フォト

Twitter

おすすめリンク

おすすめリンク2

無料ブログはココログ

« 「手相の完全独習」再版御礼と、記録を超える記憶 | トップページ | 道筋を整える、2023 癸卯年に向けて »

2022年11月25日 (金)

かっこよく生きるとかっこいい、自制と自尊心の牽牛星

20221124_211206

クリスマスムード漂う頃、鏡餅まで売り場に並ぶ頃、お元気ですか。サッカー日本代表W杯初戦、強豪相手にすごかったですね。

テレビをつけたらやってたから、くらいのノリで見始めたのですが、気づけば拍手喝采しておりました。

プライドが高く(期待された自分という存在のために)「地位・役職を与えられると業績をおさめる」という役人星「牽牛星」の人なんですね、森保 一監督は、算命学でみると。

岸田首相も「牽牛星」なんだけどな(小声)

 

1968年8月23日(戊申年・庚申月・乙丑日)生まれ、戌亥天中殺グループ。54歳。

攻撃前進本能の強い「金性」が多い方。目的を果たそうと頑張ります。

算命学の「陽占」を見ると、本質を表す中央の星が集団の目的のため進む「牽牛星」。

社会面を表す東の星も「牽牛星」で、礼儀正しく品がよい。スーツをビシッと着こなして指揮をとるスタイルはぴったり。部下との関係や精神的満足を表す南の星も「牽牛星」で、自分と似た自尊心の強い部下を育てる。南に「牽牛星」を持つ人は、世話好きなところがあり「いい人」と言われるタイプが多いです。

いい人なだけでは勝てませんよね。「牽牛星」はすましていますが地位・名誉が大切な星。

その「牽牛星」が3つもあるので、自尊心のたいへん強い方なのですが、3つ揃った不思議変化によって、「牽牛星」のスマート感は薄れてちょびっと野暮ったくなりm(__)m 庶民的、ワイルドな前進性が強まります。そして任務を果たすために力を尽くす。

また、生まれ日の干支(かんし)「乙丑(きのと・うし)」は、菅元首相と同じ。どちらかというと一歩引いたところで名参謀的な才を発揮しやすいタイプ。そこへ、落ち着きのないm(__)mアクティブで頭の回転の速い「天報星」が2つ足されたことで、先日の名采配につながったのでしょうか。

 

体裁が大事で危険だと逃げる「牽牛星」のスマートすぎる部分が出ませんように、「乙丑」(天堂星)のあきらめの早さが出ませんように、雑草のような「(きのと・おつぼく)」さんのしぶとさで、次なる采配を楽しみにしています。もちろん、星云々以前にチーム全員のこれまでの努力の積み重ねとファイトあってこそですけど。

 

20221124_192359

ところで森保監督は、(現実社会に影響する)エネルギー値はさほど高くないのです。

エネルギー値の高い人は、ヒト・モノ・カネの現実社会を生きぬく力が強く、エネルギー値が低めの人は、無形の世界(知識・技術・感性)で才能を評価され活躍しやすいのです。研究者やアスリート、作家にはエネルギー値の低い人が珍しくありません。

エネルギー値の低さが、チームプレーの一選手として、チームを"まとめる"監督としてプラスに働いてきているのでしょう。エネルギー値が高いと存在感は強まりますが、我が強くワンマン、どちらかというと単独行動の強さによさが出ますから。

ただ、昨今次々と出ている政府役職者の不祥事を見ていますと、

エネルギー値が低いゆえに、責任感がないんじゃないの?と思える方々が少なくなく。どうして政治家になられたんでしょうかね。 

 

「法務大臣は死刑のはんこを押す地味な役職」発言により更迭された葉梨康弘元法相。

驚くような発言!そういう人は絶対何か持っていると思い、星を見ましたら案の定「宿命二中殺」の人でした。

天中殺の年、天中殺の月に生まれた人のことで、型破り度の半端ないユニークな人であることを何度かこのブログにも書いております。

常識外れな感覚・発想をいかして、棋士やタレント、アスリートなど専門分野で活躍する人が多い一方で、上下関係やルールの厳しい分野では批判の対象になりやすく、「宿命二中殺」議員方々はこれまでも様々に世間をビックリさせてきました。向いていないのだろうと思われます。では何になればよかったのか・・・

 

20221117_205344

写真は、久々に自由が丘教室でおこなった手相鑑定練習会の様子(楽しかった!)と、目黒の雅叙園東京にある百段階段。チケットをいただき水墨画の企画展を見てきたのです(楽しかった!)

聞いたところによると、東京国立博物館の国宝展は、チケットがとれないとか?

みんなそんなにまで国宝が見たいの~~ わたしもちょっと見たいですけど(^.^)

今年も、色々な出来事があり、ありすぎて、深く感じなくなってしまうような危機感やよどみもあり、どうすれば?なんて考えているうちに、また時が過ぎていくのですが、

まぁね、よく眠って、また起きればいいね。動いていって見て聞いて試して(楽しかった!ビックリした!)感じて… 体験こそが自分を助けてくれる一番の先生ですから。元気でいましょうね。

 

20221117_200700

 


よろしかったら1クリック☆ありがとう!

Twitterを毎日更新中⇒☆彡  こっちは短いです

゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

個人鑑定のご依頼はこちらから

手相の見方教えます
東京 横浜 東横線 自由が丘駅から5分

自由が丘 手相運命学教室・仙習院
手相と算命学が得意な仙乙恵美花のHP

自由が丘「手相鑑定講座」日・月・火曜定期コース/随時受講 個人レッスン
よみうりカルチャー横浜「手相を読み解く」第2・4月曜・19時
よみうりカルチャー恵比寿「手相学入門」第1・3・5金曜・13時 
朝日カルチャーセンター千葉「手相を読む」第3水曜・15時半

゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜

« 「手相の完全独習」再版御礼と、記録を超える記憶 | トップページ | 道筋を整える、2023 癸卯年に向けて »

うらないごと 算命学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「手相の完全独習」再版御礼と、記録を超える記憶 | トップページ | 道筋を整える、2023 癸卯年に向けて »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

占いのおはなし(過去記事)