フォト

鑑定依頼はこちらから

Twitter

おすすめリンク

クリック募金


おすすめリンク2

無料ブログはココログ

« 癒しフェスティバル、平和 | トップページ | 一日。そして週末は大岡川さくら祭りへ。 »

2018年3月17日 (土)

プロセスを咲く。

P20180317_1666ekmekサクラ、咲き始めましたね。

昨年末から、宮崎あおいさん、田畑智子さん、宮沢りえさんと、戌亥天中殺グループの方々の結婚が続いていますね。

宮崎さんと田畑さんは天中殺に入る前に入籍したということかもしれませんが、何かと気がはやる天中殺時期直前の影響は受けているかと。

そうして、今まで突き破れなかった境界を、すっと抜けてしまえるのが天中殺時期のある種「効果」なのかもしれません。不自然な運気の時期なので、初婚は避けたいですが、年の差婚や再婚などは禍なしとされます。


木肌から突き出すように蕾を付ける、桜のエネルギーに毎年、心を打たれます。

根元近くの地面から伸び出ている若芽にも驚かされて。

ひこばえは抜かれてしまうのかもしれないけれど、

あなたたちを見ていると、

元気が出ます。

180317_14
冬の時間は力を蓄え、

春の時間が巡ってきたら、飛び出せばいいんだね、

流れに沿って。

そのように、自然が教えてくれている。


その「時間」は、みな同じではなくて、人によって異なるでしょう。

あたたかいなぁ、もうそろそろ咲いてみよう、

そう感じられる時間が、早く巡る人もいれば、かなり遅い人もいる。


180317_1けれども季節はかならず巡るでしょう、

何も変わらないままということはない。


変わらないとしたら、

それは、

あなたが本当は「変わりたくない」と思っているからでしょう。


変わらなくてもいいし。

変わってもいいし。



このところ、わたしの鑑定所にいつも来られる方々とは少し違うタイプのお客様が続いて、という書き方がもし失礼だったらごめんなさい、

新たな気付きがありました。

新しいシーズンなのかもしれません。


いえ、懐かしい気付き、なのかも。


180317_12人は孤独なのだということを思い出しました。


いえいえ、わたし自身も充分孤独と思うのですが、

なんだかそれを忘れていたみたいで、他のことでやきもきして不満や哀しみを抱いたりしていた。


人は孤独なのだということを改めて噛みしめてみると、

心が落ち着きました(^.^)


何がどう自分に作用するかわからないところが、日々、実験、大変面白いところです。


お客様がさびしいと言ったのではありません、むしろ特に悩みはないと言う方もいた、

特に悩みはないが……

「……」の先を、今日、少しずつ花をつけはじめた桜並木の遊歩道を歩きながら、考えていました。

咲いているのだからね、ヒトも。


180317_15…わけのわからないことを書いておりますが、春だもの(^.^) 春らしく、桜、桜、と写真を撮っていたら、

水仙の花が「見て!」と言いました。

「ナルシスト」なんて花言葉をくっつけたのはニンゲンですね。

花は、ただ、季節が巡って、蓄えられた力がまた突出しただけ。シンプルな自然の仕組み。

でも水仙は「見て」って、やっぱり言っているような気がしました。

たぶん、人間界のすりこみでしょう(゚ー゚)

でも「見て見て」と聞こえる。

春狂い? ちょっとぐらいはいいじゃぁありませんか。


ちょっと狂い咲いてみてもいいじゃぁありませんか、あなたも。少しぐらい変わってみても。と、からんだりして(^.^)


あかるい春の日々を迎えられますように。願っています。



  よろしかったら1クリック☆ありがとう!

゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
手相の見方教えます
東京 横浜 東横線 自由が丘駅から5分

自由が丘 手相運命学教室・仙習院
手相と算命学が得意な仙乙恵美花のHP

よみうりカルチャー横浜「手相を読み解く」第2・4月曜 19時~ 4/9開講!
手相鑑定講座 第2・4日曜 13時~ 4/8開講♪      
手相鑑定講座 第1~3木曜 13時~ 4/5 開講♪
゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜

« 癒しフェスティバル、平和 | トップページ | 一日。そして週末は大岡川さくら祭りへ。 »

日々のわたくしごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 癒しフェスティバル、平和 | トップページ | 一日。そして週末は大岡川さくら祭りへ。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

占いのおはなし(過去記事)