フォト

Twitter

おすすめリンク

おすすめリンク2

無料ブログはココログ

« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

2022年1月

2022年1月31日 (月)

かわゆくしぶとくしたたかに

はや一月も最終日。お元気ですか。

当教室、鑑定所では、引き続きウイルス感染防止対策に努め、通常通りの業務をおこなっております。のんびりめに。

のんびりめにしていると、手相とお話をじっくり照らし合わせることができてよいですね。そうして、ますます知能線(頭脳線)ばかり見てしまう。

地味目な存在の知能線が大好き、伸びていく方向や濃さや枝線の有無、左右の長さや形状の違いを見るのが大好き。「なに考えてるの~」、その人の「考え方」≒「性格」を表す知能線こそが、人生の在り方を大きく左右していくように感じられて。

「考え方次第で天国にも地獄にも行ける」という言葉が好きなわたくしです。

20220130_135259

それはそれとして、上の写真の草津温泉ガラスのおちょこに入っているのは、観葉植物サンスベリア(サンセベリア)の新芽? 

植物の形を整えるために時々、葉を切り取るのですが、そのまま捨てるにしのびなく、ワインの空き瓶などにさしてしばらくめでています。

他の植物はだんだん枯れて黄色くなったり縮んだりして、その様子も趣があり楽しんでいるのですけど、

このサンスベリアさんは、まっこと丈夫なお方で、めったに枯れない(写真下)。何週間も何週間も、「生きてるかーい」と呼びかけたくなるほど不動。枯れてないのだから生きてるわけですけど。

20220130_135132

そろそろ片づけるか、と、(人間の勝手な心変わりの一例)、瓶から葉っぱを抜いてみたところ、バチっと容赦なく断ち切ったはずの葉のすそに新芽?が出て、かわゆい根が生えてきていたのです。水の中で腐らないの?

しぶとさにびっくり、ちょっと感動しました。 

ただ生きる、あなたを見習いたいよ。

 

どこにでも先生はいるものですね。

 

Img_94yl4g_20220116193301

今週3日は節分、4日は立春。東洋の暦では新しい年が始まる週です。

希望は与えられるものではなく見つけるもの、そして危険からは逃げるもの、しぶとくしたたかに、

気持ちを切り替えていきましょう。

 

 


よろしかったら1クリック☆ありがとう!

Twitterを毎日更新中⇒☆彡  こっちは短いです

゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

個人鑑定のご依頼はこちらから

手相の見方教えます
東京 横浜 東横線 自由が丘駅から5分

自由が丘 手相運命学教室・仙習院
手相と算命学が得意な仙乙恵美花のHP

自由が丘「手相鑑定講座」定期コース 日・月・火曜/随時受講 個人レッスン
よみうりカルチャー横浜「手相を読み解く」第2・4月曜・19時~20時半
よみうりカルチャー恵比寿「手相学入門」第1・3・5金曜・13時~14時半 
朝日カルチャーセンター千葉「手相を読む」第3水曜・15時半~17時

゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜

2022年1月16日 (日)

自立を促す知ることの不思議な喜び

20220103_185123

昨晩は深夜の津波警報に驚きました。

それからトンガで昼間、火山噴火のあったことを初めて知ったのですがこわかった。危機意識より眠気が勝るような自分もこわかったのですが。早々目覚めて国内被害のほぼないことにホッとしつつも、かの国の通信網が寸断され状況が伝わってこないことを知り不安、被害最小限であることを祈るばかりです。

 

わたしたちが生きているように、地球は生きていて、

いろんなことあるなモー、死ぬまで生き残ろうね。

東大前で受験生を含む3人が高校2年生に刺された事件について、TBSの番組でビートたけしさんが

「(最近、事件を起こせば死刑になるとか人を道連れにするとか?)人に死ぬことまで頼むのはどういうことだと思う。最後の責任は取れよ」といった発言をされていて、大きく頷いていましたわたくし。

20220113_171238

人を道連れにする人はさみしいんだよね。全く肯定しておりませんが、占いブログらしく書いてみると、

さみしい心は、算命学の星で言うと「調舒星」(陰の火性)。

調舒星とはセンスがよくて細かいところによく気づき一つのことを完璧をめざして深めていく気質を持っています。専門家向き。その反面、悪く出ると、潔癖すぎて感情的になったりひきこもったり理解してくれない相手を恨む心が出ることもあります。

この星のよい面を積極的に稼働させると、次に続く星の性質もよい面が出やすくストレス少なく過ごしやすい(星の陽転)。その反対で、星のよい面を出せないと、次の星も悪い面がでやすくトラブルにつながりやすい(星の陰転)という仕組みがあります。

この考え方がシンプルで色々なことをとらえやすくて、わたしは大好き。

 

木性火性土性金性水性⇒(もっかどごんすい)という順番で、それぞれの「五行」は循環します。水性はまた木性へつながります。

陰転のプロセスを、木性から順に書いてみます。 

☆自己確立(陽の木性「貫索星」)ができていないと、感性鋭い気質(陰の火性「調舒星」)が荒ぶり自分のことをうまく伝えられない(調舒星の陰転)

☆自己表現できないと、魅力や信用(陽の土性「禄存星」)が形成されず世の中から軽んじられていると感じて自意識が満たされない(禄存星の陰転)

☆世の中に認められない不名誉が、プライド(陰の金性「牽牛星」)を傷つけ不満が生まれる(牽牛星の陰転)

☆プライドが傷ついたままだと、破天荒な行動(陽の水性「龍高星」)、極端な場合は猟奇的な犯罪につながることもある(龍高星の陰転)

☆そんな犯罪をしようものなら、仲間やチームを作ること(陰の木性「石門星」)もできない(石門星の陰転)

☆仲間ができないと不安定でたのしく過ごすこと(陽の火性「鳳閣星」)もできない(鳳閣星の陰転)

☆自然体でバランスのとれた生活ができなければ、貯蓄したり家族を持って堅実な生活(陰の土性「司禄星」)もできない(司禄星の陰転)

☆資金や準備がきちんとできていなければ、目的を目指して前進(陽の金性「車騎星」)ができないでカッカする(車騎星の陰転)

☆感情的で前進行動できないと、生活の知恵(陰の水性「玉堂星」)も働かず失敗しやすく(玉堂星の陰転)

☆結局、自己確立できない無責任人間のまま(貫索星の陰転)。つづく

 

人生双六みたいじゃないですか('_')?

このような考え方を算命学の学校で教わったとき、おもしろく感じて何かがストンと腑に落ちて気持ちよかったことを思い出します。

本来、学びとは、知ることととは、気持ちのいいことのはずなのです。

 

ということで、算命学に興味とお時間ある方は、上の例を、逆に、一つ一つの星のよい面を意識的に稼働させることで”陽転”したらどうなるかを想像してみてください~(^.^)

どこから始めてもよいのですが、

例えば、学びの「玉堂星」から初めてみましょうか。自分が好きなことや身につけてみたいなぁ~と感じることを学びます。学びは、五行で言うと、陰の水性「玉堂星」ですから、それに続くのは、陽の木性「貫索星」になります。陰⇒陽⇒陰⇒陽と続くのがスムーズな連結。

玉堂星を一生懸命燃焼させて、何でもいいから少しずつ技術や知識を覚えたり、前は知らなかったことを知って理解できる喜びを得たりすると星が陽転。そうすると、独立心が身につく。任せられれば一人でやれるし、同じような意志ある人となら協力しても行えるということになると貫索星が陽転します。続けてみませんか?

 

幼少時から学校、勉強嫌いで、当時そこそこ難しかった大学に受かって上京するためにガリ勉したわたくし、受験勉強が苦痛でしかなくその反動で大学時代もたいして勉強しておりませんので偉そうなことを言えないのですが、(一人で本を読むのだけはずっと好きでしたが)

本来、学びは快楽だと思うのです。今は実地勉強を含む手相・運命学も語学学習も気持ちいい。

 

20211224_123250

そういうことを書かれた本がありました。

哲学者、詩人、エッセイスト、登山家、絵も描かれた串田孫一さん作品集「緑の色鉛筆」(平凡社)の中の「知ることについて」という文章です。

小学生に虫や植物の名前を聞かれ答えると大変満足そうな顔になったことが書かれ、こう続きます。

「これだけのことを知っていないと笑われるとか、現代人としての常識に缺(か)けているといわれそうな、ただそのために知るのであれば、外部からの強制的な力によって知ることを努力しているに過ぎません。そういう人は自分はどうでもよいのです。笑われる、馬鹿にされるという理由だけで動いているのです。それでも全くの無関心な状態に比べればいいでしょうけれども、しかしそうして知識を得る時には喜びはなくてむしろ苦しみがあるばかりだと思います。」

20220108_193651

 

最後に私事ですが、どこかで落としてしまった猫の懐中時計が、新宿三丁目の駅に届けられて無事戻ったということが先日ありました。感激しました。いっぱいのありがとうの心が空気に伝わって届きますように。

こんなにも悪いことばかり続いていると数え続けると不思議と増えていきますから、それでもこんな面白いこともあったと数えあげて星を陽転、ダークサイドに負けないようにすることも大事。え、まじめに書いておりますよ。

ともかくは、安心して眠ることのできる夜を長く過ごせますように、わたしもあなたも、知っている人も知らない人も遠くの人たちも。おつかれさま!

 


よろしかったら1クリック☆ありがとう!

Twitterを毎日更新中⇒☆彡  こっちは短いです

゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

個人鑑定のご依頼はこちらから

手相の見方教えます
東京 横浜 東横線 自由が丘駅から5分

自由が丘 手相運命学教室・仙習院
手相と算命学が得意な仙乙恵美花のHP

自由が丘「手相鑑定講座」定期コース 日・月・火曜/随時受講 個人レッスン
よみうりカルチャー横浜「手相を読み解く」第2・4月曜・19時~20時半
よみうりカルチャー恵比寿「手相学入門」第1・3・5金曜・13時~14時半 
朝日カルチャーセンター千葉「手相を読む」第3水曜・15時半~17時

゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜

2022年1月 1日 (土)

視野を広げる一年に。2022壬寅年に寄せて

20211228_232059

新年あけましておめでとうございます。

ご縁のある皆さま方のご健康と充実した日々をお祈り申し上げます。

 

毎年、元旦には年賀状をとりに自由が丘のオフィスまで歩いてくるのですが、

街が静かで、静かな音楽を流して、免疫力を上げるというエルダーフラワーのお茶を静かに飲んで、自宅よりくつろげる~ 別宅を持つ人の気持ちがわかるような…ちがう!年明け早々言っていいことと悪いことがある、はい今年も言動になるべく気をつけてたのしくがんばろうと思います。

人けの少ない自由が丘の街を見物しながら散歩するのが好きです、今度このお店に入ってみようかなとウインドウを覗きながら。空気も澄んでいて。近くの熊野神社は参拝の列ができているので、たいてい3日以降に初詣。カミサマは呆れつつご承知のことかと。

 

お正月に見るテレビはマジックや駅伝。

両方とも、知恵と、それまでに至る鍛錬、本番の集中力や制御力への驚きがあり、魅せられます。

なにかと不安の尽きない世相ですけど、不安がって一生終えてもつまらないでしょう。災いを最小限に抑えるために知恵と本能を働かせて、隙を狙って?楽しむところはせっせと楽しむ、今年もそういう一年にしていきたい。

20220101_172410

2022年は、年を60種類に分けた東洋運命学の分類では「壬寅(みずのえ・とら)」年にあたります。

(みずのえ・じんすい)」は、海や大河、大きな湖を象徴します。大量の水をたたえて、ゆらぎ、風や大地の動きによってほうぼうへ流れて、流れることによって水面は美しく保たれる。水底に暗いよどみがあろうとも。

壬は、波のように、たえず動き、大きく変化するもの。

また「壬」は、命を生み出す水でもあります。"妊娠"のように孕むことにも通じますから、この大波は、夢も膨らませるし不安も膨らませます。

でも、もともと、夢というのは不安がつきものでしょう?

変化をおそれすぎずに、おおらかに行動することで運気の波乗りのコツをつかんで、不安の制御力を身につけます。視野を広げましょう。

いつでも楽しいことやうれしいこと、安心できることばかりあるということはない。

いつも安心できていたら、そもそも「安心」という概念はうまれていない、と、陰陽説先生もおっしゃることでしょう。

 

一方、「(とら)」は、五行説で言うと「木性」にあたり、守っていこうとする現実意識が強い。また、「演じる」ことにも通じます。

ある程度、柔軟であることが、大切なことや命を守ることに通じます。かたくなすぎる、いわゆる"正義中毒"者は実は何をも守っていないのです。

変化の波に応じて守る2022年です。

環境変化や内面の揺らぎを、すべて体験学習ととらえて、波を乗り越えましょう。

そうして"波乗り物語"の共演者を大切に。しんどいときは、大きな船(安定した環境やおおらかな人たち)に乗せてもらいましょう。もしも、不快な物語のただなかにいるなら、共演者をとりかえるのもいいですね、成人を過ぎたら、"波乗り物語"の監督は誰でもないあなたなので。距離を置くことからはじめて。

 

年女・年男である寅年生まれと、午年生まれ、戌年生まれ、亥年生まれの人にとっては、出逢いが多く新しくスタートすることが発展しやすい一年です。

ただし、寅卯天中殺グループの人たちは、極端な行動は控えて、何か技能を身につけたり身近な人やお世話になっている人との時間を大切にしたり、今後に向けて準備の年にしたほうが過ごしやすいでしょう。ストレス解消に適度な運動もおすすめです。

 

なお、東洋運命学の世界では、2月4日の「立春」が正式な寅年のはじまりですから、

それまではまだ準備期間、助走期間だととらえるのもいいかもしれません。ホント寒いですしね、あたたかくして体調を整えて、新しい年への計画を膨らませていきましょう。

元旦と言っても、昨日と今日の暦が変わっただけ、いつものように日付が変わっただけなのに正月正月と特別扱いするのはナンデ? ナンデって、昔の人の知恵でしょう(^.^)

そうやって区切りをつけて折り合いをつけて見えないものに怖れを抱き感謝をささげて、わたしたちの祖先も生き延びてきた。

20211224_144201

色々あっても、なんとか一年おさまってわたしは新しい年を迎えられたしずかな喜びでいっぱいです。

今年も実占を通して、また生徒さん方からも刺激を受けて学びを深めようと思います。

大好きな「手相」についてなかなかブログに書けませんが、その人の気質がそのまま手に反映されていることの不思議にいつまでも魅せられています。

手相は、「いつお金が手に入るのか?」といった質問にパキっと答えがでるかはわからないけれど、その人がどのように生きてきたか、今どのような状態か、人に対してどうふるまうか、ずるいのか辛抱強いのか責任感があるか社会的立場が大事かどうでもいいのか惹きつける魅力があるか、独力か傷つきやすいのか体が丈夫か無理しやすいのか、金銭感覚はどうか現実に向き合う姿勢になっているか、そういうことはそのまま表れます。そして変化します。出会いや行動の変化とともに。びっくりする。

昔の人もびっくりして手相を研究したことでしょう。わたしは驚くのが好き、心ぬくもる驚きに限りますが。

学んでいればそうそう行き詰まらない。

先人の言葉や専門知識を持った人からはもちろん、勇気を思い出させてくれるアニメからも格闘技からも(少なくともわたくしは('_')学べるし、"推し"への愛に目を輝かせる人たちが放射している歓びの光にも学べます。思い通りにならない中でも工夫する人からも、あなたは時には見えないところで泣いているかもしれないけれど…元気を出してくださいね、

学ばせてくれる人がわたしは好き。今年も細い目を見開いてたくさんの人から学ぼうと思います。

本年もよろしくおつきあいのほどお願いします。

 

 


よろしかったら1クリック☆ありがとう!

Twitterを毎日更新中⇒☆彡  こっちは短いです

゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

個人鑑定のご依頼はこちらから

手相の見方教えます
東京 横浜 東横線 自由が丘駅から5分

自由が丘 手相運命学教室・仙習院
手相と算命学が得意な仙乙恵美花のHP

自由が丘「手相鑑定講座」定期コース 日・月・火曜/随時受講 個人レッスン
よみうりカルチャー横浜「手相を読み解く」第2・4月曜・19時~20時半
よみうりカルチャー恵比寿「手相学入門」第1・3・5金曜・13時~14時半 
朝日カルチャーセンター千葉「手相を読む」第3水曜・15時半~17時

゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜

« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

占いのおはなし(過去記事)