フォト

鑑定依頼はこちらから

Twitter

おすすめリンク

クリック募金


おすすめリンク2

無料ブログはココログ

« ランナーという茎を伸ばす、「乙」。草の命 | トップページ | 観覧車にまた乗ろう。「丁」、炎ともして。 »

2019年2月14日 (木)

いつも心に太陽を。「丙」、あきらかな人。

W201902131 ハッピー・バレンタイン チョコレートたくさん食べましたか。ん? わたしは少々食べ過ぎ、ありがとうございます(゚ー゚)

中学時代から少女漫画の影響で手作り派だったわたくしは、随分不衛生なしろものをたくさん食べていただいたものだと、この季節、しみじみいたします。

自分の手のひらを見ますと、10代までは「運命線」が出ていないので、その当時は、まわりの動きにさからいもせず、言ってみれば普通のかわいい?女子だったのだなぁ!と思われます(-_-) 

「運命線」が表れてくる、薄くなる、消える、切り替わる、二重になる、枝線が出る、蛇行する、といった変化を見ると、その人のたどってきた道、そしてこのままいくとこれからたどるであろう流れがつかめます。

運命線観察は面白いです。今まで出ていなかったところに突如として表れることもあり。

また、左右の手で、運命線の濃さや切替わりの時期が異なるのは、その人の社会的な面と、プライベート面での意識の違いが表れているということで、左右比べて見るのがまた面白いものです。

(運命線って)「年表みたい

と、ある生徒さんの感想が、言い得て妙。


さて、十干の続きです☆彡

(ひのえ・へいか)の日に生まれた人は、明るい存在感の太陽に習うスタイルがあなたらしいです。太陽の恋しいこの頃ですね。

Photo

丙(ひのえ)あなたは「太陽」です。

地球をまんべんなく照らしている太陽の姿に似て、あなたはおおらかで、周りの人をホッとさせるムードの持ち主。

悩みがあっても、「いつものんきそう」なんて言われて、なんだかなぁと感じてしまうこともあるでしょう。それぐらいあなたの本音は、案外、奥に隠れているようです。

陽の光が遠くまで届くように、あなたには、多くの人に情報を正確に伝える能力があります。だから、映画や催しや興味をひくものごとに広くアンテナを伸ばし、情報をインプット&アウトプットする伝達能力を発揮していくと、存在感がグンと増して運気が安定します。

いきづまったと感じた時には、雨や曇り空の日にお休みしている太陽の姿から学びましょう。

太陽が暗くなったら一大事。「のんきそう」と言われなくなったら運気がかなり落ちているかもしれません。太陽の休日をしっかり作り、細かいことはいったん忘れて充電するのがおすすめです。

太陽の人は、「海」と相性がよいので、海辺の朝日や夕日を眺めたり、また、おいしいものを食べたり無心に遊んだり、明るい行動が心に落ち着きをもたらします。赤やオレンジなどお日様らしい暖色が、心を落ち着かせるカラーです。

なぜ太陽と海の相性がよいかというと、太陽の姿をきれいに映して見せてくれる存在が海だから。太陽の熱さ、過剰さを、水の冷たさで調整してくれる存在が海だから。同様の理由で、広大な湖や大河も相性のよい存在。

海に関係したモチーフを身につけてもよいですし、流れる水のように、家にじっとしていないでとりあえず出かけてみれば、気持ちが晴れ晴れするでしょう。

ラッキーカラーは、運命学的には水性の色で黒なのですが、太陽の人は黒よりも明るい色が似合います。黒は財布や下着など小物に使って、その他に紫もラッキーカラーです。


今日は(これでも)短めに更新(゚ー゚)! 暖かくして過ごしましょう。



  よろしかったら1クリック☆ありがとう!

゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
手相の見方教えます
東京 横浜 東横線 自由が丘駅から5分

自由が丘 手相運命学教室・仙習院
手相と算命学が得意な仙乙恵美花のHP

自由が丘「手相鑑定講座」第1・第3月曜・夜 定期クラス 2019年2月開講
自由が丘「手相鑑定講座」第2・第4日曜・昼 定期クラス 2019年4月開講
朝日カルチャーセンター千葉「手相を読むコツ」応用篇 開講中♪
゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜

« ランナーという茎を伸ばす、「乙」。草の命 | トップページ | 観覧車にまた乗ろう。「丁」、炎ともして。 »

うらないごと 干支・陰陽五行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ランナーという茎を伸ばす、「乙」。草の命 | トップページ | 観覧車にまた乗ろう。「丁」、炎ともして。 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

占いのおはなし(過去記事)