フォト

鑑定依頼はこちらから

Twitter

おすすめリンク

クリック募金


おすすめリンク2

無料ブログはココログ

« 生まれた日の干支であなたがちょっとわかる。その6 子丑さん | トップページ | 多面的に見る面白さ。 »

2017年8月14日 (月)

花の季節、ヒトの時間。

1708141ブログが夏休みになっていました。お元気でいらっしゃいますか(゚ー゚)

8月は、様々に想いが過去へ運ばれる時期ですね。

暦の上では、8月、申月は、夏ではなくて、秋の始まりにあたります。

秋は、刈り入れが済み、リセット。さら地となった土地からまたすべて始まる時期になります。

荒涼とした空間に、感傷もわきますが、長く感傷に浸っている暇はなく、いずれ来る忍耐の冬に向け、情に流されず勇気を以て建設的に進む時期です。夏バテしている暇もない?(^-^;

理不尽な権力者の横暴行為に、怒りを感じることも、冬を乗り越える備え。

感情的な怒りは自爆しますが、怒りは、本来、社会に生きるエネルギー。怒りがまるでなくなると絶望に負けて死んじゃうかもです(^.^)

1708144不毛な争いごとはごめんですが、また来る春に向けて、怖気づかず、知恵を絞っていく気概が必要でしょう。

吹けば飛ぶような塵のような個人でも、個人と個人の思惑、影響力で時代が動いていくのも事実。個人は、大変非力ですが、その一方で、個人には特別な力がある。

…先日、昔住んだことのある街から、昔の知人、村野美優さんから一冊の詩集が届いて、

その人の言葉が、様々なことからの防衛本能なのか無感覚人間になりかけていたわたしの心を、思いがけず揺らしてくれました。



むくげの手紙


夏のはじまり

ひざしに向かってひらいた

まっしろな

むくげの手紙


一通 二通 三通


もう一度

つぼみのかたちに巻き直されて

道のうえにおちている


ひろいあげて

のぞきこんでみたとしても

したためてあるのは

太陽のまなざしにしか

たどることのできない

文字


蟻や

ダンゴムシが

句読点のように

そっとひそんでいて


四十七、四十八、四十九


夏のさかり

一日五十通にものぼる

おびただしい

むくげの手紙


こんなふうに

だれかに手紙を

一途に送りつづけた

あのころ


わたしも

夏の木だったのかもしれない



(「むくげの手紙」村野美優著・たぶの森発行)



やはり白いムクゲのお手紙ですね、ピンクのムクゲのお手紙もいいな。私にも手紙を送り続けた頃があったことが思い出されます。思いがけない手紙に心を千々に揺らしたことも。

20代、30代と、周りの人に迷惑をかけ迷惑をかけられていた頃を振り返ると、決して戻りたくない、今の心境穏やかな生活をかけがえなく大切に思っていますが、

考えようによっては、迷惑をかけたりかけられたりしているほうが、「生きている」のかもしれません。迷惑の限度がありますけどね。

1708143

人生の夏か。(-_-) 

自意識過剰の夏が去ったことで、大変気楽になったわたしもいるわけですが、巡る季節を楽しむことを忘れて手のシミばかり気にしていると花が完全に枯れる前にポトリと落ちてしまいそう(^-^;

夏が過ぎたら、秋を楽しむ。秋が過ぎたら冬を楽しむ。冬が過ぎたらまた春を楽しみに。

中高年のお客様が増えつつあるわが鑑定所。お客様の考え方から学ばせていただくことが多々あります。と同時に、終活は大事ですが、いつまでも巡る季節を楽しみ過ごすことを忘れないでいていただきたいなと願っています。わたしもまたそのように努めて季節の景色を楽しみ過ごしていけたらと(゚ー゚)

そして、そうした個人の営みが、誰か特定の人たちの欲望や利権によって絶たれませんように、心から願います。不本意に亡くなった人たちの無念を忘れないように、



  よろしかったら1クリック☆ありがとう!

゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
手相の見方教えます
東京 横浜 東横線 自由が丘駅から5分

自由が丘 手相運命学教室・仙習院
手相と算命学が得意な仙乙恵美花のHP

自由が丘 手相鑑定講座 木曜昼クラス 第1~3木曜  13時~ 10/5開講
自由が丘 手相鑑定講座 月曜夜クラス 第1・第3月曜 19時~ 10/2開講
よみうりカルチャー恵比寿 第1・3金曜13時/横浜 第2・4月曜19時 開講中
゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

« 生まれた日の干支であなたがちょっとわかる。その6 子丑さん | トップページ | 多面的に見る面白さ。 »

本・映画・この言葉!」カテゴリの記事

コメント

ブログを読んでくださって恐縮、うれしいです。
更新が遅いですが、息長く続けようと思っています。

一生懸命やってます^^

稲村ケ崎、のんびり、行きたいです。

わあ、お返事をありがとうございます!貴重なお葉書、感謝です(:_;)恵美花さんのブログのファンになりました。ほかのところもゆっくり読みたいと思います。稲村ガ崎にもぜひ遊びにいらしてください。鎌倉は観光客が年々増えて、住宅街のわたしの家のほうまで見知らぬ人々がやってきます。なんだかな~(*_*) では、お仕事応援しています(^.^)/~~~

みゆうさん、

思いがけずこちらにコメントをありがとうございます(^.^)v

「むくげの手紙」は、文字通り、お手紙をもらったように感じられる内容だったので、読んでいて、わたしにも手紙を書きたい気持ちが起こりました。葉書すらめったに書かなくなって久しい今日このごろなのですが…。

前のお住まいに一度うかがったことがあり、電車で通るときに思い出します。
今のお住まいは、わたしもかつて住んでいた街ですが足が遠のいているので、訪ねてみたいなぁなんて思います。

いろんなことが懐かしく、デモ、変わらず現在進行形なのだな、とも、思えます。

時間がたつのって、おもしろいですね。
元気でいましょう。またお会いできるのを楽しみにしてます。

お久しぶりです!お葉書をありがとうございました。そして、このブログを初めて訪れてみました。拙詩を採りあげてくださり、すごくすごく嬉しいです!あ、今じつはビールを飲んで(あいかわらずです(^^;)いい気分になってます。恵美花さん、会いたいな~。会いに行きますね(^.^)/~~~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 生まれた日の干支であなたがちょっとわかる。その6 子丑さん | トップページ | 多面的に見る面白さ。 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

占いのおはなし(過去記事)