フォト

鑑定依頼はこちらから

Twitter

おすすめリンク

クリック募金


おすすめリンク2

無料ブログはココログ

« 薄いシワも線です。 | トップページ | 問いつづけることが答えること? よい年にしましょう。 »

2018年12月31日 (月)

種をまく、2019、己亥年に寄せて。

20181229_2154131

年賀状を投函しに出ると、似たような駆け込み人たちがポスト目指してやってきて、ちょっと楽しかったです。ぉお掃除は終わりましたか(^.^)?わたしは小掃除にて。

仕事納めの日は、リピーターの方々と遠方からお客様をお迎えして、つい長話してしまいました。そういうわけで掃除が間に合わず。(人のせいにしてはいけません(゚ー゚)

今年はなぜか5年、10年ぶりといった方の再訪が続き、12月もたくさんのお客様とお話をしました。

その一方で、バタバタしていたせいか、二度目の方を初見としていたことが何度かありました。たいてい数日たってから、何か脳にひっかかっているのでしょう、ハッとして調べてわかるのです。

脳力のなさを苦々しく思い、お客様のお気持ちを想像すると無念です。と同時に、申し訳ないけれども仕方がないという思いもあります。(開き直ってはいけません(゚ー゚)

鑑定は毎回、どんな方にも誠心誠意臨んでいますが、情報量に脳が飽和しがちで、いったん忘れないと続けていけないような部分もあります。言い訳ですけど。

今後はさらに留意して向き合う所存です。それでも時々すっぽ抜けるかもしれない、こんなわたくしで続けさせてください。

「前に来た」とおっしゃらないのは不思議と身強の方が多いのですが、そこが検証者としては面白いのですが(面白がってるんじゃなーいm(__)m 失礼なわたくしですが)

自意識高い身強の方でも、「二回目なので割引で!」と言っていただければうれしいです。脳の溝に練り込まれた記憶が引きずり出されてくると思いますから。


さて、まもなく新年。

2019年は、己亥(つちのと・い)。東洋の占いでは2月4日立春から新年ととらえますが、

己亥年は、どんな年になるのでしょう。

20181217_1126261_2

十干の「」(つちのと・きど)は、紀律の「紀」、起立の「起」に通じ、曲がったものが起立して成長していこうとする、新しい動きをあらわします。

算命学では、平たい地面を意味します。「街」や「田園」です。

また、「己」は、五行で言うと「土性」。現実的で、集団の中で自分を発揮しようとします。

人の集まる街では、ルール作りが大切です。

曲がりやすい個人は、集うことでシャンと立てます。でも、ルールに縛られすぎると、また曲がってしまう。

一人一人が尊重し尊重されるルールであってこそ、協調して成果を出していけるというもの。


一方、十二支の「」は、ものごとの「核」に通じ、次の時代の核となるものが、堅い種子の中に埋まっている状態をあらわします。

また、「亥」は、十二支の一番最後で、季節で言うと11月、寒い冬の始まり。

陽気が失せ、陰気極まる中に、春の種はまかれるのです。

鮮やかなチューリップの球根も、寒くなる頃に植えるでしょう? 

芽吹きのエネルギーがぎゅうぎゅうに充填された種のように、その時に向けた「亥」のエネルギー量はすごいのです。

「亥年」は革命の年などと言われ、来年ものんびり安泰というわけにはいかないでしょうけれども、

五行で言うと、頭のいい「水性」である「亥」ですから、冷静な機転と知恵で乗り越えていくのです。


元号が変わる2019年に続く2020・庚子年は、オリンピックの年で、更新年になります。捨てるべきは捨て、新しいことが次々生まれる年。

そうした大きな変化に流されそうな時期こそ、他人任せでなく、個人個人が主役の意識で集っていくことが大切です。

2019年のうちにルール作り。マイルールから社会ルールまで。災害は起こらないでほしいけれども、全く何も起こらない年などないのですから、教訓をいかし備えて命を守りましょう。

集うことと縁のある「己」の年には、今まで参加していなかった祭事や行事、催しへ種まきに出かけるのもよいでしょう。

種をまけば、2020年に増えていきます。出会いも成果も。

安心はできないけれども、よい年にはできる。

18040315

マイペース同士協調して、種をまいていきましょう。どんな花を咲かせましょうか。ムスカリのような、可憐だけどしぶとい花がわたしは好きかな(^.^)


暖かくして、穏やかな年明けを迎えられますように。

来る新年が皆さまにとって実り多き一年となりますように、心からお祈りしています。



  よろしかったら1クリック☆ありがとう!

゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
手相の見方教えます
東京 横浜 東横線 自由が丘駅から5分

自由が丘 手相運命学教室・仙習院
手相と算命学が得意な仙乙恵美花のHP

自由が丘「手相鑑定講座」第1・第3月曜・夜 定期クラス 2019年2月開講
自由が丘「手相鑑定講座」第2・第4日曜・昼 定期クラス 2019年2月開講
朝日カルチャーセンター千葉「手相を読むコツ」応用篇3回 2019年1月16日開講
゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜

« 薄いシワも線です。 | トップページ | 問いつづけることが答えること? よい年にしましょう。 »

つれづれ+占い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 薄いシワも線です。 | トップページ | 問いつづけることが答えること? よい年にしましょう。 »

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

占いのおはなし(過去記事)