フォト

鑑定依頼はこちらから

Twitter

おすすめリンク

クリック募金


おすすめリンク2

無料ブログはココログ

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月24日 (月)

一途に流れる「癸」の人

1806137 夏至を過ぎて、今年も折り返し地点を曲がった感あり。

後半戦はどう過ごしましょうか?

のっぺりと殺伐とした世の中で、

七夕に願いを託しましょうか。

 

七夕は 今や別るる 天の川 川霧立ちて 千鳥鳴くなり(紀貫之 平安時代の歌人)

 

せっかく逢えたのにもう別れるんかい、天の川に川霧がたって千鳥の鳴き声が聞こえる、織姫が泣いてるのかもよ(ヒトオ超訳)。一年に一度しか会えない織姫と彦星の話が、切なさ好きの日本人の心にマッチしたのだろうと想像しますけど、

もともとは、日本の収穫祭と、盆行事の一環である祓え(はらえ)の信仰が、中国の星の伝説などとあわさって、現在のような七夕行事になったそうです。(「年中行事を「科学」する」永田久 日本経済新聞社)

たなばたの「たな」は棚、「はた」は機。7月7日の夕べに神を迎えるために棚作りして、乙女が機を織る行事がおこなわれたことから、平安時代に「七夕」の字が当てられたとのこと。

また、七夕の「7」という数字も、東洋西洋を問わず特別な聖数としてとらえられており、七福神、七草、天地創造の七日間、七つの大罪、(月齢に基づき)七日で一週間、七宝、四十九日など七日ごとの法要、ラッキーセブン… ものごとのいわれをたどるのは楽しいですね。おそろしいようないわれも出てきますけどもそれはそれで。

 

さて、十干ワンポイント・ストーリーのラストとなる「」(みずのと・きすい)の日生まれの人にも、ものごとのいわれ、由緒に関係の深いところがあります。

「癸」は、まっすぐ流れる水をあらわし、

川の水が川上から川下へ下るように、歴史もまた流れる。今ある流れは、過去の流れからできているもの。「癸」日生まれの人にも、ものごとを本流から自然と学び、流れにそって進みつづける動きがあります。

 

生命は、水から生まれ、また、水は知恵や危険の象徴でもあります。

人は、水がなければ生きられない。

枯れずに湧きだし流れていることが大切な水。その一方で、川の氾濫、洪水はもとより、悪知恵の暴走、科学の悪用の恐ろしさを思えば、コントロールを必要とするのも水です。

体の大部分は水でできており、ふとしたことで目から湧いてくるのに驚き、かなしくも「生きてるなぁ」と感じさせてくれるのも水ですね。

 

Photo_20190623152001 癸(みずのと) あなたは「小川・雨」です。

川下へ向かう清流や、天から降る雨のように、一方向へ勢いよく流れる水の姿に似て、あなたは、一途な人です。

自然の地形や建造物の屋根や壁など形に沿ってつたい流れるように、あなたには状況にあわせる能力があり、その状況から学び覚えていく生活の知恵の持ち主。

川上から川下へ、天から地へと、自然の摂理にさからわず流れる水なので、伝統や正統なものを重視します。何を学ぶか、どこへ向かうか、目的を一つに絞って流れていく方向を決めると、持ち前の一途さ、集中力が発揮されて輝くでしょう。

いきづまったと感じた時は、流れる水に学びましょう。方向を決めたら、継続することです。きれいな水を飲んだり、陽を受けて光る清流や瀧を眺めたりするのもおすすめです。

ジャンルを問わず、古くから伝わる知識や行事や歴史、工芸品に親しむと自分らしさを取り戻せるでしょう。水性を象徴する黒やグレー、パープルが自分らしく心落ち着ける色。

基本のラッキーカラー・アイテムは、水を湧き出す源となる金性の色、白、パール、上品な貴金属。寒い季節生まれの癸の人なら、凍った水を溶かし流れをよくしてくれる暖かな赤がラッキーカラーになります。

 

六月も瞬く間に過ぎゆくのかな。マイペースでまいりましょう。穏やかな日々を祈ります。

 

  よろしかったら1クリック☆ありがとう!

゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
手相の見方教えます
東京 横浜 東横線 自由が丘駅から5分

自由が丘 手相運命学教室・仙習院
手相と算命学が得意な仙乙恵美花のHP

自由が丘「運命学講座(手相・算命学・吉方位他)」個人レッスン随時開講
よみうりカルチャー横浜「手相を読み解く」第2・第4月曜・19時~20時半
朝日カルチャーセンター千葉「手相を読む」24回コース・第3水曜・15時半~17時
゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜

2019年6月 3日 (月)

ダイナミックな美しさが見たいよ、壬の人

20190531_1550491お久しぶりです。GWから始まり色々あった五月を無事お過ごしですか。

はや六月、平穏な月でありますよう願います。

 

さて、十干ワンポイント・ストーリーもあと二つになりました。今日は「」(みずのえ・じんすい)の日生まれの人。

わたくしごとになりますが、まわりに壬日生まれの人が多いです。細く長くの友人、因縁家族(^.^)、生徒さん方…

わたしの宿命に木性が多いからなのかな。(*木性の性質は、守りの意識が強く頑固だが人と人の関係を重んじて情にもろい、守れなくなると怒る(-.-)

水は、勢いよく湧き出て、流れ続けてこそ、いきいきと活躍し満足できるわけですが、

水性が多くなり過ぎると、頭がよく働く反面、色々考え過ぎて悩んだり悪知恵になったりすることもあります。

わたくしの過多なる木性で、余分な水を吸い取りますので(゜.゜)、多少はお役にたてているかも。

わたしはわたしで、成長に必要な水をもらって知恵が湧いて落ち着いたり、ときには洪水に巻き込まれてアップアップしたり(^_^;) ありがたかったり、刺激的だったりの仲? ということでしょうか。運気の変わり目に不思議と壬日生まれの人と出会って、良くも悪くも勢いづく気がします。良くも悪くも? 今後ともお手柔らかによろしくネ。

 

Photo_5 壬(みずのえ) あなたは「海・太河」です。

 

生物の源である海や、大陸をおおらかに流れる大河… ダイナミックな水流に似て、あなたは、内なるロマンにあふれ、創造性、改革心を持つ人です。

海の波が様々な港に打ち寄せて、その土地の特徴を体で自然と学んでいくように、知恵がよく働き、好奇心旺盛。先々の夢や楽しみがなくなると、勢いがしぼんでしまいます。

書斎で静かに本を読むような、勉強のための勉強は向いてなく、覚えれば現場で使える知識や技能を習得していくこと、実際に出向いて見て聞いて試して食べて体験学習していくことが運気を強めます。

いきづまったと感じた時は、おおらかな海から学びましょう。

考えることが好きなあなたですが、家でじっとして頭でだけ考えていると、心がよどんで悩みが湧き出てしまいがち。波打つように旅に出る、新しい趣味・活動を始める、何か創る、イメチェン、模様替えなど、生活に変化を取り入れると、自分らしさを取り戻せます。

ごみごみした狭い所よりもオープンな空間、海外や海辺や湖畔のレジャーがおすすめで、深海の神秘を象徴する黒や深いパープルが、心を落ち着かせてくれるでしょう。

ラッキーカラーは、水面をきらきら輝かせてくれる太陽の温かな色、赤、オレンジです。陽射しの強い季節に生まれた壬さんなら、水の勢いを増してくれる「金性」が守護神(金性である岩山から水が湧き出す仕組み)。金性の色、すなわち、まばゆい白や、キラキラしたアイテムが運気を高めてくれます。

 

ちなみにラッキーカラー・アイテムといわれるものは、多く身につけすぎるとかえってよくありません。守護カラーやアイテムで部屋や全身を覆い尽くすと、自分自身が埋もれてなくなってしまうから。守られ過ぎはよくない。守護神過多と言って逆効果になりますので、アクセント的に使いましょう。

 

1905301 なにごとにおいても、やり過ぎも、やらなさ過ぎも、よくない結果を招くもの。

大臣や政治家の幼稚過ぎる思想、配慮のなさ過ぎる失言。酷い事件をおこす人の視野の足りなさすぎる思想、強すぎる優劣意識。

むかしは、"おら村"のことしかわからなかったから、偏った人は偏ったなりに生きられたのだけれども。

そんなことを言っても仕方ありませんね。

時代は過渡期。色々な流れを飲み込んで、決して後戻りしない。理不尽な出来事に巻き込まれた人の無念に報いるとしたら、その喪失を心から惜しむとともに、露呈した問題を意識し、改良への道を進むことなのだと思えます。呑気なことを書いてごめんなさい。

教室に来る生徒さん方からも自然とそういう話がでています。命を守る備え、そのためにも無関心ではなく意識的になること。テレビなどの一方的な報道に感情をあおられ過ぎないこと。自分の感情ぐらい、自分で決めたい。

災害、社会的なこと、個人的なこと、気がかりなことがなくなるということはないけれども、

何かあきらめたりシラケたりしない勇気を保つこと、自分もその流れに小さな点として参加しているのだという意識を失わないこと、そしてヨレヨレしながらも(-.-)次の時代や流れをなるべくなら先の方まで確かめてみたいものだと思う今です。

 

  よろしかったら1クリック☆ありがとう!

゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
手相の見方教えます
東京 横浜 東横線 自由が丘駅から5分

自由が丘 手相運命学教室・仙習院
手相と算命学が得意な仙乙恵美花のHP

自由が丘「運命学講座(手相・算命学・吉方位他)」個人レッスン随時開講
よみうりカルチャー横浜「手相を読み解く」第2・第4月曜・19時~20時半
朝日カルチャーセンター千葉「手相を読む」24回コース・第3水曜・15時半~17時
゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

占いのおはなし(過去記事)