フォト

鑑定依頼はこちらから

Twitter

おすすめリンク

クリック募金


おすすめリンク2

無料ブログはココログ

« 滑稽美。いい加減に暮らす。 | トップページ | 真の故郷とは、魂? »

2016年3月 1日 (火)

基礎からわかる手相の完全独習 正誤表2

12112531拙書「基礎からわかる手相の完全独習」(日本文芸社)、おかげさまで4刷となりました。

少部数ずつの増刷ですが、色々な人のところへ、この山吹色の本が届いているのだなぁと想像するとうれしいです。面白おかしく書いてはいない本ですけど、手相の不思議さ、面白さを知る一つの手立てとして、お役に立ててもらえるなら本望です。

で、肝心の正誤表です(゚ー゚)

お手元にある方は訂正願います。大事なのは、前回直し忘れた一か所。

174頁 本文1行目

× 出発点が第一火星丘のすぐ下で、⇒
○ 出発点が第二火星丘のすぐ下で、

上部に描かれているイラストは合っています。

16021707他2か所は、脱字と、意味の通りにくい箇所を直しました。

92頁 下段 本文7行目
×  っとしていことはできず、⇒
○ っとしていことはできず、

186頁 本文5行目
× 下へいくほど生命線から離れてしまうから ⇒
○ 下へいくほど生命線から離れてしまう

なお、3刷までの訂正は、以下リンク先のブログ記事に記してあります。

http://emika.way-nifty.com/letterbalance/2015/03/post-848a.html

手相の勉強と検証を始めてからそこそこ長くなってきましたが、いまだに、手相が不思議です。大昔の研究家も、同じように「なんで手相に気質が表れるんじゃろ」とか、「もっと違う読み取り方があるんじゃろかわかりたい」などと思って、手のひらを眺めていたのかな、と、想像すると、ふっと、

くつろぐ自分を感じます。

想念世界は限りなくつながっているので、

一人でいても一人じゃない、と感じられるような(^.^)

たくさんの、知らない人たち、知らない時代の人たちともつながりを感じることができるというのが、勉強のよいところかもしれません。勉強嫌いなわたしのたどり着きつつある結論? 何の勉強でもよいのだと思います。


  よろしかったら1クリック☆ありがとう!

゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
手相の見方教えます
東京 横浜 東横線 自由が丘駅から5分

自由が丘 手相運命学教室・仙習院
手相と算命学が得意な仙乙恵美花のHP

手相鑑定講座 第1~3木曜  13時 3月3日~ 
手相鑑定講座 第1・3月曜  19時 3月7日~   
よみうりカルチャー横浜 手相を読み解く 第2・4月曜 19時 4/11~
゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

« 滑稽美。いい加減に暮らす。 | トップページ | 真の故郷とは、魂? »

書籍・雑誌掲載・メディア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 滑稽美。いい加減に暮らす。 | トップページ | 真の故郷とは、魂? »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

占いのおはなし(過去記事)