フォト

鑑定依頼はこちらから

Twitter

おすすめリンク

クリック募金


おすすめリンク2

無料ブログはココログ

うらないごと 干支・陰陽五行

2015年12月30日 (水)

過去から未来へ軌跡を照らす新年、2016年に寄せて。

15122022015年も残り1日となりました。いかがお過ごしですか。

わたしは、近くの熊野神社にお詣りして、今日が仕事おさめ。最後の仕事が、お若いお客様の手相鑑定で、なにか初々しい気持ちになりました。

でもふり返れば、自分もその年代の頃が苦悩深かったかな。もう随分忘れてしまった(゚ー゚)

それはそうであろう、今年受けた脳のMRI検査で、(特に問題なく)「年相応の老化脳」の判断が下ったわけだし。

どんどん忘れていきますね。忘れたくないことまで、忘れないように気をつけよう。

MRAで撮影された脳の血管が(某氏いわく「山手線のような」)きれいな流線型だったことや、首の(ストレートすぎる)骨のレントゲン写真に「美しい…」と見惚れたことなどは、わたし、忘れないのですが。役に立つことを覚えるとは限らないもの。脳は、結局覚えたいものしか覚えないのよね。頼むよ、脳、マイ老フレンド(゚ー゚)、ともに、

新しい年を迎えましょう。

2016年は「丙申(ひのえ さる)」年。東洋系占いの多くは2月4日立春から丙申年としますが。今年迷いながらも動かしてきたことに、光が当たります。

十干の「」は、明るく強い火性で、自然界で例えると、世界をまんべんなく照らす太陽になります。

漢字の「柄」や「一」にも関連して、突出して伸び出す動きに通じます。

十二支の「」も、また、「伸びる」に通じ、五行で言っても、積極的で前進性の強い金性ですから、

新年「丙申」年は、今年よりも物事の動きが活発になり伸びてくる。個人でも、じっとしていられない気運が高まり、もともと動きたい人も、まだこもっていたい人も、それぞれに試されるでしょう。

陽気の強いムードですが、極まればかえって陰気を呼ぶのが自然のシステム。ムードに流され楽天的になりすぎないよう、危険への備えなど怠らず、着実に進んでいきたいものです。

そうして、隅々まで行き渡る光は、置き去りにしてきた過去や犠牲を照らしだしもします。福島第一原発事故問題もまだ終わっていませんね。 

見たくないものを目にしなくてはならないこともあるでしょう。けれどもそれは、罰なのではなく、将来への過程、カミサマの与える光(゚ー゚)として受け取りたい思い。わたしは特定の信仰宗派なく、八百万のカミ信者ですけども。

「申」は、そんな「神」のカケラでもあります。あっち行ったりこっちぶつかったり伸びたり叫んだり考え込んだり、じっとしていない、一生をちょこまか進み動くイキモノたちの軌跡を、光が照らしてくれている。道を誤り過ぎないよう、未来へ備えていけるように。

そんなふうに考えれば、やみくもにあせらず、

陽の火性である「丙」の持つ、極端に偏らない"バランス感覚"を、忘れないで、自分の目でまわりをよく観察、自分からよく動いて、明るい方向へ自分を耕していく年にしたいものです。

15122012…今年も多くのご縁に感謝します。

年末年始、のんびりできる方も、忙しい方も、

あなたの体の中で脳や骨や筋肉が(脂肪も)休まずがんばってくれてますよ、

お体いたわり、穏やかなお正月をお迎えくださいますよう。

様々な状況にいる方々の新年が痛み少なく実り豊かなものとなりますように、心から願います。

  よろしかったら1クリック☆ありがとう!

゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
手相の見方教えます
東京 横浜 東横線 自由が丘駅から5分

自由が丘 手相運命学教室・仙習院
手相と算命学が得意な仙乙恵美花のHP

手相鑑定講座 第1~3火曜 13時12月~ 19時2月~ 
朝日カルチャー千葉 手相を読むコツ  第1水 15時半 2月   
よみうりカルチャー恵比寿 手相学入門 第1・3金曜 13時
゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

2014年12月30日 (火)

迷いのなかでも根を張る年に。2015年に寄せて。

1301311_22014年も残り1日となりましたね。いかがお過ごしですか。

わたしは本日仕事納め。新年3日までお休みします。

神社にお詣りをして、これから年賀状書き。間に合わない女で恐縮ですけど、普段あまりしない手書き作業に集中していると、段々に年が改まるという実感が湧いてまいります。

新しい年には、今年始まったことが、いよいよ現実的な動きとなって見えてくるでしょう。

2015年は「乙未(きのとひつじ)」年。十二支の未は「蒙昧」「曖昧」に通じ、草木の枝があちこちに伸びて視界が暗いことを表します。

「乙」もまた、柔らかい草木が屈曲しながら伸びる様を表します。群衆の中で擦れあいながら、抜け出して伸びる草木もあれば、埋もれそうな草木もありますが、

新年「乙未」年は、視界がききにくく迷いやすい中でも、根を張って枝を伸ばしていく年です。

やみくもに迷えば、誤ります。さしのべられた優しげな手を握ったら、一層迷いの中へ、ということがあるかもしれません。耳触りのよい言葉に注意です(゚ー゚)

けれども、迷いの中でも意識すれば見えてくる。未は「味」にも通じますから、姿勢次第で、味わい深い、面白い「未来」を作っていける。

1101081草木が群れて互いを守るように、協力するのがよい。けれども、皆と同じにしていれば大丈夫というようなことでなく、群れを構成するひとりひとりが目を見開いて、大切なものを守る姿勢が問われるでしょう。そうでなければ、集団ごと無知蒙昧なまま、風に吹かれるままに根こそぎ流されていってしまう。

守るものとは何でしょう。

わたしは、命だと思います。わたしの命とあなたの命。

草木の成長には何が必要でしょう。

一番には光と水です。

光は火性。光は、未来の希望、楽しみ。光は発信、伝える悦び。

水は水性。水は、過去に学ぶ冷静さ、考える愉しみ、情に流されない理性です。

どちらが欠けても成長のバランスがとれません。

そうして土壌に根差せば大変安定。

土は土性。土は、愛と信頼、財力です。

2015年乙未年は、迷いやすい一方で、柔らかな草の根のしぶとい強さが力となる年。何からでも学びとり、屈せず発言、現実基盤を整えていくことで、自分の命と未来の命を守ることにつなげたいものです。家族を持たない人や厭世的な人、自己愛人間(^.^)の中には、未来なんて関係ないと考える人も少なくないかもしれませんけど(?!) 「わたし」というのは、過去から未来へ続く流れの一点。未来が無ければ、今のわたしも無いものです。

…今年も多くのご縁に感謝します。

年末年始、のんびりできる方も、忙しい方も、お体たいせつに、雪の地域はくれぐれも気をつけて、

そうして様々な状況にいる縁ある方々の新年が、実り豊かなものとなりますように、心から願っています。

あたたかくして。よいお正月をお迎えください。

  いつもありがとう☆

゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
手相の見方教えます
東京 横浜 東横線 自由が丘駅から5分

仙習院「手相鑑定講座」1~3木曜 13時/19時 1月
仙習院「手相鑑定講座」第2・4日曜 13時  1月
よみうりカルチャー恵比寿 第1・3金 13時「手相学入門」
shine自由が丘 手相運命学教室・仙習院
shine手相と算命学が得意な仙乙恵美花のHP

゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

2014年2月 2日 (日)

迎えにいく春は、丑寅に続く。

14013022月に入り。楽しみは、ソチ五輪(゚ー゚)

負けず嫌いな人たちの体を張ったがんばりを目のあたりにすることほど、元気をもらえることはありません、わたしにとって。

選手の皆さんが、日頃の努力の成果を存分に発揮できるように、禍なくと心から願っています。

さて、明日の節分を過ぎれば、暦では「丑」月(1月)が終わり、4日から、春の五行である木性を含む「寅」月(2月)へ。

もう少し、もう少し、「あと一月ほどを乗り越えれば」、と、寒いところに暮らす郷里の人の口癖が、聞かれるようになりました。

もう少し、もう少し、と、希望を膨らませていける、春のはじまり「寅」月(2月)へ。バトンを渡す「丑」月(1月)は、冬の終わりをあらわします。

終わりがあって、始まりがあるということ。そうして、

丑と寅をつなぐ「丑寅」(うしとら)の方角は、東北になります。

ものごとの節目となる「丑寅」のシーズンを経て、ほんとうの春「卯」月(3月)を迎えることができるのです。

春には、生き物が生気を取り戻し、ものごとがどんどん動きだし、経済、交渉、活性化していくシーズン。たのしみ♪ 今、そのような流れに、わたしたちの国の時代も来ているのでしょう。けれど、

「丑寅」、東北の問題をきちんと終わらせなければ、ほんとうの春へは続かないはずです。そのことが忘れてはならないこと。

いつもありがとう☆今日の占いblogランキング☆

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
  手相の見方教えます
  東京 横浜 東横線 自由が丘駅から5分
 ★仙習院「手相鑑定講座」4月期(火曜13時
/19時・日曜)
  ★よみうりカルチャー恵比寿 第1・3金13時「手相学入門」1月
 よみうりカルチャー横浜 第2・4月19時「手相を読み解く」
shine自由が丘 手相運命学教室・仙習院
shine手相と算命学が得意な仙乙恵美花のHP
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

2013年12月30日 (月)

ひとりひとりの新年に寄せて。

13122592013年も残り1日となりましたね。いかがお過ごしですか。

今日は自由が丘の熊野神社にお詣りしてから、ようやく大掃除ならぬ中掃除。お正月飾りを28日までに飾れたことのないヒトオですが、年末行事を進めていくうちに、遅ればせながらの年末気分がじわじわとやってきました。

腰にはサポーターを忘れずに(゚ー゚) またぎっくり腰で寝たきり正月なんてことになると困りますから。同じようにぎっくり対策にサポーターを巻いて、かきいれどきの職場でがんばっているだろう生徒さんのことなど思い出しつつ。

新潟の家族に尋ねると、海岸部では雪はなく年末には珍しく三日続けて晴天だ、とのこと。雪かきが心配だったので少し安心しました。

今年は実家に頻繁に電話していた年でした。なんということない短いやりとりですが、親やきょうだいとの会話量は、ここ30年で最大かも(ふだんが会話なさすぎたということかもしれません(゚ー゚)。 親が弱ったおかげで、自然に話をすることができるようになったと思います。いえいえ、長く元気で冬を乗り越えてほしいですけれど。

また飼い猫が衰えてあれこれ備えたおかげで、けものの生態が前よりもよく理解できるようになりました。ぎっくり腰で寝たきりしたおかげで、健康管理を考えられるようになりました。今年は、そのような?よい年でした。少しずつ準備できる心持ちになれたように思います。皆さまはどのような一年でしたでしょう。

師走ムードで華やぐ駅前から少し外れたしずかな部屋に、年末お迎えしたお客さまたち。高齢の初めての方、5年ぶりに再会した方など、これまでの長い時をひも解くようなお話が続き、お客様が帰られた後、濃い小説を読んだ後のような感覚に浸されて満たされてしまった、ということが幾度か。哀しいよ、けれども満たされてしまう、せつないよ、でもすごくがんばっていて、なんなんだこのひとたちは、

13122513と、

そのようにして、年が移り変わっていこうとしています。僅かでもお力になれていれば幸いです。今年も多くのご縁に感謝します。

新しい年は、「甲午(きのえうま)」年。

十干が一巡し、トップバッター「甲」がやってきて、新しいムードが押し寄せてきます。「」は、植物が硬い殻を破って芽を出した様子を表し、天を目指して伸びる樹木の道筋を示唆します。

続く「乙未(きのとひつじ)」年が、優柔不断な動きを含む年なので、新年のうちに、方向を決めて伸び出したいもの。一年と言わず、これから10年、少し長い目でみた道筋を考えたい。思ってもみない方向へ伸びてしまったら、樹木は軌道修正が難しいので。最初が大切なのです。

パカッ パカッ パカッ、「」年は、火性の極まり。ひらめきや機知が武器となりますが、移ろいやすい炎のように、パッと動いたかと思うとさめてしまう、ということのないようにしたいものです。

この国は、どこへ向かっていくのでしょうね。

甲は木性、午は火性。木が火を生じて、新しいムードが、人々の悦びや憤りを激しくたきつけることでしょう。

いっときのムードに、流されないように。

甲で始める出来事が、その後にながく作用するから。

じぶんはどこをめざして伸びようかな、あなたの向かう先と違っても、大きく枝を伸ばせれば、高いところで、枝と枝の先で触れあえるね。がんばって伸びよう。

なんてことを、大変まじめにおもう年の暮れ。

…今年も千両をいただきました。ありがとうございます。春を招く木性の葉と明るい実。ことに赤(火性)は、春(木性)の訪れを妨げる金性を剋して、積極的に春を招く呪術ともなる新年の色。

下のお馬さんは、先日の東京スピマで「娘に売ってくれと頼まれた」という男性の親心に打たれて(゚ー゚)買ってしまったもの。いえ、ふつうに可愛かったからですけど^^

お休みのんびりできる方も、忙しい方も、お体たいせつに、雪の地域はくれぐれも気をつけて、

穏やかなお正月をお迎えくださいますよう。

いつもありがとう☆今日の占いblogランキング☆

2013年7月 5日 (金)

終わりとはじまり

1307041蒸しますね。

生きてますか(゚ー゚) 

7月7日梅雨時の七夕、今年は星が見えるでしょうか。小暑、大暑を含む七月は、暑さ本番。体を暑さに慣らしていきたいですね。

暦の上では、七夕(小暑)の7日から己未(つちのと・ひつじ)月。「己」は、奮起の「起」に通じ、なにごとかを起こそうという気運が生じますが、一方で、「未」は、曖昧(あいまい)、蒙昧(もうまい)の「1307011昧」に通じ、視野が開けず、決断に迷うことを意味します。

来月はものごとを改める「更新」に通じる「庚申」月となり、続いて9月、何らかの痛みを伴い前進する「辛酉」月と続く、変化を迎える流れですので、今月は、迷いの中でも、個人個人が「奮起」の心を失わずいることが大切です。

1307052…と、えらそなことを書きながら、写真は素敵なモノ自慢にて恐縮です。猫の額絵は、時計になっています。猫グッズだらけの自由が丘アートファームで見つけて久々にときめいて買ってしまいました、セール値にもひかれて^^  見ていると癒されます。

1307051猫の紙テープは、先週、恐る恐るお迎えした来客のおみやげ。可愛い紙テープの下の容器の中には、邪気どころか、美味、福岡の炙り辛子明太子が詰まっていました。辛子明太子茶漬けにして贅沢気分に(゚ー゚)♡ ごちそうさまです。以前よりゆったりされた表情を見て嬉しく感じたことでした。

1306241そうして、半年の定期クラスが修了していただいた、嬉しいメッセージ付きパンダカード、おいしいもの、縁起物、一年ぶりの再会にいただいたかわいいお菓子、イタリアみやげのオゴソカな^^眼鏡拭き、

おいしいものに詳しい生徒さんから「食べると癒されますよ」といただいたバウムクーヘン、

1307015ごちそうさまです。時間が瞬く間に流れ、記憶もどんどん薄れてゆくけれど、食べ物の恩は忘れない…ではなくて^^; 交流しあったひとときを嬉しく思い出せるようにしてくれてありがとう。

1306242いただきもの自慢をしてしまっているのは、少し人恋しいからかな。

夏の夕暮れの、じっとりした中に漂うものさみしさ、感傷、

わたしは、好きです。

さみしいと、思い出せるから。さみしいと、大切に想えるから。さみしさは、かけがえのない友。

ドライなHさんからまた「クライ!」と、言われそう(゚ー゚) クライわたしがわたしはとても好きなのよ。

…のんきなこと書いてないで、帰りましょう。猫、おかんむりです。今週は休まず、13日までマイペースにて務めます。

…天候不順の折り、無理せずまいりましょうね。8月頃までは水の被害も注意の頃。心配するなら準備せよ、準備しないなら心配するな?! ストレスためないように…、束の間の夏を楽しみましょう。

いつもありがとう☆今日の占いblogランキング☆

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
  手相の見方教えます
  東京 横浜 東横線 自由が丘駅から5分
 ★7月木曜13時・19時「手相鑑定講座」定期クラス新規開講♪

  ★よみうりカルチャー恵比寿 第1・3金曜10時半「手相学入門」
 よみうりカルチャー横浜 第2・4月曜19時「手相を読み解く」
shine自由が丘 手相運命学教室・仙習院
shine手相と算命学が得意な仙乙恵美花のHP
    ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

2012年12月31日 (月)

夢見る時を過ぎても、夢見る力で時をはかって。

1212311今年も残り一日となりましたね。

新年2013年は「癸巳(みずのと・み)」年。ぐるぐるエネルギー渦巻く蛇の年賀状がたくさん見られそうで縁起よさそう。わたしの蛇は諸事情によりこれから書かれる予定となっております(゚ー゚; いつもこのような調子で相済みませんが、皆さま方におかれましては新年の準備万端相整っていらっしゃることと存じます^^

さて、十干、十二支の組み合わせからとらえると、「癸巳」年は、再来年の「甲午」年へ続く大事な年です。毎年毎年が大事ですけれども。

十干、十二支はそれぞれ生命の誕生~終わりを表しており、それは途絶えることなく輪廻します。一途な水の流れを表わす「」は、「甲」から始まる十干(じっかん)「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・」のラストバッター。始まる前の終わりです。

また、「」は、「揆る(はかる)」に通じ、ひとつ前の「壬」で妊まれた小さな生命が、測れるほどの大きさになることも意味します。続く「甲」では殻を破って伸び始めるので、その時を見計らい、コトを図って、まだ冷たい水の季節に力を養い仕組みをしっかりさせておくべき、ということ。

そして十二支の「」は、「已む(やむ)」に通じ、十二支のトップバッター「子」から増え始めた生命体の勢いが、盛んとなって(火性)極まる時を表します。極まればやがて衰えるということで、続く「午」が含む衰え(困難)の気配に備えよ、ということ。

十干、十二支ともに転換期にあたります。

1212312将来を見据えて力をつけ、仕組みを整える大事な年、2013年。どのような仕組みを築くかで翌年が大きく変わってきます。2014年「甲午」年が困難を越え発展的に進む年となるように。社会のことも、身近なことも、よく見計らって。水の勢いのような流れに押されるままとならないように。

将来…。と、口にしなくなってきたのはいつ頃からだったろう、と、わが身を振り返ります。けれど、時が止まらない限り、将来はありますね。改めて将来のことを夢見ようとしなければここからは進んでいけないかも、そんなふうに感じ始めた今年後半でした。

今年、妊まれたものは、何だったのでしょうか。

あなたの中に妊まれたものは?

今年もおつきあいいただきありがとうございました。
ご縁の方々、刺激を与えてくださった多くの方々に感謝します。

新年がよりよい年となりますように。

いつもありがとう☆今日の占いblogランキング☆

2012年8月11日 (土)

もしもあのとき?

1208111

立秋を過ぎて、暦の上では秋の始まり、申月に。

今年の8月は、「戊申(つちのえ・さる)」。「戊」は、「茂」に通じ、「申」は、「伸」に通じ、どちらも、伸びていく様子を表わしますから、勢いはいいのですが、伸びすぎるとやっかいなことも。

長い枝葉をもてあまして、どちらへ向かえばいいのか混乱したり、草木に隠れて見えないところの日陰の地面のじめじめさに、へきえきしたり。

力任せに伸びようと強情になったり、逆にマイナス面から目をそむけて移り気になりがち。バランスを取り戻して進むには、思いきって、余分なものを刈り取るのも必要な時期です。

201208083

さて、なにを、刈り取りましょう?^^

今週は、戸田ビル仲間の皆さん(エステのルボンヌークさん、ネイルスペースTiaraさん、ご近所の美容室Lacheさん)と暑気払い。自由が丘のとあるビルの隠れ家的な屋上で、辛い辛い食べ物をいただき涙を流したり、

昔、渋谷などの占い館に出ていたときからのお客様方の近況をうかがったり、てんこもりでしたが、

珍しい出来事は、とある取材者さんの来訪。占い師の話を聞いてみたいとのことで、色々と過去の出来事なども尋ねられたせいで、少し心が揺れました。

今となっては健忘症も進み(゚ー゚)過去に想いをはせることなく過ごしていますが、それが短時間に集中的に過去の想いを手繰り寄せたことで、おかしな心持ちになりました。そんな自分に戸惑いました。まだまだだなぁ、と。それでも、

201208081_3心が全然揺れないのも、どうかと思う。思いだせば揺れてしまう過去の想いが心の底に眠っているから、今しっかりしていられるのでしょう。

と、思いなおして。話せなかったけれどガッツリ思いだされてしまった想いのあれこれに、しばし呆然として、また仕舞って。今を進む、と。

…写真は、お花いろいろ。赤とピンクの蓮の折り紙は、「お盆に」と今日いただいたもの。「お盆過ぎたら捨てて」と言われたものの、捨てがたい。むぅ、この煩悩を乗り越えよという課題? 課題出す生徒がわたしのところは多すぎます。ありがたいですね^^;

可愛いヒマワリと、名前を失念(メモ書きをいただいたというのにm(__)m)ツヤツヤのグリーンを、ベランダから手折ってきてくださった生徒さんからも、お盆の仏事について細かく指南されているわたくし。ありがたいことです。

最後の緑のカーテンは、実家のきょうだいから送られてきました。今までで一番の出来栄えとか(゚ー゚) 出来上がりを楽しみにしてそれぞれが手をかけた様子(と、室内での涼やかなる昼寝の様子)を、想像することができて、嬉しかったです。壊れるようで壊れない、驚くべき血のつながり。それはきっと自分の忍耐のおかげ、と、それぞれが思っているのかもしれない。おめでたきかなわが家。わが家の平穏を今日も祈りましょうか。まもなく月遅れの盆。

皆さま、ご無事で。愉しい名残の夏を、ネ。

いつもありがとう☆今日の占いblogランキング☆

2012年5月 6日 (日)

行動領域、半会から、ちまきへ。

Img_3052

昨夜の月、スーパームーン、きれいでした。大きさ14%増については「そう言われてみれば」という印象でしたが、輪郭はくっきり、白くジラジラと眼に刺さるように光を放って妖しげで、美しかった。

月の光を浴びていると、人間って小さいな、と、あらためて感じます。小さいのに、じたばたとして、懸命に生きていて。小さいことの哀しさと、いとおしさ。今夜は、さきほどこちらでは雷雨がありましたが、雨雲のご機嫌、いかがでしょう。

写真(嵐山の竹林と京都タワー)は、おみやげ写真をいただいたので、許可をとって掲載。見ているだけですがすがしい。

京都、随分行っていません。というか、旅らしい旅は何年もしていないのです。笑われますが、老猫を置いておけなくて。ひと頃、国内の県はほとんど足跡残して、残すは和歌山、徳島、沖縄本島なのですけど。

残しておいたこれらの、ちょいと濃そうなエリアを回れる日々を楽しみにしています。それまでは…、おみやげ写真を待ってましょ。

さて、先日、行動領域のことを書きましたが、

わたしのところへみえるお客様は、行動領域が広くて、生きづらいという人が珍しくありません。

(生年月日から算出される)行動領域が広い人(特に4領域)は、様々なことが気になるタイプ。自分のことはもちろん、家族のことも、社会のことも、ネット情報も、とりあえず一通り把握していないと気が済まない。ですからよく色々なことを調べ、人の反応にも気を配り、(誰かのために)自分が”何かをしなくては”という想いの強い人が多いのです。そのスケール大きな想念に、実際の行動が伴えば注目されて活躍するわけですが、そうできないと、不満や苦しみにつながりやすい。

ともかくやってみよう、というチャレンジャー気質の人のほうが、広い領域をいかしやすいです。

領域の出し方を説明していないので、なんのことかわからぬ人には恐縮ですが、領域がわからなくても、こんなことは言えます、

理想が大きい人や、想念が広がりすぎて苦しい人は、最初から自分に完璧を求めないこと。今の自分で勝負しようとせず、とにかく学び遊び、人に語れる知識や情報を広く自分のものにしていくこと。あるいは、自分の関わる分野を絞ってそれ以外は”気にしない”。そのどちらかに決める。Img_3775と、なっております。

行動領域の広い人は、生まれた年・月・日の十二支に「半会(はんかい)」という約束事を持っているほうが、矛盾なくいかしやすいのです。

半会とは、三合会局(さんごうかいきょく)という十二支3つの組み合わせの約束事(申子辰亥卯未寅午戌巳酉丑)のうち、半分の2つだけ成立している組み合わせのことを言います。

例えば、「」と「」のような関係が、「寅戌」の半分の会局なので、半会

よく、寅年生まれの人は、午年生まれの人と相性がいい、などと言われるのは、この約束事がもとになっています。(寅月生まれと午月生まれも同様に言えます)。

もともと、寅は木性午は火性戌は土性と、異なる五行なのだけれど、組み合わさることで融合して、中央の十二支の五行(火性)に変化していきます。

ですから、寅年生まれの人が、午年生まれの人とつきあっていると、寅年生まれの人がだんだんと変化し、火性が強まって、お喋りになったり快活になったりすることがあります^^

ところで、昨日5月5日は端午の節句でしたが、この日の頃に、和菓子屋さんに「ちまき」が並びますね、このちまきに、三合会局の約束事を見出した民俗学のお偉い方がいました。

5月は、今の暦では、巳月になりますけど、旧暦5月は、今の6月、午月

そこで、ちまきの形状を見てみると、

(木性)…草(木性)で包まれる。

(火性)…三角の尖ったかたちを、炎(火性)のかたちととらえるw(゚o゚)w

(土性)…甘い(土性)餡や、粉(土性)で作られている。

P1060003ですので、この季節に、ちまきを食べることは、「寅午戌」の三合会局のまじないを行うこと。身体に、自然の運行に沿うように、夏(火性)の気をとりいれる行為となっている、と。このように考えると、ほんとうに、運命学って、生活に密着して面白い、というか、おなかがすきますネ。

…最後の写真はある日のおやつ。オープンしたばかりのパン屋さんで買ったフレンチトースト。

「メープルシロップをおかけできますが?いかがしますか」と、パックの蓋を外してトローリかけてくれました。そんなことで一日とても嬉しかった、よほど愛情に飢えているわたくし?(゚ー゚; ということでもなくて、モノがよくてサービスもよければ、少しだけ割高でもまた来ようという気持ちになるものだ、やはり仕事はそこが基本では、と、色々な場所で気づかせてもらえます。

さて、GWも終わり、あすからは通常モード。気温が上がって過ごしやすいけれども、リズムの崩れやすい時。無理せず、少しずつ。また一週間、マイペースでね。

いつもありがとう☆今日の占いランキング☆

2011年12月30日 (金)

自分の時代を。

1112197_6

今年もあと一日。大掃除ならぬ小掃除を済ませて(゚ー゚;暦を掛け替えて、店じまいとなりました。新年3日までお休みです。

本日のランチは、某所駅ビルでお蕎麦でした。デパートで昼食という時は、待たなくて済む蕎麦屋に入ることが多いのですが、今日は混んでいるなぁと思ったら、そうでした、早めの年越し蕎麦でしょうか。ざわざわと混雑する店内は、乾いて明るい空のせいもあるのか、どこか陽気が感じられて。

来年、海外へ赴任するという久しぶりに会った人のまなざしにも、それは感じられて。時間は止まらないのだな、と思い噛みしめながら、生粉(きこ)打ちそばをずるずると。そば粉だけで打った太い麺、噛みしめ甲斐がありました。たまたま入ったお蕎麦屋だったけれど、縁が途切れぬようにというまじないになったかもね(゚ー゚)

元気で、また会いましょう、と長く手を振っていました。

迎える新しい年、2012年は、壬辰年。ものごとが大きく動いていく変化年です。

辰(たつ)は、「震」から起こり、大きな行動力や拡大性を表わします。五行で言えば土性ですから、見かけは穏やかですが動き出すと激しい。

今年2011(辛卯)年、「卯」の表わす茅の茂みが刈り取られ(刈り取られ過ぎでした)、「門」の中で今蠢いている問題点や活動が、来年どんどん外へ出てきます。「辰」は地震の震にも通じることから暗い予測もなされていそうですけれど、ただ暗くなっても仕方のないこと。湧いて起こる問題や勢力に対処して知恵をつけていく年、とみたいところです。

「辰」は、方角で言えば東南を表わし、季節で言えば、春から初夏にかけての陽気さを持ちます。ですから、その爆発的な動きは、やみくもに破壊するためではなく、未来への躍動。止めることのできない現実の勢いです。

一方、「壬」(みずのえ)は、水性で、季節で言えば、冬。冬に漂う冷たい大河ですから、ムードは暗いのですが、「妊」に通じることから、陰気が極まればその中に微かな希望の種が宿る。生みだそうとすればダイナミックな力が働きます。

冬の「壬」VS.春の「辰」のエネルギーのせめぎあい。どちらも、動き出すと激動的。うねるような「壬」の暗いムードや悪知恵の世を、時代の春を目指す「辰」がかみ砕いて進むのか、筍のような「辰」の勢いに刺激され「壬」本来の知恵と勇気が研ぎ澄まされてプラスへ転じられるのか。

悪い方向へ行けば、「壬」の水はダダ漏れになり勢いを失い暗さ蔓延、「辰」で振り上げた拳は空振り。湧いて出る新党の行方は? この勝負見逃すことができません(゚ー゚;

大きな流れに目を向けると、小さなことがさほど気にならなくなります。そうして矛盾するようだけれども、大きな流れに目を向けることは、流れから見ればいてもいなくても変わらぬ点のような自分の時代を一生懸命に愉しむことも同じ、そうもとらえています。

哀しみは望まないけれど、思い通りにいかない様々なことも、わたしたちがこの世にいたことを刻む小さな証。

ルーン文字でも、「トゲ」のような「障害物」と、通り抜けるべき「門」を表わすソーンという文字があります。乗り越えるべき苦悩がある、ということは、見方を変えれば、そこから学び、新しい自分を発見するという道筋ともなる。その時に使える武器は、勇気と知恵なのだ。ということも思い出されます。

来年も暗い話題に1112163事欠かなくてもそれでも、今年のようにアスリートたちが暗さを破る活躍を見せてくれるでしょう。型破りのアイデアで日本の誇りを思い出させてくれる技術者や専門家も出るはず。声援を送り、わたしも本当に僅かなりとも力を尽くそうと思います。暗い世の中を変えてくれる「誰か」なんて、いないですね。わたしたちひとりひとりが「誰か」。

今年は、どなたにとっても大変な年であったけれど、皆よく生きている、と、ただただ思える年の暮れです。過去形では語れないけれど、

今ひとときは、この年末の平穏を感謝して過ごしたいと思います。また改めて被災地復旧復興に尽力されてきた方々の労を想い、今もご苦労されている方々の一日も早い平常を祈りたいと思います。

そうして様々な状況にいる、縁ある方々の新年が、実り豊かなものとなりますように、心から願っています。

あたたかくして。よいお年をお迎えください。

いつもありがとう☆今日の占いランキング☆

2009年12月30日 (水)

過去があって新しく

P1030697

さて、プレ大みそか。いかがお過ごしですか^^

今週に入ってから交わし合った言葉といえば、「お正月って気がしませんねぇ」「あ、そうか、週明けはもう4日。えーと次の予定は…」 などですが、

昨日、年賀状を(はい昨日)ギコギコ印刷しているうちに、気持ちが切り替わってまいりました。

…本日より新年3日まで、鑑定と授業をお休みします。

こんなふうにきっちり休みをとるのは独立してから初めてかもしれません。 業務については、まだまだ足していきたい点、改善したい点がさまざま、なくならないのですが、

ひとまずは今このときを感謝して新年を迎えたいと思います。静かにおとそを^^

…新しい年は寅年。

寅年の方、厄年の方、寅卯天中殺の方… それぞれに転機を感じてのことか、12月にはそのようなお客様を多くお迎えしました。

迷いの多い2009年・己丑年から、思い切って変わる流れとなる2010年・庚寅年へ。

庚(かのえ)は、攻撃・前進本能の強い金性。

寅は、守備本能の強い木性。

金性が木性を剋すかたちで、変えていくというのはスムーズなことではなく、多かれ少なかれ障害があります。思い通り理解者が得られないと不安になりますし、他人を傷つけてしまうかもしれない。

ですが、剋す=意識し、弱める

というのは悪い効果ばかりでなく、

異なる考えや次元の人たちにぶつかって、刺激を受けることができる。はねかえされるものがあって、自分の言動を顧みることができる。そうしてひとは成長していくもの。

そして寅には、人間の情に満ちた断固とした世界がありますから、

「うまくいかない」、「傷つけた」、「傷つけられた」と思った人から、結果的に助けられるということも、来年はあるでしょう。目的のはっきりしない性急な変化や無謀な言動なら、止めてもらったほうが助かりますからね。

庚(かのえ)には、更新の意味があり、更新というのは、今までの行いの上に新しくなるわけで、過去が積み重なってこそ。過去を断ち切って生まれ変わるわけではないのですね。ですから、

今まで目的をもって過ごされている方はそのままに、力を尽くして協力してくれる人たちを大切にすること、

そうでない方は、目的を意識して持つということが新年を充実させる秘訣かと。目的といっても、なんでもいいのです。モヤモヤと絡まっていたこころがあるなら、風を入れ替える好機。

当然と言えば当然のこと(^^;  御託を並べるのはこのへんに…。それでは、

のんびりお正月の方も、平常通りの方も、かきいれどきの方も、

一年間おつかれさま!

皆さまの新年が、実り多きものとなりますように。願っています。

いつもありがとう☆今日の占いblogランキング☆

より以前の記事一覧

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

占いのおはなし(過去記事)