フォト

Twitter

おすすめリンク

おすすめリンク2

無料ブログはココログ

« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »

2021年5月

2021年5月31日 (月)

人間は学べる生き物です。そうなの?そうねたぶんだいたいね、

20210526210905_img_0344

これ、先日の皆既月食の夜。帰宅途上で、雲間にふたたび現れてきたお姿に遭遇、📸パシャリ。

下界は騒がしゅうございますよ、お月さま。

 

人間界、ほんとっ、めんどくさい。

けれど、めんどくさい生き物だからこそ、何かを知る手がかりにはなり得る「占い」なんてーものが、すたれずにあるのかもしれませんね。(卑下しておりません)。

 

20210531_141535
(お気に入りの傘。雨には雨の過ごし方)

 

なんでも、世の中、不安定なせいか、占い師になりたい人が増えているらしく(ほんとう?)、占い教室にはどんな人が来るのか、年齢層は? その中でプロになるのは何割か、といった問い合わせ電話がありました。何か番組作るのかな、「占い師になって年収ン千万!」みたいな教室のほうが面白いこと聞けると思いますよ、とか丁寧に答えときましたけど(^.^) 

変な分野なので、プロという定義がむずかしいような。

 

変と言っても、わたしといえば、自分の仕事を、美容師や蕎麦屋のような職業のひとつととらえています、今は。

デビューしたての頃は、なんというか、もっと占い師らしく✨神秘的に?みたいな意識が強かった気がしますけど。今、ふつうにやってます。

 

プロの美容師がセンスのいいカットやカラー技術を、プロの蕎麦職人がおいしいお蕎麦を提供するのと同様に、占いにも、専門知識と伝え方の習得は必要ですし、クライアントさんについても、自分に合った美容室や好みの蕎麦屋へ行くのと同じようなもので、お客様が占い師を自然と選ぶのだろうと思っています。

 

ときどき、わたしの教室へ手相や運命学の勉強に来られる生徒さん方に話すのですが…

占いを仕事にするなら、「お医者さんや接客業の人の言動から学ぶといい」。

 

病院嫌いなわたくしも寄る年波には勝てず、あちこち訪ねて行くようになり、めんどくさいしあまりいい気持ちがしないわけですが、

そんな中で楽しみ発見!

医者の診断、処方についての説明の仕方が、大変勉強になるのです。

 

パソコンのデータばっかり見ている人には「だめだこりゃ」と感じるしm(__)m

えばってると「なんだよう」と感じるし、やさしいだけでも不安がきざし…

長く診察すればいいというものでもなく(待ち時間が長いと消耗する)ある程度効率的に、

おびえさせず、ごまかさずに、正確に、今の状況を伝えてくれて、ではこれからどうしていくのが最善か指針を示してくれる。そういう医者は安心と励ましを与えてくれます。

このあたりの言動、お医者さんによってすごく違いません?

 

接客業の人も千差万別ですが、学べる人も多いです。

商品知識があって、お客のニーズを察して、またみずからも商品やサービスを好きなので自信をもって勧めてくる。もちろんお金を使ってほしいからだけど、それだけでない何かを感じさせてくれる人がいます。必要な新しいものを気持ちよく購入して積極的な気持ちが起こる、そんなきっかけを作ってくれる人も、わたしの先生。(出費は控えめに…(^-^;

 

こんなふうに伝えられたら、こんなふうな気持ちになるんだ、と、体感できる。

お客や患者に対する彼らの態度、言葉遣いは、大変勉強になります。勉強になる、と、思っていれば、反面教師の人も含めて、そこそこどこでも体験学習の場になりますよ。

 

20210529_190120

話は変わりますが、狭い道の多い自由が丘駅界隈を走る東急バスの運転手さんはすごいわぁと、常々、恐れ入っておりますことを最後に申し述べておきます。

車体のすぐ脇が店舗の壁ですし、進行を妨げる路上駐車もありますし、人も接近ワンサといますし、よくひかないなぁ、と(-.-) 女性ドライバーも少ないですがいらして、運転はピシッとしてますが口調が柔らかでホッとします。

たまに新人なのか、急ブレーキでころげたお客さん相手にあわてふためいた人もいましたが、まれなこと。だいたい冷静。

ふつうのこと?に感動します。

 

ふつうの生活、ふつうに役割をはたすこと、そしてオフは切り替えて工夫して楽しむ、庶民のすばらしさ。

人はほんっとに、めんどくさい生き物かもしれないけれど、

人を見ていると、学べることもたくさんあるのは実感。

 

あまりに何かが不甲斐なく感じるからか、

できれば、すてきな、ふつうのことをふつうにこなす人たちのほうへ、意識して視線を向かわせようと思うこの頃です。

 

 


よろしかったら1クリック☆ありがとう!

Twitterを日々更新中⇒☆彡  こっちは短いです

゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
手相の見方教えます
東京 横浜 東横線 自由が丘駅から5分

自由が丘 手相運命学教室・仙習院
手相と算命学が得意な仙乙恵美花のHP

自由が丘「手相鑑定講座」9か月・6か月コース 日曜昼/月曜昼/火曜昼・夜/木曜昼
よみうりカルチャー横浜「手相を読み解く」第2・4月曜・19時~20時半
よみうりカルチャー恵比寿「手相学入門」第1・3・5金曜・13時~14時半 
朝日カルチャーセンター千葉「手相を読む」第3水曜・15時半~17時

゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜

2021年5月24日 (月)

案外強い?「司禄星」の心配して備える力

20210512_204904

東京五輪、いろんな考え方がありますね。

中止希望が多いかもしれませんが、やったほうがいいと話す人も身近にいます。昨年来のくすぶった状態で今年が終わるよりは、安全対策をとった”祭り”をやってスッキリしたほうがいいと。早めにワクチンを打てる世代は楽観的な人も少なくないのかな。

わたしも、緊急事態宣言下のガマン生活はもうギリギリ!この状況で五輪開催はおかしいだろうと感じながらも、賛否にかかわらずやるんだろうなぁと思っていたのですけど(運動会や旅行を我慢させられた学童を五輪観客として動員することには反対)、

このところのIOCトップの言動には憤りを覚えています。

 

「五輪の夢を実現するために、誰もがいくらかの犠牲を払わないといけない」と、発言したらしいトーマス・バッハ氏。

五輪の夢とは?

あなた方の夢想ではないのか。

わたしらを、米粒のようなジャップ扱いしてません?

 

考え方は色々あるのが自然で、全世界の人が同じ考えの方向へ一斉に進んでいくとしたら、それはそれで恐ろしいことですけども…

想いを他者に理解してもらいたければ、(それがお金を稼ぐ目的でも)

言葉に「心」をのせられないと、人は動きませんよ。

これ以上、反発する敵を増やしてどうするんでしょ。

いったい星はどうなってるんだ、と、ようやく変な興味が湧いてIOC幹部を調べてみてます。

20210512_204635

それはそれとして、(中略(^-^;

先ほど内閣官房参与を退職されたという高橋洋一氏(1955年9月12日生まれ 65歳)も、

「(日本の感染者数は)この程度のさざ波。これで五輪中止とかいうと笑笑」、「(緊急事態宣言は)屁みたいなもの」と、

批判され話題になるような発言をわざわざしているようにも感じられる、不思議なお人。

 

運命学的に頭が変によすぎて批判されるタイプの人は珍しくなく。成功者が多いのですが。

算命学で見ると「母星過多」という運勢の形になっていることが少なくありません。(母星過多の説明は省略m(__)m)

しかも、「」日生まれで火性(伝達本能)の強い高橋氏は、「母星過多」の中でも、”木多くして日かげる”と称される運勢タイプとなり、これは特に、礼儀を欠くおこないや失言でトラブルがおこりやすい傾向です。

20210427_143522_20210524171501

ではでは、

と、オリンピック開催に疑念を呈している著名人を見てみますと、

ソフトバンクの孫正義氏(1957年8月11生まれ、63歳)、「国民の8割以上が延期か中止を希望しているオリンピック。誰が何の権利で強行するのだろうか」。

楽天の三木谷浩史氏(1965年3月11日生まれ、56歳)、「まるで自殺行為だ」。

ビジネス成功者は、意外に常識家で慎重なのかしらん。

バッハ会長や、「緊急事態宣言中でも五輪開催」発言のジョン・コーツ副会長のように、型破り思考の「宿命生月天中殺」タイプではなく(宿命天中殺者は主に専門家として成功。二人とも弁護士専念してればいいのに←独り言)、

孫氏も、三木谷氏も、常識家で、

また、算命学でその人の”欲望”を表す南の星が安定志向の「司禄星」です。

 

司禄星」って、算命学では、「まじめにコツコツ努力。用心深く保守的、堅実、安定志向。家族や自分の生活のために節約、貯蓄し必需品を備えておく主婦のような星。冒険しない、消極的、カメの歩み。以上!」

てなぐらい、他の星に比べると、説明少なめ、かなり地味目な扱いです。

巨額の利益を出している人も、根っこはコツコツ積み重ねる「司禄星」なのかしらん。

「司禄星」のめざすことは、家族や自分の安心できる生活!

20210514_212850

こんなことをツラツラ考えていたら、信濃毎日新聞が ”新聞社では初めて社説で五輪中止を書いた”というニュースが入ってきました。

賛成でも反対でも折衷案でもいいから、新聞がそれぞれ持論を発表しないならそれは折り込み広告と同じなんじゃないの? と思っていたところだったので、長野県人魂健在なのかしらん、なんて感じました。

信濃毎日新聞には、戦前から軍国化に反対する主張をした桐生悠々(1873年5月20日生まれ)というジャーナリストがいたとのことで、

この人の星を算命学で見てみたら、欲望を表す南の星が、やはり家族や身内のために備える「司禄星」だったのです。

 

算命学を知らない人には何のことやら?と思われそうですけども、

いつも大変地味な扱いの「司禄星」の底力を見い出したような気がして、わたくしとしては頼もしく感じ、

 

世界の平和も、基本は、家族や身近な人たちの、地味でも穏やかで安心できる生活あってこそ、という思いを新たにいたしました。

 

 

これから横浜よみうりカルチャー手相講座へ。説明不足のところは必要があれば追記しますね。

 


よろしかったら1クリック☆ありがとう!

Twitterを日々更新中⇒☆彡  こっちは短いです

゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
手相の見方教えます
東京 横浜 東横線 自由が丘駅から5分

自由が丘 手相運命学教室・仙習院
手相と算命学が得意な仙乙恵美花のHP

自由が丘「手相鑑定講座」9か月・6か月コース 日曜昼/月曜昼/火曜昼・夜/木曜昼
よみうりカルチャー横浜「手相を読み解く」第2・4月曜・19時~20時半
よみうりカルチャー恵比寿「手相学入門」第1・3・5金曜・13時~14時半 
朝日カルチャーセンター千葉「手相を読む」第3水曜・15時半~17時

゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜

2021年5月 4日 (火)

励ましの言葉に心宿る?宿らない? 映画「活きる」に寄せて

20210427_143629

晴れたり揺れたり雷鳴ったり、自然もお忙しいご様子ですが、皆さま、GWいかがお過ごしですか。

緊急事態宣言期間中の都下、わたしのところは、引き続き新型コロナウイルス感染予防を心掛け、休みを多めにとりながらも通常業務に努めております。

なにごとも油断してはいけないけれども、

お願いお願いされる一方で、政治家、官僚の方々の動向、国外からの入国状況を知れば、説得力を感じられず、

少しは気分転換しとかないと、これからまだ長丁場になりそうな状況で「我慢我慢」だけでは心が死ぬ、それを防いで生き延びねば、というような防御思想になりつつあります。

Img_2

そんなわけで積極的映画生活。Amazonプライムビデオにチャン・イーモウ監督の「活きる」(1994)が出ていたので見ました。

1940年代から60年代、中国共産党と中国国民党の内戦から、毛沢東指導下での大躍進政策、文化大革命へ続く激動の時代に翻弄されながら、どんなことがあっても生き抜いていく、市井の人びとの悲哀とおかしみを描いてすばらしく、かなしいけれども慰められるのです。

麗しきヒロイン「家珍(チアチェン)」を演じたコン・リーさんがいなければ地味すぎてなりたたないかもしれませんがm(__)m 本来の主役は、賭博で家屋財産すべてを失った地主のボンボン、ダメンズ夫「福貴(フークイ)」を演じた葛優(グォ・ヨウ)さん。なにも演じていない普通の素人の人間を演じるのがおそろしくうまい人です。 

ダメンズ「福貴」が、激動の時代に柳の枝のようにしなり沿い、危険を避けたり禍に激しく打たれたりしながらまたしなり、生き抜いていく、その知恵とあきらめ、弱さと強さ、庶民のしぶとさに、感情移入してつらくなったり慰められたり、

元ダメンズ福貴が、だんだん頼もしく見えてくるのです。

「何が起こるかわからない世の中」。今まで地位の高かった人が一転、批判され人民裁判にかけられ弾劾されたり自殺においやられたりした時代。

変化の時代には、かたくなな人はもろい、柳のような人が案外、強いのかもしれない。

20210427230200_img_0330

なかでも、何度も繰り返し見てしまうシーンがあります。

元ダメンズ福貴にとって、ともに死線を乗り越えた相棒でありながら、出世して、自分の一人息子を車の事故で死なせた許しがたい「春生(チュンション)」と、最期の?言葉を交わす場面です。

…文化大革命の下、資本主義のレッテルを貼られて失脚、妻も自殺し、絶望した「春生」が、ある夜、福貴の家をこっそり訪ねてくる。

そして、「(福貴の息子のことは)今も悔やんでいる。何度、金を送っても断られていたが、今日こそはこの通帳を受け取ってくれ。受け取ってもらえたら思い残すことはない」と、福貴に財産を渡そうとする。

元ダメンズ福貴はハッとして、変わり果てた風貌のかつての相棒「春生」を励ます。

気をしっかり持て

「変な気を起こすなよ」

「とにかく耐えろ」

「自殺するなよ」と。

 

「もう死にたい」と涙する「春生」に、必死に言葉を続ける。

「それでも生きろ。」

「俺たちは死体の山から生還したんだぞ。いいな」

 

つらい気持ちはわかる。それでも何とか我慢しろ。耐えぬけ

 

 

ただ口先で「我慢しろ」と言っているのではないのです。

「福貴」自身が、ダメンズからスタートし、絶望や悲惨な出来事を耐え抜いて我慢して生き抜いてきた人だとわかっているから、見ている者には、その言葉に心が宿って感じられるのです。

20210422_201553

好きな映画や小説、音楽などは、娯楽にとどまらず、折々に励ましをくれますね。

 

先日、アップリンク渋谷で見てきた映画「JUNK HEAD」の世界観にも、「活きる」とはまた違った励ましを得たのですが、それについては機会があれば…。

コロナ禍の影響かご時勢か、アップリンク渋谷は5月で閉館するそうです。

 

…毎度毎度料亭で会食せずにはいられない人々の多くが、「映画見なくても死ぬわけじゃない」「絵なんて見なくたって、寄席や古本屋なんて行かなくってもいいだろう、国民の健康のほうが大事だろう(あるいは、オリンピックが大事だろう)」と思うのかもしれませんけど。そりゃ、命が大事ですよ。

 

「活きる」の主人公は、特技の”影絵人形芝居”で、命をつないでいました。

興行で実際にお金を得たのはもちろんのこと、その技術があったことで戦場で命拾いし、また、影絵芝居に憩う兵士や庶民、様々な人々の様相に触れる体験を重ねることでも、元ダメンズ福貴の心が養われていったのではないか、と、わたしには感じられます。

 

状況変化が油断ならない厳しい生活の中でも、人々は影絵人形芝居を楽しみ生活し、死と隣り合わせの戦場の兵士も、物語世界に慰めを得て、その瞬間生きていた。

文化ではお腹はふくれないけどね。

 

普段から文化に触れていると、土壇場での心の耐久度が違うのではないかと思うことはあります。

結論はありませんの、今日は徒然なるままに。

 

 


よろしかったら1クリック☆ありがとう!

Twitterを日々更新中⇒☆彡  こっちは短いです

゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
手相の見方教えます
東京 横浜 東横線 自由が丘駅から5分

自由が丘 手相運命学教室・仙習院
手相と算命学が得意な仙乙恵美花のHP

自由が丘「手相鑑定講座」9か月・6か月コース 日曜昼/月曜昼/火曜昼・夜/木曜昼
よみうりカルチャー横浜「手相を読み解く」第2・4月曜・19時~20時半
よみうりカルチャー恵比寿「手相学入門」第1・3・5金曜・13時~14時半 
朝日カルチャーセンター千葉「手相を読む」第3水曜・15時半~17時 4月新規開講!

゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜

« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

占いのおはなし(過去記事)