が、どんな素晴らしい記事になるのかと期待しているだろうと想像するといたたまれませんでしたが、構っていられません。とにかくブツを写さねば。

アポは取っていきましたが、当日の流れで、予定外の場所や店も取材します。期待を持って迎えてくださる地元の方々を、がっかりさせないように、丁寧に取材していきましたが、中身はへっぽこ初心者で、知識も付け焼刃ですから、ぼろが出ないわけがない、

高知で、四万十川の話が出たときに、「はぁ~、しま、んとがわですか…?」みたいな対応をしてしまったとき、

相手の男性の表情の変化を、忘れられません。大げさに言えば、哀しみに似た失望感。

「(高知に取材に来て)四万十川を知らんとですか…」。

その方は、それ以上はおっしゃいませんでした。

四国へ行くのに名所を知らないのはおかしいと思われるでしょうが、お店の取材数が多かったので、それらを下調べするだけで(それとカメラの練習で)手一杯で、他は頭に入らない、木を見て森を見ず状態になっていたのでした。

帰ってきて改めて資料を整理して、わたしは、その方の表情、口調をはっきりと思い出しました。「やってしまった…」。後悔先に立たず。

写真のほうは、緊張して臨んだ甲斐あり、そこそこ撮れていたのですが、苦々しい思いの残った初体験でした。

ただ、この時の経験のおかげで、度胸は付きました。

誰でも最初は未熟で、その未熟者にがっかりしながらつきあってくれる人たちは、有り難い存在です。

「四万十川を知らんとですか…」。

思い返すたびに恥ずかしい。けれども、何もおっしゃらなかった(言っても仕方ないと思われたのでしょう)その方のできた人柄を、折々に思い出します。

わたしだったら、あきれて腹を立ててしまうかもしれないですが、その人の顔を思い出して、ぐぐっと我慢している、そんなときが、今のわたしにはあります。

恥ずかしい思い出が、ありがたいです。ご迷惑をかけた方々に頭が下がります。

暑い暑い夏でした。

真っ赤な はりまや橋にかげろうがゆらめいていました。

1407144こんな昔話をしたのは、もー

暑いからです(゚ー゚); これから、横浜よみうりカルチャーへ行ってまいりますぞ~。暑くて寝ないように(わ・た・し)注意ですぞ~。

写真は、「ゼリー好きのおばあちゃんに買ったついでに」と、いただいたゼリー菓子と、下は暮らし上手な方からいただいた塩スイカキャンディーなど。目にもおいしい涼菓の季節。夏が来てますね。

いつもありがとう☆今日の占いblogランキング☆

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
手相の見方教えます
東京 横浜 東横線 自由が丘駅から5分
★仙習院「手相鑑定講座」1~3木曜 13時・19時

よみうりカルチャー恵比寿 第1・3金10時半「手相学入門」
よみうりカルチャー横浜 第2・4月19時「手相を読み解く」
朝日カルチャー千葉 第1水曜13時「手相を読むコツ」
自由が丘 手相運命学教室・仙習院
手相と算命学が得意な仙乙恵美花のHP
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

« 東京スピマ日和、魔女、お話。 | トップページ | この道はこころを持っているか。 »

日々のわたくしごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京スピマ日和、魔女、お話。 | トップページ | この道はこころを持っているか。 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

占いのおはなし(過去記事)